フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 アタシは今、高校二年生。
 夏休みになってもやることがなかった。
 部活もしていなければ、宿題なんて夏休みがはじまってから一週間で終わらせてしまった。
 なのでバイトをすることにした。
 友達から紹介されたのは、大金持ちのメイドのバイト。
 そこのお坊ちゃんがまだ中学生で、夏休みで家にいることが多くなるので、その相手をするのがバイト内容。
 破格の給料なので、すぐにOKした。
 そしてバイトをはじめて一週間後。
 最初は8人いたメイド達は、すでにアタシのみになっていた。
 原因はこのお坊ちゃん。
 天使のような可愛い顔をしてて、最初はアタシ達を大歓迎してくれた。
 最初は優しかった。思いやりがあると、メイド達ははしゃいでいた。
 そう、『最初』は。
 正しくは『最初』だけは、だった。
 徐々に小悪魔的…いや、魔王クラスの意地の悪さを出してきた。
 とんでもないイタズラ小僧。
 おかげでアタシ一人が日々、このお坊ちゃんの相手をすることになった。
 何故アタシ一人だけが残っているのかと言うと、実家が武道の道場をやっており、一通りの格闘技を身に付けていた。
 おかげで運動神経と、心は強い。
 なのでお坊ちゃんの仕掛けるイタズラも、イジワルな物言いもへっちゃらなのだ。
「お坊ちゃん、そろそろ宿題をなさった方がよろしいのでは?」
「メンドイ。お前、やっといてよ」
 今日も今日でふてぶてしい態度。
 アフターヌーンセットをベランダで食しているお坊ちゃんは、機嫌が悪い。
 彼の両親は仕事が忙しく、滅多に日本にすら帰って来れない。
 周囲の人間はそれを気遣って、彼を甘やかして育てたんだろうな。
「お坊ちゃん、中学の勉強についてこれないなら、家庭教師に教えてもらった方が良いですよ?」
「誰があの程度の問題を解けないと言った!」
「アタシに頼むぐらいですから、難しいのかと…」
「そんなワケないだろ! あのぐらい、すぐに全部終わらせてやる! 準備しろ!」
「かしこまりました」
 うやうやしく頭を下げ、お坊ちゃんの部屋に向かう。
 机の上には山積みの宿題。
 私立の有名校とは言え、宿題は公立校と同じぐらいは出るんだな。
 机の上に筆記用具を出して、並べた。
 そして再びベランダに向かう。
「お坊ちゃん、準備できましたよ」
「今行く」
 首にかけていた白いナプキンを放り投げ、部屋に入るお坊ちゃん。
 やれやれ…。
 ヤル気にさせるのも、一苦労だ。
 お坊ちゃんはイスに座ると、物凄いスピードで宿題をこなし始めた。
 やればできるのに…。
 元々顔だけではなく、頭の方もトップレベル。
 ただヤル気にならないので、夏休みがはじまって二週間も経つのに何にも手付かずだったのだ。
 ここの執事さんが言うには、毎年やらず、家庭教師にやらせていたらしい。
 しかし成績は変わらず良いという。
 …変なお坊ちゃんだ。
 呆れながらも、感心しながら見ていると、約二時間で宿題終了。
「どっどうだ! 全部できたぞ!」
 げっそりした顔で、それでも自慢げに語りかけてくるお坊ちゃんに、アタシは頭を下げた。
「おみそれしました。お坊ちゃん」
「ははっ…!」
 アタシはスタスタと近寄り、宿題を確認した。
 一応眼を通しておかなければ、本当にやったかどうか怪しいものだから。
 しかし彼は全てを本当に終わらせていた。
 これなら大丈夫だろう。
「お疲れ様です。今、何か甘い物でもお持ちしますね」
 頭を使った後は、甘い物を取った方が良いだろう。
「あっ、待った」
 しかし部屋を出て行こうとしたアタシを、彼は呼び止めた。
「はい? 何でしょう?」
 甘い物のリクエストかな?と思っていると、彼はニヤッと笑った。
 …この悪魔の笑みはマズイな。
 何かよからぬことを考えている顔だ。
 しかしアタシは心境を悟られぬよう、ポーカーフェイスを続ける。
「ご褒美、ちょうだいよ」
 そう言って手を差し出してきた。
「ですから今、甘い物を…」
「それとは別! ボクはお前の願いを叶えたんだよ! 何かくれたっていいじゃない」
 宿題は自分の為でしょうが、とは言えない。
 言ってもどうせ、反論されるから。
「ご主人様が使用人に何かねだってはいけませんよ。そもそもお給料は週払いの銀行振り込みなので、今は手持ちがありません」
「誰がお前の金なんてあてにするか! お金じゃなくて、お前が何かしてくれよ」
 踏ん反りがえり、えらそうに命令してくる。
 自分ができること…何だろう?
 格闘技は得意だけど、彼にとっては興味もないことだろう。
「アタシがお坊ちゃんにできることですか」
「ああ、何だっていいよ。することはお前に任せるから」
 人を試すようなことをやりおってからに。
 …少し懲らしめる必要があるな。
 アタシはお坊ちゃんの目の前まで歩き、跪いた。
「何? 足にキスでもしてくれるの?」
 ニヤニヤしながら言ってくる。
 …にゃろう。完全に調子付いている。
 一生仕える主にならともかく、一夏のアルバイトの相手には絶対にしない。
「…そうですね。キス、します」
 アタシは両手を伸ばし、お坊ちゃんの頬に触れた。
 そしてそのまま素早く、唇に、キスをした。
「っ!?」
 動揺が唇から伝わってくる。
 キスは三秒ほどで、終わった。
「―コレがアタシからのご褒美です。満足いただけましたか?」
「おっ前っ!?」
 見る見るお坊ちゃんの顔が真っ赤に染まっていく。
 こういう顔を見ると、まだ中学生なんだなぁと思う。
 いつもはこ憎たらしいけれど、まだまだ子供だ。
 怒鳴られるかと思いきや、彼は口を噤んだ。
 思ったより、刺激が強かったかな?
 お坊ちゃんの眼が泳いでいる。
「…お前、夏休みの間しか、いないんだよな?」
「ええ。高校生ですから」
「ずっとは…いられないのか?」
 まあ高校卒業して、就職先をココにすれば可能だけど…。
「ずっとはムリですね。今年の夏だけなら、いられますが…」
「ダメだっ!」
「えっ…いや、ダメだと申されましても…」
「お金ならいくらでも払う! だからお前はボクの側にずっといろっ!」
 そう言って、お坊ちゃんはアタシをぎゅっと抱き締めた。
 …可愛いなぁ。
 こんなふうに一生懸命な彼の姿を、ずっと側で見続けたいとも思う。
 できるんだろうか? アタシに。
 きっと彼はすぐに成長する。
 そうすればアタシなんか必要じゃなくなるだろう。
 だけど『その時』までは、側にいても良いかもしれない。
 彼の成長を、見続けるのも楽しそうだ。
「…分かりました。お坊ちゃん」
「えっ…?」
 涙でうるんだ彼の頬を優しく撫で、アタシは微笑んだ。
「学校へ通いながらになりますが、お坊ちゃんが飽きるまでお側にいますよ」
「ほっ本当か?」
「ええ。アタシはお坊ちゃんに嘘はつきません」
「どうだか。お前は口が上手いからな」
「本当ですよ。お坊ちゃんがアタシを必要としてくれるまで、側におりますから」
「…ボクはお前を手放すつもりはないぞ? お前みたいな女、はじめてだったし…」
 まあ普通の女の子ではないことは自覚している。
「ずっと…ずっとボクの側にいるんだぞ?」
「はい、お坊ちゃん。仰せのままに」
 アタシは跪いたまま、深く頭を下げた。
「そっそれとだな」
「はい?」
 お坊ちゃんは顔を真っ赤にして、呟いた。
「…もう一度、キスをしろ」
「はい、お坊ちゃん」
 アタシはニッコリ微笑んで、彼にキスをした。
 ずっと側にいるという、忠誠と愛のキスを―。


<終わり>

スポンサーサイト

【2011/11/20 19:41】 | <Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。