BL・<Fascinated by the darkness>・26

2011.12.26(00:18)

「あっ、そうだ。ラバーズが連絡ほしいって言ってたよ」
「姉さんが?」
「そう。たまには連絡してこいだってさ」
 ハーミットは幹部達の居場所を把握する立場にいる為、時々こうやって伝達係をする。
「ちっ。分かったよ」
 ラバーは忌々しげに舌打ちすると、いつもの自分の部屋へ向かった。
 流石に姉弟の会話は聞かれたくないらしい。
「デスはエンペラーが報告を待っているって」
「分かった」
 そしてデスも自室へ向かい、ロビーには僕とハーミットが残った。
 僕は近くにいたトランプにコーヒーを頼んだ。
「―で? 僕にはテンパランスですか?」
「勘が良いね。まあ彼は今ちょっと手が離せないから、明日でも平気だと思うよ」
 ハーミットは緑茶を頼み、二人でロビーの奥にあるソファーセットに腰かけた。
 調度品は全て高級家具。
 夜でも室内は明るいけれど、太陽ほど眩しくはない。
 間もなく頼んだ飲み物が来て、二人とも会話は一時休憩。
 喉を潤してから口を開いた。
「テンパランスは相変わらず、キミをデスから引き抜きたくってしょうがないみたいだね」
 ハーミットは楽しそうにクスクスと笑う。
「あ~そうみたいですね」
 静かな攻防戦は幹部達の間では賭けとなっているらしく、渦中に立たされている僕は居心地が悪くてしょうがない。
「でもデスはキミを気に入っているから、傍に置きたくてしょうがない」
「そう、ですか?」
 さっきの取り引きを思い出すと、とても信じられない。
「そうだよ。ボクもそうだけど他の幹部達もキミと一緒に仕事をしてみたいのに、デスが頷いてくれないんだ」
 ハーミットは参ったというように、首を横に振る。
 …わざとらしく見えるのは、気のせいだろうか?
「それに十五年もの間、傍に置いているのが何よりの証拠じゃないか。キミはデスの寵愛を一身に受けている」
「いや、それはありえません」
 僕はあっさり否定した。
 それが本当なら、ラバーと肉体関係を持ち続けることはないはずだ。
 つまり悲しいことに、デスは僕だけでは満足していないということだろう。
「ん~。…通じにくいみたいだね。まあ相手がデスじゃ仕方ないかな?」
 …相手がハーミットのせいだろうか? 
 全く説得力がないように聞こえるのは。
 しかしそんな心情を押し隠し、作り笑みを浮かべる。
「過大評価のし過ぎですよ。仕事が危なっかしいというのがあるかもですよ?」
「アハハ。成功率百パーセントのキミが言うと、毒を吐かれているようなもんだね」
 そこは本当のことなので、否定はしない。
 事実、僕は一度も仕事を失敗したことはないからだ。
「キミは非常に優秀だよ。もしデスに捨てられたら、ボクの所でも良いんだからね?」
 ハーミットはメガネの奥で、妖しい光を眼に浮かべた。
「―それはどうも」
 僕は社交辞令として頭を下げる。
 コレを真に受けても意味がない。
 僕はデスの物なのだから、『捨てられた』時は死んだ時しかあり得ない。
「まっ、キミの場合、それもあり得ないかな? デスは一度気に入ったものは、とことん執着するみたいだし」
「…はあ」
 しかしハーミットは僕の考えとは別の『あり得ない』理由を言った。
 …まあそれが本当なら、嬉しいんだけどな。
「っと、聞くの忘れていましたけど、次の仕事の予定ってまだですよね?」
「一応ね。今回の任務結構長かったし。でもラバーとマジシャンは昼間に外に出るのはしばらく禁止だから」
「それは構わないんですけど…。ならラバーと夜になら遊びに出ても良いですよね?」
「まあそのぐらいは……あっ、デスからラバーにしたの?」
「何をバカなこと言っているんですか?」
 思わず素の表情と声が出てしまう。
 相変わらず突拍子もないことを言い出す人だ。
「ラバーは素直に可愛がっているだけですよ。弟みたいなもんです」
 ヒラヒラと手を振って見せると、ハーミットは顎に手を当てて上を向いた。
「む~ん。…あんまり早いうちから仕込みされると、人の気持ちに鈍くなるのかな?」
 何を小さな声でブツブツ言っているんだろう?
 僕はハーミットから視線を外し、コーヒーを飲み干した。
「さて、僕は先に休ませていただきますね」
「ああ、うん。お疲れ様」
「はい、お疲れ様でした」
 ソファーから立ち上がるとハーミットに頭を下げて、僕はロビーから出た。
 ちなみに部屋の並びはデス・僕・ラバーとなっている。
 今日も一人でゆっくり眠れそうだ。
 デスは報告で忙しいだろうから。
 別にセックスが嫌いなわけじゃない。
 デスに仕込まれただけあって多少なりとは、ね。
 でもここ最近、いろいろあって疲れた。
 しかもさっきのことで、デスとは顔を合わせづらい。
 …いや、僕のせいではないんだけどね。
 あんな取り引きを持ちかけたデスに問題がある。
「はあ~。本当にデスは何を考えているんだか分からないな」

 ガチャ

スポンサーサイト

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/12/26 21:43】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/469-53a8a7b6