あの、私は普通の小説も読んでいます(汗)

2011.12.04(09:46)

 このブログではケータイ小説のことばかり書いているせいか、最近「ケータイ小説よりも普通の小説を読んだ方が良い」というコメントをよくいただきます。
 なので改めて書くことなのかな~とも思いつつ、これ以上ケータイ小説について批判的なコメントをいただくのは心が痛みますので、ちゃんと書きますね。

 このブログでケータイ小説についての記事が多いのは、私自身がケータイ小説家であるからです。
 しかし書く側としても読む側としてもいろいろな感じ方があるので、多く書き出しているだけです。
 書く側としましては、もちろん私の書いた小説を紹介したいからです。
 そして読む側としましては、これからケータイ小説を書こうとしている人が結構多くいると思った為、先に注意すべき点をこのブログで上げているだけにすぎません。
 『普通の小説』の感想が少ないのは、左側のリンクにあります「私の元気の源~アニメ・ゲーム・マンガ~」というブログに小説の記事を書いている為です。
 ここのブログではあくまでも私の書いた小説を掲載するのが目的であって、小説などの感想は別サイトのブログに掲載しています。
 なのでここでは小説のことを書かなかったんですが…それで誤解を招いているようではいけないと気付きました。

 このブログに小説の記事が少ないからと言って、読んでいないように感じ取られるのもイヤですからね。
 そして別にケータイ小説ばかり読んでいるわけでも、贔屓にしているわけでもありません。しかし文学の一つではあると思っています。でなければこんなに世の中に広まることはないでしょうから。
 現代ではケータイ小説やネット小説が多く存在していますし、私自身も読んでますが、だからと言って普通の書籍の小説を全く読んでいないってことはないですからね?(ニッコリ★)
 純文学だろうが絵本だろうが国語の教科書だろうが、読み物は読むタイプです。小説を読むのが好きでなければ、『小説家を目指しています!』なんて言い出しませんよ。
 
 なので「ケータイ小説の記事しか書いていないから、書籍の小説を読んでいない」と思わないでくださいね?
 そこまで浅はかな人間でもなければ、そこまで若くもありません(いろんな意味で)。
 なーんかそう思われている人がボチボチいるようなので、長くなりましたが、この記事をそのコメントの返事とします。
スポンサーサイト

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/12/04 12:58】 | # | [edit]
はじめまして、かのんと申します。
携帯小説、好きでずっと読んでいます。純文学にはない、あの独特で直截な表現が何とも言えず好きです。
でも、来年には大学生になりますので、いつまでも携帯小説ばかりではいけないと自覚もしています。
携帯小説家さんとはこうしてお話など滅多にできず、こういう機会をいただけて、大変光栄に感じています。
書籍小説の感想を書かれるとあって、日頃、携帯小説家さんがどういった本を読まれるのか興味深いです。
来年4月の入学までに何冊か読んでおきたいと思っています。紹介がてら、感想もあれば嬉しいです。

ホラーはちょっと苦手で読むことは控えさせていただきましたが、Kissシリーズはよかったです。
【2011/12/04 16:09】 | かのん #- | [edit]
 コメントと、私の書いている小説を読んでいただき、ありがとうございます。
 これから書く小説の感想ですが…かのんさんとはあの、その、年齢の差というものがありますので、もしかしたらちょっと首を傾げる内容になるかもしれませんが、それでも読んでいただければと思います。
 記事にも書きましたが、小説だけには留まらず、さまざまな文学の感想を書くつもりですので、かのんさんの知識の一つにでもなれば良いなと思います。
【2011/12/04 22:49】 | sidare #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/424-4de3bf95