BL・<Fascinated by the darkness>・4

2011.12.04(06:52)

 鷹近は髪を金髪に染め、耳にピアスをし、制服を着崩していた。
 いわゆるその…チャラ男タイプ。
 臭い香水の匂いも、鼻につく。
 レンは大人の男性に慣れているせいもあり、年下のこういうタイプは大っ嫌いなのだと、仕事はじめに言い切っていた。
 仕事じゃなきゃ、殺したくなるほど嫌いなタイプらしい。
 なので助け船を出すことにした。
「それより早く教室に入らないと。ホラ、恋。放してやりなさい」
「ぶぅ。じゃあ鷹近、後でね」
「ああ、恋」
 レンと鷹近は軽くキスをすると離れた。
 そして学年の違うレンは、僕達とは校舎が違うので別の方向へ向かう。
「恋、可愛いよなぁ。遊真の弟とは思えないぐらい純粋だし」
「アハハ…」
 うっとりとレンの後姿を見つめる鷹近を見て、僕は乾いた笑いしか出てこなかった。
 ―きっとレンは校舎に入ってすぐトイレへ駆け込み、顔を洗っているだろう。
 しかも洗顔フォームで。
「なぁなぁ。今夜、恋借りていいか?」
「えー? どこへ連れてく気だよ?」
「行きつけのクラブ。恋のこと、見せびらかしたくてさ」
「人の大事な弟を、危ない場所へ連れて行く気ですか? アンタ」
「大丈夫だって。ちゃんとオレが守ってやるからさ!」
 頼もしげに胸を張るのはいいが……現実を知らないって、本当に酷だ。
「…まっ、それなら良いけど」
「ホントか? 一緒に住んでいる叔父さんに後で何か言われたりしない?」
「叔父さん…ああ、イザ…じゃなくて慧斗さんのことか。叔父さん、今晩は仕事で遅くなるって言ってたから、大丈夫」
 イザヤは僕とレンの叔父と言って、鷹近に紹介している。
 イザヤは見た目三十代前半に見えるので、そういう設定にしていた。
「マジで? よっしゃあ! 今日の昼食、奢るぜ親友!」
 僕の肩に腕を回して、鷹近は嬉しそうに言った。
「じゃあとびっきり高いのをおねだりするよ」
「任せとけ! 払うのはどーせ親父の金だしな」
 いや、そこは胸を張るところじゃないよね? 
 呆れながらも僕はツッコまない。
 だって、それが親友ってものだろう?



 高校の生活は、レンが言うほど悪くはないと思う。
 確かに周りにいる人達は僕達より年下で、しかも頭の悪そうな会話ばかりする。
 けれどそういう空気と空間が、案外居心地が悪くなかったりする。
 何気なく友達としゃべったり、授業を受けたり。
 僕が八歳になるまでは、ごく自然で当たり前のように過ごせていたこと。
 僕が八歳の時、か…。
 ―あの事件が、僕の全てを狂わせた。
 八歳になるまで、僕は自分の両親は普通の人だと思っていた。
 父親は会社のサラリーマンで、母親は専業主婦。
 住んでいる家は一戸建てで、特に変わったところなんてなかった。
 正確にはそういうふうに二人がしていたと知ったのは八歳の時。
 あの夜、両親は緊張した面持ちをしていた。
 何でも大切な客が来るからと言って、僕は階段の裏の隠し部屋に入れられた。
 この隠し部屋は扉も小さく、中も子供が三人も入れば狭くなるほどの小さなスペースしかない。
 母親に自分達が開けるまでは絶対に出てはいけないと、きつく言われた。
 二人は険しい表情のまま扉を閉め、鍵まで閉めた。
 そして扉の前に棚をスライドさせれば、部屋は完全に隠される。
 隠し部屋には窓や電気などなく、僕のおもちゃがいくつかあるだけだった。
 部屋に入れられる前にトイレまで済まし、飽きないようにと懐中電灯とマンガ、お菓子にジュースまで置かれた。
 時々こういうことはあった。
 けれど僕は子供だったので、意味がよく理解できていなかった。
 いつものことだと思い、僕は大人しく待つことにした。
 ここは防音壁でできており、中からも外からも音が漏れないし聞こえてこない。
 温度もちょうど良くて、僕は待ち疲れて眠ってしまった。
 けれど物音で起こされた。
 しかもドアノブをガチャガチャっと激しく回す音で、だ。
「…っ!」
 両親ではないと、すぐに気付いた。
 けれど逃げる所なんてどこにもない。
 僕はそれでも扉から離れようと、部屋の隅に移動した。
 やがてドアノブは回されなくなった。
 しかし次の瞬間、拳銃でドアノブは破壊されてしまった。
 もしあの時、部屋の隅にいなかったら、体のどこかに当たっていただろうな。
 そして扉を蹴り飛ばし、顔を覗かせたのが…イザヤだった。
「こんな所に何を隠しているのかと思えば、子供か」
 黒い革の手袋をしたイザヤは、僕の腕を掴んで引っ張り出した。
「やっ!」
 廊下には数人の黒尽くめの男達がいた。
 その中の一人が、僕とデスを見て眼を丸くした。
「デス、その子供は?」
「隠し部屋に隠されていた」
「なるほど。いくら組織の裏切り者とは言え、親心は持っていたわけだ」
 デスと会話をしたのは冴えない中年の男性。
 けれど後に、テンパランスと呼ばれる組織の幹部であることを知る。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/423-4b4e9904