Hosimure

フリーのシナリオライターとして活動しています

Entries

Kissシリーズ・甘々7(1)

 お正月が過ぎれば、世の中は次のイベントの準備を始める。
 2月は特に、女の子にとっては重要なイベントがある。
「お~。バレンタインのディスプレイって、本当に可愛くてキレイだな」
 わたしはデパートの一角に作られた、バレンタイン用の売り場を見て心が踊った。
 カラフルな色や、可愛い物、綺麗な飾りがいっぱいで、女の子が大好きな物に溢れている。
「おっ、本当だ。なあ、くれるよな?」
 不安げな声でわたしに声をかけるのは、一ヶ月前まではただの幼馴染、今では恋人の彼だ。
「良いけど…。どんなチョコが食べたい?」
「それはお前に任せるよ」
「じゃあ既製品で、バレンタインを一日過ぎて半値売りにされているのでも?」
「…手作りの物にしてくれ」
「面倒だけど、了解」
 後ろから盛大なため息が聞こえる。
 …だから『恋人』になるなんて、止めようって言ったのに。

 思い返すこと一ヶ月前。
 まだクリスマスも前の話だ。
 わたしと彼は幼稚園からの付き合いで、小学・中学・高校と同じ学校に通った。
 そして高校二年の現在は同じクラスメートでもある。
 ずっと一緒だったせいか、わたしは彼のことを特別な男性とは思えない。
 なのに『恋人』になった理由は、彼の告白にあった。
 あの日、わたしの家で期末テストの勉強をしていた時、突然言われた。
「なあ、俺と恋人にならないか?」
 彼は最近の男子高校生にしては珍しく、真面目で純粋なタイプだった。
 だからこんなこと、ウソや冗談で言う人ではないと、分かってはいたんだけど…。
「…アンタ、熱でもあんの?」
 ついそう言ってしまう。
「いや、ないが…。本気で真面目に言っているんだ。その…考えてみてくれないか?」
 メガネをかけなおしながら言う彼を見て、わたしも流石に真面目に考える。
「…でも止めておいた方が良いんじゃない?」
「なっ何でだ?」
「だってわたし、冷めた性格しているから、恋人になったって甘い関係にはならないと思う。それこそ今のような関係のまま、続いていくだけなら、恋人になるだけムダじゃない?」
 思ったことを容赦なく言うと、彼が深く傷付く音が聞こえた。
 けれど何一つ、嘘は言っていない。
 関係名を変えたところで、中身が変わらないのならば、わざわざ変えることもないと思う。
「でっでも俺は別に、お前に変わってもらおうなんて思っていない。そのままのお前が良いんだから!」
「…あっ、そう」
 こんな女を良いと思うなんて、彼の女性趣味は悪い。
「だからその、イヤじゃなかったら…恋人になってほしいんだ」
「むう…」
 わたしは腕を組み、考える。
 確かに彼とは長い付き合いがあるせいか、一緒にいて苦にはならない。
 まあ心トキメクことがないと言えば、やっぱり親愛程度なのかもしれないけど…。
 …ここは一つ、確かめてみる必要があるな。
 そう思ったわたしは移動し、彼の正面に座った。
「なっ何だ?」
 そして彼のメガネを外して、薄く開いた唇にキスをした。
「っ!? んなっ!」
 彼の目が白黒するのを見て、わたしは首を傾げた。
「ん~まあキスもイヤじゃないし、とりあえず良いよ。恋人になる」
「どっどういう確認の仕方だっ!」
 真っ赤な顔で怒鳴りながらも、彼は抱き着いてくる。
 彼の背に手を回しながら、やっぱりイヤだと感じなかったことに気付いた。
 だから思う。
 彼以外の男とキスしたり、抱き締めあったりするのを考えただけで、鳥肌が立つ。
 けれど彼とは平気。
 だから彼のことを、少なくとも好意は持っている。
 …でもそれが愛情なのかと問われれば、首が曲がるのだから、しょーもない。

「じゃあ材料を買って行くかな」
「…俺に内緒で作るとか、してくれないのか?」
「面倒だ。せっかく来ているんだし、ここで買っていこう」
 呆れて脱力している彼の腕を引っ張りながら、わたしは売り場に入った。
 呆れた彼の表情を見るのは、ここ最近ずっとだ。
 …何だか恋人になる前の方が、笑顔を見ていた気がする。
 彼は変わることを望んではいないと言っていたけれど、まさか全く変わらないとは思っていなかったんだろうな。
 相変わらずわたしは冷めていて、彼に夢中ってことはない。
 好きなんだけど…何だかなあ。
 普通、恋人ができた女の子は、もうちょっとはしゃいだり、可愛くなったりするもんじゃなかったっけ?
 と思ってしまうほど、変わらない。
 そのうち、彼の方から元サヤに戻ろう、と言い出すだろう。
 そしたらわたしはきっと、冷静に受け入れるだろう。
 だってそういうのが、わたし、なのだから…。
 変わりようがないのだ。

Kissシリーズ・甘々6

 アタシはつねづね思うことがある。
 もしかして彼氏にこの人を選んだのは、間違いだったのかもしれない―と。
 その理由は…。
「ねぇねぇ、もうすぐクリスマスよね? イルミネーション綺麗な場所に行かない?」
 とアタシが言うと、彼氏はニッコリ笑顔でこう言う。
「行かない」
「ええっ!?」
 驚きと悲しみのあまり涙ぐむと、彼氏はいきなりプッとふき出す。
「ウソウソ。行くって」
「ほっホント…?」
「ウソ」
「どっちなのっ!」
「アハハ」
 …どうやら彼氏はドの付くSだった。
 ……いや、それは何となく気付いてはいた。
 高校入学時から何となく彼とは気が合って、一緒にいることが多かった。
 二年生になって、アタシの方から告白した。
 それはまあ、やっぱり恋人になりたから。
 そして少しでも、彼に優しくしてほしかったのに。
 今でも彼は変わらず、イジワルだった。
 彼は結構イジワルなところがあった。
 アタシの言うことをイチイチ否定して、でも次の瞬間には言う通りにしてくれる。
 後はちょっとでも隙を見せると、髪の毛を引っ張ったり、頬をつねったりしてくる。
 友達や周りの人達は、それはスキンシップなのだと言う。
 そして彼がドSだからと、どこか遠い目をして言った。
「…ねぇ、そのイジワル、いつになったら止めてくれる?」
 とアタシが真面目に聞いても、
「お前が面白いから、止めない」
 …と言う満面の笑顔の返答は、恋人としておかしいと、アタシは思う。
「むぅ~」
「そんな拗ねた顔してもダメ。それにお前、イジワルな俺が好きなんだろう?」
「うっ…」
 それを言われるとアレだけど…。
 彼にかまってもらえるのは嬉しいし、彼の喜ぶ顔は見ていて心がときめいてしまうんだけど……。
「あっあんまりヒドイこと、しないでよぉ」
「そんなにヒドイことはしてないだろう? 傷付けたことはないし」
「アタシの心は傷ついているの!」
「へぇ。そうなんだ」
 …綺麗な顔でニコニコ笑っているところを見ると、完全にアタシの意見はスルーされているな。
「なあ、こっち来いよ」
「イヤよ!」
 怒っているアタシがそっぽを向くと、近くに来る気配が…。
「…俺の言うことに逆らうなんて、良い度胸だな」
 そして背筋がゾッとするほどの低い声が間近で聞こえた。
 背後から彼の手が伸びてきて…。
「ふぎゃっ!?」
 アタシの左右の頬を、むぎゅ~っとつねってきた。
「アハハっ! 面白い顔と声!」
 引き伸ばされた顔を見て、彼は大笑い。
 これ以上ないぐらいの輝かしい笑顔を浮かべながら、更にむぎゅむぎゅと頬をつねってくる。
「…もうっ! 止めてってば!」
 アタシは耐え切れなくなって、彼の手から離れた。
「こういう痛いイジワルはイヤなの! 止めてくれないなら…」
「止めないなら、何?」
「うっ…」
 いきなり真面目な顔で、真っ直ぐに見つめないでほしい。
 おっ怒らせたかな?
「もしかして…別れるとか言い出さないよな?」
「そっそれは……」
 真剣な彼に戸惑っていると、今度は静かに頬を両手で包まれる。
 そしてそのまま引き寄せられて…。
「んっ…」
 キス、される。
 ただ触れるだけのキスなのに、甘くて身も心もとろけてしまう。
 さっきまでイジワルされることに怒っていた気持ちも、どこか遠くに行ってしまった。
 …いつもこう。
 アタシが怒ると、こうやって真剣なキスをしてくる。
 そうするとアタシが大人しくなるから…。
 触れていた唇が離れると、またいつものように、額と額が触れる。
「俺と別れられる?」
「うううっ…」
 自信たっぷりに問われると、口ごもって何も言えなくなってしまう。
 ―コレもいつものパターンだった。
 彼にはすっかり主導権を握られてしまっている。
「まっ、そもそもお前の方から告白してきたんだし、そんなことは有り得ないよな?」
「こっ告白してきたのはアタシの方だけど…。キミって本当にアタシのこと、好きなの?」
「好きだよ。お前の困っている顔が、一番好きだけど」
 だからイジワルされるのかっ!
「ああ、泣き顔も可愛い。だから困らせたくなるんだよな」
 そんな楽しそうに語らなくても…。
「ふっ普通、恋人なら笑顔とか、喜ぶ顔が見たいとか思わない?」
「確かにそういう表情も好きだな。お前も俺のそういう顔、好きだろう?」
「うっうん…」
「なら、さ」
 ニッコリ悪魔の微笑みを浮かべ、彼は再びアタシの頬をつねり出す。
「うみゅっ!」
「俺の物でいなよ」
「あっあらひはおもひゃひゃなひっ! (アタシはおもちゃじゃないっ!)」
「おもちゃ、だよ。俺だけの、ね?」
 パッと手を離すと、今度は抱き締めてくる。
 そしてまたキスをしてくるんだから…アメとムチを使い分けるのが上手い人。
 …でもこういう扱いも、アタシにだけしてくれるのなら…と思う時点で、彼から離れられない。
 アタシは彼の体に抱き着いた。
 決して離れないように―と。

