お蔵入りになったOP・5

【万華鏡回廊】

「えっ? 宵闇の者だけの忘年会、ですか?」
「ああ。忘年会は毎年行っているが、今年は少し趣向を変えてみることにしたんだ」
 大河アカリに呼び出された海老塚汐は、タイガハイタワービルのカフェレストランの個室で話を聞いて、不安そうに首を傾げる。
「でも…アーシェス達が怒りそう、です。『宵闇の者達だけでズルい!』と言って…」
「あっ、言い忘れていたが、業魂達は業魂達の忘年会を用意させている。だから大丈夫だ」
 それならば不公平ではないので、汐はほっと胸を撫で下ろす。
「そうですか…。でもあの、何で宵闇の者と業魂を別々にして、忘年会を開くんですか?」
「ん? …そうだな。宵闇の者には宵闇の者の言いたいことが、業魂には業魂の言いたいことがそれぞれあるだろう。それを分かってやれるのはある意味、同類だけだと思うんだ。確かに宵闇の者と業魂の絆は強くて深い。――だが残念ながら、存在のあり方は違うだろう?」
 アカリが苦笑しながら話す言葉を聞いて、汐は戸惑った表情を浮かべながらもその意味には気付いていた。
「まあ…確かにそう、ですね」
「でも深く考えることはない。宵闇の者と業魂は同居していることが多いからな。たまには離れて、どんちゃん騒ぎをするのも良かろうと思っただけだ」
「ふふっ…、そうですね。年に一度ぐらいはそういう日があっても良いかもしれませんね」
 そこでようやく微笑んだ汐を見て、アカリは安心する。
「場所や料理などはウチの方で用意しよう。もちろん、タダで。中には未成年もいるだろうから、送迎もちゃんとする。なぁに、そんなに夜遅くまではやらないさ」
「それなら良いですね。それじゃあサークル会員達に声をかけておきますね」
「ああ。ウチの方でも社員やアルバイト達にも声をかける。楽しい忘年会にしような」


<解説>
 こちらは宵闇の者編です。
 忘年会のストーリーは昨年、【タイガ警備保障心霊対策課の宴会】で書きましたが、こちらは宵闇の者も業魂も参加できる内容でした。
 なので今年はちょっと趣向を変えてみましたが…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
お手紙はこちらにお願いします
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
同人誌を委託販売しています
CREATE うさぎ屋総本舗 CREATE CREATEの作品一覧
Kissシリーズ
アルファポリスランキング
BL風味・ホラー/オカルト短編集 うそでも良いから欲しい言葉 Fascinated by the darkness 空に月が輝く時 Boys Summer Love! SUN sweet poison 狂恋 甘い鎖 ハデな彼に、躾けられた、地味な僕 アルファポリス・ブログ
クラウドワークス
クラウドワークス
クラウドソーシング
クラウドソーシング「ランサーズ」
プロフィール

sakura

Author:sakura
 現在はフリーシナリオライターとして活動しています。活動記録を掲載していきたいと思っています。「久遠桜」の名前でツイッターもしていますので、よければそちらもご覧ください。仕事の依頼に関しては、メールフォールでお尋ねください。

私の作家としての活動の場です
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ランキングに参加しています





にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング
ニコッとタウン
絵本のような仮想生活コミュニティサイトです☆
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR