フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 温度差…とでも言うんでしょうかね?(遠い目)
 最近シミジミ思うようになりました。
 それと言うのも、ライターの仕事をしているのですが、ノリノリ♪で書き上げて提出しましたところ、「表現がヤリ過ぎ」というご意見をよく貰うようになってきたのですよ。
 ならば抑え気味で書き上げて提出しましたら、今度は「個性が無い」とダメ出しを喰らいました……。
 正直、「どないせぇっつうんじゃいっ!」と思う半面、「ちょうど良く書けないものかな~」と思うところもあります。

 それでふとデジャヴを感じて思い返してみましたら、似たようなことが過去にあったんですよね。
 それは小説投稿の寸評を頂いて、読んだ時のことです。
 「状況説明が不足気味」と書かれたので、今度は状況説明を多くして小説を書いて投稿したところ、今度は「状況説明が多すぎて、キャラに感情移入ができない」と返ってきまして、思わずひっくり返るところでしたよ。
 まあ上記2つの意見は別の出版社から各々貰ったご意見でしたが、こうも正反対の感想をいただくと、もうどう書いたら良いか、分からなくなってしまうんですよね~(思いっきり遠い目)。

 まあそもそもケータイ小説で主に書いているのがホラー/オカルトと恋愛小説の2ジャンル、思いっきり温度差があるジャンルですから。
 両極端に突っ走り気味になってしまうのが、私の悪いクセなのかもしれません。
 上手く「中間」の作品が書けるように、日々勉強ですね(はあ…)。

スポンサーサイト

【2012/04/02 05:36】 | 小説
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。