<終わり>

【柘榴】・7

 キシは被害者の調査書を手に取った。
「…共通点と言えば、全員がベジタリアンであったことと、若いこと…でしょうか」
「ベジタリアンって言うか…お肉が食べられないって人もいたみたい」
 キシの背後に回り、アタシは被害者の写真を指差した。
「この女性はアレルギーでお肉全般が食べられなかったって。他のはまあ好みもあるんだろうけど、ほとんど肉が食べられなくて、野菜が主食だったって」
「まあ動物もそうですが、雑食よりはベジタリアンの肉の方が美味しいと評判ですからね」
 キシは含み笑いで、アタシを見上げた。
「…何が言いたい?」
「いえ、別に。それにしても…六歳の男の子まで、ですか。少し胸が痛みますね」
「ああ…」
 六歳の肉アレルギーの少年までも、犠牲者だ。
 他の人も十代や、年上でも二十代前半だ。
「…肉料理で美味しいと言われているのが、ベジタリアンで若いものが良いと言われていますが…。まさにそれをなぞっていますね」
 アタシは思わず、キシを後ろから抱き締めた。
 キシは何も言わず、資料から目を離さずに、アタシの腕をさすってくれた。
「アナタを誘き出すにしても、筋を通し過ぎですね。気に入らないやり方です」
「アタシの正体が…バレてるの?」
「もしくは最初から知っているか、ですね。しかも事件はくしくもアナタとボクが付き合いだした後から始まっています」
 そう言ってキシは資料を握り締めた。
「アナタへの招待と、ボクへの挑発ってところでしょうか?」
「アンタも犯人の視野に入っていると?」
「この料理を見れば、そう思いますよ。全部、ボクがヒミカに作ろうと思っていたものばかりですから」
 キシは少しイラ立っているようだった。
「いいじゃないですか。受けて立ちましょうよ。犯人の挑戦に」
「キシ…」
「犯人のアナタへの気持ちもムカツキますし、ボクへの挑発も腹が立ちます。二度と立ち上がれないよう、叩きのめさなければ」
 …アタシはもしかして、相談する相手を間違えた?
 しかしキシはそんなアタシの思いをよそに、一人燃えていた。
「さて…では行きますか。ボクらの学校に」


専門学校

「…徹夜で登校はキッツイわね」
「頑張ってくださいよ。犯人を早く逮捕したいでしょう?」
 それを言われると…。
 眠い目を擦りながら、アタシとキシは学校へ来た。
 街中にある7階建ての建物が、アタシ達の学校だった。
 どの階からも、美味しそうな匂いがする。
 朝食はここに来る前に、キシが作ってくれた。
 キシの得意な洋食料理、とても美味しかった。
「とりあえず、職員室から回りますか。ボクに料理教室を教えた先生を教えますから」
「何人ぐらいいるの?」
「5人ですよ。肉料理に詳しい人を尋ねましたから」
 …何だかイヤな尋ね方だ。
 職員室は3階にある。
 まるごとフロア全てが職員室。それに事務室も含まれている。
「まずはボクに肉料理を教えてくれるカミナ先生」
「カミナ先生ならアタシも知ってるわ。和食の方でも肉料理を教えてくれる先生だもん」
「ええ。女性ならではの繊細さと、彼女のアイディアから生み出される数々の肉料理はとても評判が良いですからね。今も有名所から声がかかっているぐらいですから」
 まだ30代になったばかりのカミナ先生は、明るくてハキハキしている。
 決して怒鳴ったりせず、ちゃんと生徒のペースで進んでくれる良い先生だ。
 お姉さんタイプで、アタシも懐いているけど…。
「アラ、二人とも。おはよう!」
「っ!?」

【柘榴】・6

 ぎりっと歯噛みした。
「それにしても…」
 赤ペンを置き、キシは真面目な顔になった。
「ボク以外の人間が、あなたの料理を用意するなんて許せませんね!」
 …スルーすることにしよう。
「でも目的は? あたしの血族のことを知ってか、あるいは的外れか」
「う~ん。…でもヒミカの血族の方、そうそう派手には動きませんよね? 恨みをかうこともないのでは?」
「フツーなら、ね。ただウチの血族に敵対している一族も存在する。でもそいつ等とも考えにくいのよね」
 お互い、秘密な存在だ。
 そうそう目立った行動はしない。…というか、できないハズだ。


学校で

「う~ん。それにしても、随分と凝った料理を作っていますね、犯人は」
「うん?」
 キシは料理の作品を見ながら、顔をしかめた。
「いえね。ボクもヒミカの為にいろいろと肉料理を学びましたが…。この料理のどれも、ボクが作ろうと思っていたものばかりなので」
 アタシは横から写真を見た。
 確かに。立派な料理だ。
「そうねぇ…。でも作られた料理、国籍バラバラね」
 それこそイタリアンとか日本料理とかいろいろと。
「そうですね。それこそボクが考えていたメニューがそのまま出されているようなカンジです」
「…本当に犯人はアンタじゃないのよね?」
「だからボクでしたら、自分の手で作って、自分でアナタを招待して、食べてもらいますって」
 …納得。
「でもこれだけの料理の腕を持っている人なんて、それこそ限られますね」
「個人で作れなくもないんじゃないの?」
「食べてみないことには何とも言えませんが…。料理の材料やスパイスなどは、専門家しか手に入れられないものもありますからね」
 料理の写真をパラパラとめくりながら、キシは険しい顔をする。
「…どの料理もこだわろうと思うなら、それこそ専門家並みの知識と人脈、ネットワークがないと手に入れられないものばかりなのが気になりますね」
「……考えたくはないけど、ウチの学校関係者とか? 料理にこだわり過ぎて、猟奇殺人に?」
「ありえなくはないですね。と言うか、かなり良い線いっていると思いますよ?」
 キシはテーブルに資料を置いて、アタシに向き直った。珍しく、真剣な表情で。
「ボクが通った料理教室で学んだ料理が、この殺人事件にもよく出ています。ちなみにボクが通っている料理教室は、ウチの学校紹介です」
「えっ?」
「主に卒業生や学校関係者がつくった料理教室なんですよ」
「ああ、ナルホド」
 タテ関係、ヨコ関係が広い学校だ。
「う~ん…。にしても、犯人、なのかしら? 作ったの」
「恐らくは。殺した者が、材料として料理人に作らせるって仮説は立てられますが、どうもしっくりこないですからね。自分で殺して、そのまま料理をした―と考えて間違い無いでしょう」
「うう~ん。なら容疑者は…」
「ウチの学校関係者、と考えて間違い無いかと」
 ………マジかよ?
「じっじゃあ犯人を見つけようと思ったら…」
「学校関係者を調べれば、案外あっさり見つかるんではないでしょうか?」
「マジでぇ~?」
 アタシは思わず頭を抱えた。
「でっでも料理関係者なら、警察が調べてるんじゃないの?」
「ヒミカ、この街にどれだけ料理関係者が存在すると思うんですか? いくら警察でも、手の届かない部分が出てきますよ」
「それが…ウチの学校?」
「軽くは調べられたでしょう。ですが個人を深くは調査しないでしょうね。他にも容疑者となる人間はたくさんいるんですから」
「~~~! …じゃあ被害者は? 何か料理関係者と接点があったのかしら?」
「そうですねぇ…」

【柘榴】・5

 キシは痛い目に合ったものの、婚約者になれたことに嬉しさを隠せないようだ。
 今もタオルで頬を押さえながら、ニコニコしている。
「でもアンタ、洋食コースを選んでいるのに、わざわざ他国のも学んだの?」
「ええ、モチロン。いろいろな料理教室をハシゴしましたとも!」
 …おかげでアリバイを取るのも、楽だったらしい。
 いろんな意味で目立つからな、コイツ。
 ちなみにアタシとコイツの通っている専門学校は、料理の専門学校。
 アタシは和食、コイツは洋食。
 他にもお菓子の専門科もある。
 …なのにわざわざ、他国の肉料理を学んでいたのか。
 本当に愛されているな、アタシ。
「でもボクが連絡しなかったせいで、ヒミカに迷惑をかけていたことは謝ります。すみません」
「良いのよ。アタシも勘違いしてたし。お互い様ってことで」
 でも婚約者にさせられたんだから、アタシの方が大きなマイナスなような…。
「ふふっ。まさにケガの功名ですね」
 そう言ってアタシの隣に移動してきて、ぎゅっと抱き締めてくる。
「結果オーライってことで」
「その前に」
 ぐいっとキシの体を押した。
「事件の真相を突き止めないと…。マカに睨まれっぱなしなのは、いただけないわ」
「あっ、そうでしたね」
 キシは少し考えた。
「ボク、あなたと料理に夢中で全然事件のこと知らないんですよ。教えてくれますか?」
 …あんなに世間が騒いでいるのに。
 アタシはマカから預かった新聞紙や雑誌をテーブルに広げて見せた。
 そして事件をかいつまんで説明した。
 正直、キシには少し期待していた。
 ストーカーということを抜けば、キシは優秀な人間だから。
「…う~ん。まあちょっと不思議ですねぇ」
「どこが?」
「食事に手が付けられていないこと。だからヒミカはボクを疑ったんでしょう?」
「ええ…。まるでアタシを待ち伏せしているような事件だったから、つい…」
「そうですね。でもボクだったら昨夜みたいに、あなたに直に伝えてますよ」
 確かに! ちょっと早計だったな。
「…食べる者のいない肉料理、ですか。悲しいものを感じずにはいられませんね」
「さっ昨夜の料理だったら、ちゃんと食べたじゃない」
「冷めたものを、ね」
 …相変わらず、ねちっこい。
 料理は結局、そのままウチに持ち込んだ。
 そして会話後、お腹が空いたので頂いた。
 とても美味しかった。
 …けど、さすがに冷めてはいた。
「でも確かに、ヒミカを誘っているようですね。コレを見てください」
 そう言ってキシが地図を広げた。
「料理があった五ヶ所なんですけど…」
 地図に赤ペンで丸を付けていく。
 そしてあたしは、眉をひそめた。
「…コレって」
「ええ。間違いなく、あなたを誘っているんでしょうね」
 料理が用意されていた公園、五ヶ所。
 キシが丸を付けた、その中心部には…。
 まるであたしのマンションを囲むようにして、起きていたことが分かる。
「…あたしへの挑戦状?」
「あるいは招待状でしょう」

ご案内

プロフィール

sakura

Author:sakura
 現在はフリーシナリオライターとして活動しています。活動記録を掲載していきたいと思っています。「久遠桜」の名前でツイッターもしていますので、よければそちらもご覧ください。仕事の依頼に関しては、メールフォールでお尋ねください。

訪問者数

最新記事

ニコッとタウン

絵本のような仮想生活コミュニティサイトです☆

ランキングに参加しています






にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング

お手紙はこちらにお願いします

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

Kissシリーズ

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

同人誌を委託販売しています

CREATE うさぎ屋総本舗 CREATE CREATEの作品一覧

アルファポリスランキング

BL風味・ホラー/オカルト短編集 うそでも良いから欲しい言葉 Fascinated by the darkness 空に月が輝く時 Boys Summer Love! SUN sweet poison 狂恋 甘い鎖 ハデな彼に、躾けられた、地味な僕 アルファポリス・ブログ