FC2ブログ

Hosimure

フリーのシナリオライターとして活動しています

Entries

<sweet poison>・1

「愛しているよ、陽一」
 泣きそうな笑顔で言われた言葉、でもその表情は霞んだ眼にはぼやけて見える。
「は…づき」
 搾り出すように出た声は、はたして彼の耳に届いていたんだろうか?
 少なくとも陽一の思いは届いていたと……信じたかった。



「はい、はい! ありがとうございます!」
 笑顔で電話を切り、茜(あかね)陽一(よういち)は父であり、そして仕事上は上司である社長に駆け寄った。
「注文の追加を取れました! 前に購入してくれた商品を気に入ってくださったみたいで、今回は前回の倍の注文です」
「そうか、よくやった」
 穏やかな笑みを浮かべ、茜陽介(ようすけ)は息子の頭をいとおしげに撫でた。
「わわっ! とっ父さん、会社ではやめてくださいよ!」
「ああ、悪い悪い。お前も会社では父さんじゃなくて、社長と呼べ」
「…はいはい」
「『はい』は一回だ」
「はい」
 父と息子の微笑ましいやりとりを、近くにいた従業員達は穏やかな表情で見ていた。
 田舎の山奥にある工場が、茜父子の職場だった。この地域は花や果物が豊富に採れて、それを活かした商品を作り出していた。食品や化粧品など、女性をターゲットとした商品が人気だった。
 従業員達はこの地域の人達で、主にネット販売をしていたが、最近では出店してみないかとの話もかけられるようになってきた。
「とりあえず、会議だな。明日の昼に行うから、それまでに書類を準備しておけ」
「分かりました」
 二人は真面目な表情になり、各々自分のデスクへ戻る。
 陽一は緩む頬を撫でながら、ノートパソコンに向かう。
 しかし耳の奥で、あの声が聞こえた。

『愛しているよ、陽一』

 甘く柔らかな声は、未だに鮮明に自分の中で残っている。
 震え出す体を抑え付け、陽一は仕事に集中しようとした。
 しかしどうしても気が散り、休憩を取ることにした。
 工場の現場は父の仕事、陽一は営業を担当していた。
 営業と言っても時々駅やデパートで行われる物産展や、ネット販売での受け付け業務を行っていた。
 最近ではこういう田舎の物産品が人気になっていて、工場の経営もなかなか良くなってきた。
 町ぐるみで行っている為、売れ行きが伸びてきているのは嬉しいはずだ。
「なのに…何でお前の声が聞こえるんだよ」
 陽一は軽く頭を振った。黒く真っ直ぐな髪が顔にかかる。
 父親譲りの黒い髪と眼、そして母親譲りの童顔は未だに二十三歳と名乗っても、首を傾げられた。中肉中背が、余計に拍車をかけていると言っても良いだろう。
 明るい笑顔を浮かべると、スーツを着ていても高校生に間違われることがある。
 事務所を抜け、建物から出る。工場の敷地内には中庭があり、昼休みなどはここで過ごす人も多い。
 しかし昼下がりの今は誰もいない。それが陽一にはありがたい。
 自動販売機でコーヒーを買って、ベンチに腰かけて飲んだ。
「にがっ…」
 普段はあまり飲まないブラックコーヒー。
 でもこのモヤモヤした気分を晴らしたくて、あえて買った。
「…アイツは紅茶が好きだったな」
 眼を閉じれば浮かぶ、過去に愛し合った人物の姿。
 茶色の柔らかな髪に、穏やかな琥珀色の眼をしていた。ふんわり笑う顔が大好きだった。
 しかし思い出そうとすればするほど、陽一の顔に苦渋の色が浮かぶ。
「羽月(はづき)っ…!」
 バキッという音で、現実に戻る。
 手の中の缶を、無意識の中で握り潰していたらしい。変形した缶を見て、悲しい気持ちになった。
「オレは…死にたくなかったんだよ。羽月」
 呟いた後、コーヒーを一気に飲み干し、事務所へ戻った。
 再び自分の席へつくと、事務員の一人が声をかけてきた。
「陽一さん、ちょっと今よろしいですか?」
「えっええ」
 複雑な表情で声をかけてきたのは、父と共にこの工場を立ち上げた水野(みずの)という五十を過ぎた男性だ。
 元々この土地に住んでいたのが彼で、この土地の為に何かしたいと父に話をもちかけた。
 父と水野は高校・大学と同じ学校に通っていて、親友だった。
 父は有名な会社で営業をしていた為、水野は相談をしたのだ。
 そこでできたのがこの工場だった。
 何とか仕事が軌道に乗った時、彼は父と同じ歳だったのにも関わらず、その地位を陽一に譲り渡してしまった。
 陽一の方が才能があり、そして自分には茜父子に借りがあるからと、きっぱり下がってしまったのだ。
 最初は戸惑いながらも、会社勤めは続けてくれるので、父も渋々了承した。
 今でも工場を影から支えてくれている彼は、いつも冷静に物事に対処する。だが今は、どことなく不安が滲み出ていた。
 陽一と水野は空いている会議室へやって来た。
「どうしたんですか? 水野さん。何だか顔色が悪い気がしますけど…」
「…ええ、実はちょっと社長に相談しようか迷っている話がありまして」
 水野は持ってきた茶封筒の袋の中から書類を取り出し、陽一に渡した。
 書類にざっと眼を通すと、この工場の商品を店で売ってみないかとの内容だった。
「出店のお話ですか?」
「ええ。ところがあんまりにも話が旨過ぎる気がしましてね。もしかしたら詐欺なのかと…」
「ええっ!」
「だって見てくださいよ」
 水野は訝しげに、陽一の持つ書類を捲った。
「出費は全てあちら持ち。他の出費も領収書さえあれば向こうが出すと契約書にあります」
「あっ、本当だ」
 書類の一番最後は、仮契約書のコピーだった。
「そして一番わたしが怪しいと感じたのは、店の場所です」
「いつもの駅やデパートなどではなく?」
「はい。一つの店として、出してくれるそうです」
 水野の言葉に、陽一は動きを止めた。
「店、を? 店って、駅やデパートの一画にある店舗ですか?」
「いえ、この工場の商品を取り扱った一つの店です。彼等が提示しているのは、東京に建物を造り、そこをまるまるウチの店にしたいとのことです」
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

sakura

Author:sakura
フリーライセンスのライターをしています。
PNは久遠桜、月宮魅艶、麗月美夢花、如月六香、hosimure、sidare、saika、sidaresakura、mituya、志貴あや、星群彩佳、麗月桜などを使い分けています。
ライターとしての仕事を受け付けておりますので、メッセージにてお問合せください。

訪問者数

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドソーシング

クラウドソーシング「ランサーズ」

最新記事

お手紙はこちらにお願いします

同人誌を委託販売しています

CREATE CREATEの作品一覧

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

私が書いたTL小説です

ランキングに参加しています

ランキング

検索フォーム

ニコッとタウン

絵本のような仮想生活コミュニティサイトです☆

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR