フリーのシナリオライターとして活動しています
「…今日はエイプリルフールだからな!」
 腕を放し、彼は顔をそむけた。
「あっああ、そうですね」
「いつも苦労をかけている副会長に、礼の一つもしようと思ってな」
 …そう言う彼の顔は、笑っているのに泣きそうだ。
 体も小刻みに震えているのが、見ているだけでも分かる。
 僕は簡単に言える言葉だけども、彼にとってはこんなに苦痛を与えてしまう言葉だったのか…。
 反省しなければ、な。
 ここまで彼を追い込んだのは他でもない。
 僕なのだから…。
「…ありがとうございます。おかげで残りの学生生活も楽しく過ごせそうですよ」
「そっそっか」
「ええ。…用事は以上ですか?」
「あっああ…」
 しばしの沈黙の後、僕は音もなくため息を吐いた。
「それでは、次にお会いするのは生徒会の会議ですね。あまり遅くならないうちに帰ってくださいね」
「おいっ! 待てよ!」
 踵を返し、帰ろうとした僕の手を、彼が掴んだ。
「はい、何でしょう?」
「何でしょうって…。他に言うこと、無いのかよ? お前が望んでいた言葉だろう?」
 確かに僕は、彼に「好きだ」と言ってほしかった。
 ウソでも良いからと。
 …でも結局、彼に辛い思いをさせただけにとどまってしまったことを、後悔していた。
「ウソでも嬉しかったですよ? ただちょっとビックリしただけです。本当に願いを聞き入れてくださるとは思わなかったもので…」
 だけど言ってくれた彼の心は、嬉しかった。
 だから上手くは笑えないけれど、笑みを浮かべる。
「だっだから…。俺が言ったことに、お前はどう反応するんだよ?」
「えっ? …えっと…」
 礼は言った。リアクションも取った。
 後は…。
 …お返しのウソ?
 確かに一方がイベントをしたのに、もう一方は何もしないというのは、キツイだろう。
 だったら…良いウソがある。
 僕は真っ直ぐに彼の眼を見つめた。
「ウソ、ですよ」
「何が?」
「あなたを好きだというのは、ウソです。本当はキライですよ、あなたなんて」
 イヤというほど僕の気持ちを知っている彼なら、笑い飛ばしてくれるだろうと思った。
 けれど次の瞬間、彼の顔は真っ赤になった。
「ふっふざけるな!」

ガッ!

「うっ…!?」
 なっ殴られた? なっ何故!?
「どっどうして殴るんですか? お返しのウソをついたのに!」
「言って良いウソと悪いウソがあるだろう!」
「あなただって、本当なら許されないウソついたじゃないですか! 僕の気持ちが変わらないのを、知っているはずでしょう?」
「えっ? 変わらない?」
「変わりませんよ! 変わるはずないでしょう? だからあなただって、あんなウソを言ったんでしょう!」
「そっそれは…」
 …何なんだ? 最近、彼の様子がおかし過ぎる。
 この間、エイプリルフールのことを話題に出してからだと思うが…。
 アレはあくまでノリだと感じていた。
 告白ぶりに交わした言葉だったから…信じていないんだと思っていた。
 …いや、避けられたと感じた。
 しかし目の前の彼は、言いづらそうに視線をさ迷わせながら、何度も口を開けたり閉じたりしている。
「おっ俺がお前のこと、どう思っているか分かっているのか?」
「『好きではない』と言われ続けていますが…。ようは『嫌いでもない』と言う意味ですよね?」
「…ああ、嫌いじゃない。だけどお前は俺が『好き』だと言ったら…!」
「変わりませんよ。僕があなたを好きなことは、変わりません。…ご迷惑になっていることは、自覚していますが…」
「めっ迷惑だったら…」
「はい」
「…いつまでも側に置かない」
「えっ?」
「だから! 俺は本当に迷惑だと思っていたら、側には置かないんだ!」
「そう…ですか」
 …でも彼が僕を思う気持ちと、僕が彼を思う気持ちの種類が違うことには変わりない。
「俺がお前のことを『好き』と言ったら…お前が離れそうな気がした」
「そんなことっ…ないですよ。逆に今以上に、離れられなくなるだけです」
「それならっ!」
 いきなり掴んでいる手を引っ張られ、顔が間近に迫った。
「ずっと言い続けていろよ。俺のことを『好き』だと」
「でもそれは…」
 彼にとっては苦痛なのではないのか?
「ずっと俺の側で、言い続けていれば…」
「…愛してくれますか? 僕のことを」
 僕は掴まれている手を、強い力で握り返した。
「それはまだ…分からない。でも今はとりあえず、お前が俺の側から離れるのがイヤだな」
「そう、ですか。なら、今はそれでも構いません」
 彼が誰より側に置きたいと思えるのが僕自身ならば、今はそれだけで構わない。
 いつか気持ちが溢れ出し、また彼を困らせることになるかもしれないけど…その時はその時だ。
「うしっ! 何かスッキリしたし、昼飯食べに行くか」
「まだ食べていなかったんですか?」
「お前を待ってたせいでな。すっかり夕方だ」
 確かに窓の外は夕日の色に染まりつつあった。
「せっかくだから、花見に行くぞ! 待たせた罰として、お前のオゴリな!」
 そう言って嬉しそうに僕の手を引く彼を見て、思わず笑みを浮かべた。
「…分かりました。気の済むまで食べてください」
「おうよ!」
 楽しそうに屋台のことを語り出す彼を見つめながら、ふと一つの言葉が思い浮かんだ。

『嘘から出た実』

 ―嘘のつもりであったものが、結果的に、はからずも真実となること―
 …彼のあの言葉が、いつか現実となることを、願わずにはいられない気持ちだった。


<終わり>

スポンサーサイト

【2012/04/01 05:16】 | BL・<うそでも良いから欲しい言葉>
トラックバック(0) |

はじめまして
有生(うふ)
BL小説(基本18禁)最新話を持ち寄ろうトーナメント主催者の有生です。ご参加いただきありがとうございます。
ご参加いただいたリンクから遊びに来ました。可愛いお話ですね。また伺います。私の「卵乃緒戸」のほうにもよろしければ遊びにきてくださいませ。相互交流して楽しみましょ!

卵乃緒戸
http://oeufnote.net63.net/

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
BL小説(基本18禁)最新話を持ち寄ろうトーナメント主催者の有生です。ご参加いただきありがとうございます。
ご参加いただいたリンクから遊びに来ました。可愛いお話ですね。また伺います。私の「卵乃緒戸」のほうにもよろしければ遊びにきてくださいませ。相互交流して楽しみましょ!

卵乃緒戸
http://oeufnote.net63.net/
2012/04/02(Mon) 14:03 | URL  | 有生(うふ) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック