フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 それでいろいろインターネットで調べてみたところ、アプリゲームってゲームの土台となるシステムがあれば、絵と文章を変えるだけなので、2日で制作可能なんだそうです。
 実際データを送って一ヶ月経たずにゲームは出来上がっていましたし、疑惑はますますふくらみました。
 けれど私はその会社と契約を交わしたワケではありませんし、会社側が否定すれば終わりですからね。
 同じようにアプリゲームを作っている別の会社がありまして、そこでもシナリオを募集していたんですけど、その会社の注意事項を読んで唖然としました。

『応募作品は応募用として扱います。しかしその後、弊社が応募作品と似た作品を出しましても、権利を主張しないでください』

 …何となく、こういうことってあるんだな、としか思えませんでしたね。
 まあ今を遡ること数年前にも、ゲーム会社に企画を送って不採用になったんですけど、数年後にアイディアが似たゲームが発売されたということがありましたし。

 ですがまああくまでもグレーということで(苦笑)。
 仕事の悩みを打ち明けるサイトで聞いてみたところ、ゲームに限らずそういうアイディア募集のところは、ちょっと胡散臭いところもあるみたいです。
 でも全ての会社がそうというわけではありませんし、ちゃんとした会社を見つけるのも大変です。

スポンサーサイト

【2012/01/29 23:01】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。