見直し作業って結構キツイです…

2012.09.17(23:16)

 ライターの仕事と小説書きをしていると、苦手な作業が分かってきました。
 それは一番重要な作業である『見直し』です。
 書くのは良いんですよ。もう一心不乱にバッー!と書いちゃいますから。
 それからの見直しがキツイです(涙)。
 文字数や原稿数を規定に合わせなければいけませんし、誤字・脱字のチャックも神経を使います。いつもは平然として使っている漢字や言葉遣いも、辞書で調べながら作業します。
 コレが結構胃や頭を悩ませまして、あまり作業が進まないというのも悩みの種です。
 集中力がないと言いますか……まあコレはいつものことですが(失笑)。
 気ばっかり焦ってしまい、見直しても後から見るとどこかが違っていたりと、心が血をふき出すこともありますからね(シクシク…)。
 特に昔の原稿なんか読み返すと、思いっきり自分の未熟さが分かりますし。
 …何故コレを応募してしまったんだろう?という後悔に悩むことも多々ありますしね。
 まあ自分の欠点が分かるようになっただけ、成長できたということにします(無理やり)!
 しかし集中力はどうにかしないといけませんね…。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/644-f82574c5