フリーのシナリオライターとして活動しています
 ケータイ小説家の一人としては、寂しいです。
 「ポケットスペース」というケータイ小説を掲載できるサイトなんですけど、今年いっぱいをもって、閉鎖されることが決まりました。
 私がケータイ小説家になってもう2年以上経過しますが、その間に終わったサイトはこれで2つか3つめだったと思います。
 まあ私の作品の重点サイトは「魔法の図書館」でして、そこで掲載している小説を転写しまくっているので、閉鎖してもあまりダメージがないと言えばそうなんですけどね。
 でもやっぱりそのサイトを愛用していた方もいらっしゃるでしょうし、物悲しい気持ちにもなります。
 ケータイ小説サイトって基本、無料ですからね。安くて手軽ですけど、その分、類似したサイトはいくつも存在します。そんな中でずっと存在し続けるのも、大変なんでしょうね。
 こう言うとアレですけど、ケータイ小説を始める時はまず、『大手』を探した方が良いのかもしれません。
 掲載を始めてすぐにサイト自体が閉鎖―というのも有り得なくは無い話ですから。
 一応、私はそういうことも考えて、色んな小説サイトに作品を掲載しています。
 ケータイ小説って無料なので、作品を好きに扱って良いという利点がありますから。…まあ無料なのにサイトの方が著作権を言い出したら、それはおかしなことなんですけどね。
 本当は本とかにしたい気持ちもありますが……まあそれは別のお話ということで。
スポンサーサイト

【2011/12/17 06:05】 | ケータイ小説
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック