フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tk_200_01down.gif
tk_200_02down.gif

 夏用に限ったことではないのですが、基本的にはNPC(既存するキャラクター)と絡んでもらいます。
 草間興信所、アトラス編集部、ゴーストネットOFF、アンティークショップ・レンはNPCが少なめですので、全員と絡むことはできます。
 ですがあやかし荘と神聖都学園はNPCが多いので、参加者の人に選んでもらいます。全員を出そうとすると、文字数の問題になってしまいますので。
 東京怪談の文字数は2000~4000文字と決まっています。
 私の腕ですと、2~4人程度までしか書けないんですよね(頑張ればもうちょっと…)。
 まあ東京怪談は個人で依頼する人が多いですし、まったりした感じが良いです。
 夏は特に、オカルト&ホラーが合う季節です。
 東京怪談も盛り上がると良いです。
スポンサーサイト

【2013/06/01 21:35】 | ライター
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。