フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 事件については、以下の記事をお読みください。
 さて、今回は私の感想ですが……正直言いまして怒りよりも、『何で?』と疑問に思います。
 そりゃあ私の小説は至るサイトに掲載していて、そこそこ読者数はありますけどね。
 だからと言って作品を掲載すれば、訪問者数が上げるのかな~?と思っちゃいます。
 まあ問題のブログ管理人にとっては、ほぼ毎日のように何かしらアダルト小説を掲載していたから、その中の一つに混ぜたれという単純かつ簡単な理由だったんでしょうけど。
 でも数え切れないほどある無料で読めるアダルト小説の中で、なーんで私の作品なんだろう?という疑問は未だにありますね。
 あっ、ちなみにブロマガ(有料記事)の小説は掲載されていませんでした。
 なので【無料】というのが、例の管理人にとっては重要なポイントだったんでしょう。
 ……まあ有料作品を無断で掲載したら、それこそ裁判ざたになっていたでしょうけどね。

 ピクシブのイラスト部門では無断転写の件はよく見ますが、まさか小説で、しかも私自身が当事者になるとは思わなかったです。
 だってそんなに有名じゃないですもん(きっぱり!)。……自分で言うのもなんですが、光り輝く才能を発揮してはいませんしね。いっ今のところは(汗)……。
 まあアダルトマンガの原作者をつとめたことで、少しは知名度が上がったかな~と思わなくもないですが。
 まっ、長年デビューせずとも作品を掲載していれば、起こるトラブルとも言えます。
 今後はこういった問題が起きないように、願いたいものですね。


 
スポンサーサイト

【2015/02/13 06:11】 | 小説
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。