フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 この記事の下の内容を見ていただければ分かりますが、どーもブログに小説のことを書かないせいか、私が書籍の小説を読んでいないように思われているようなので(怒★)、「小説の感想」というカテゴリを作りました。
 「小説の感想」では、私が読んだことのある小説のことについて書きます。
 …まあちょっとカッチーン★とくるようなコメントを何度かいただいたということもありますが、今まで書いたブログ記事を振り返ると、確かに書籍の小説の内容があまりないんですよね。
 少し記事に書いているだけで、それを本文にしたことはなかったですし。
 なので良い機会と思いますので、これからはこちらのブログで小説の感想を書きたいと思います。
 で・す・が。文芸の世界は広いです。そして基本的に私は読む物は何でも読む、雑食です。小説という形にこだわっていません。
 ですので「小説の感想」とありますが、中にはゲームのシナリオライターのことや、それこそネット小説やケータイ小説の感想も書きますので、あしからず★
 まあ正しくは「文学の感想」ってことになるんですかね?
 前にも書きましたが、私は読書人としては雑食です。「アレはダメ」という概念が全く無い人間です。
 私の場合ですけど、何でも吸収することによって、自分自身を成長させると思うんですよね。「アレはダメ」と決めてしまうと、妙なところで成長が止まってしまう気がするんですよ。
 考えが固まってしまうと、そこで全てが固まってしまい、上にも下にも行けない気がするんです。
 何でも柔軟に吸収してこそ、感受性って養われるもの-と考える人間なので(苦笑)。
 まっ、自分自身の成長については、自分自身が一番知っていることですしね。人それぞれです。
 では! 気が向いたら(こらっ!)書き始める「小説の感想」、興味をもたれた方はご覧ください♪
スポンサーサイト

【2011/12/04 10:12】 | 小説の感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。