フリーのシナリオライターとして活動しています
「う~ん…」
 アタシはうなる。
「どうした? …あぁ、ホラ。口元付いてる」
「んんっ」
 彼に口元をハンカチで拭かれた。
 お昼休み、生徒会室で彼と二人っきりでお弁当を食べていた。
 我が高校の生徒会長が彼だから、こうやって貸切状態でいられるんだけど…。
 ととっ。話がズレた。
「いや、最近よくあることなんだけど」
 彼が作ってくれたお弁当を食べながら、思い出す。
「うん」
「アタシとアンタ、付き合ってたっけ?」
「…うん?」
 あっ、今の微妙な間はマズいかも。
 やっぱり言うべきじゃなかったか。
 彼とは結構長い付き合い。
 でも恋愛感情を持っているかと聞かれても、首を傾げる。
 彼はアタシにお弁当を毎日作ってくれる。
 頭が良いから、勉強も教えてくれる。
 よく二人っきりで遊びに行く。
 アタシのワガママを、何でも聞いてくれる。
 そして時々…キスをしたり、抱き合ったりしている。
 …付き合っていると、一般的には言えるだろうな。
 だから周囲の人達からは、「付き合っているんでしょ?」と言われる。
 でもアタシは否定する。
 だから驚かれる。
 コレが3ケタに入ると、流石のアタシも悩んできた。
 だからうなっていたんだけど…。
「あっあのね! 別にキライじゃないのよ、アンタのことは。でもホラ、近くに居過ぎて家族のようになっているというか、何と言うか…」
 …なっ何か落ち込んでる?
 彼の周囲に、暗雲が見えるんだけど…。
「あぁ、もう分かったよ。オレもハッキリ言わないのが、悪いかなとは思ってたから」
「うん…」
 彼は真っ直ぐにアタシを見つめた。
「好きだよ、お前のこと。小さな頃から、ずっと」
 
どくんっ!

 心臓が高鳴った…せいか。
「ごほっ! ぐほっ! がはっ!」
 息が詰まった。
「だっ大丈夫か?」
「うっうん…」
 告白されてむせるなんて、情けない…。
 ムードの欠片も無い…どころか、女の子としての可愛さが無い。
 でも彼は心配そうに、アタシの背中を撫でてくれる。
 …何で彼はアタシのことが好きなんだろう?
 アタシは冷めた性格をしている。
 けれど彼は優しくて、あたたかい人。
 イケメンだし、温和な性格もしているから、人気が高い。
 だからアタシと一緒にいると、ヘンな眼で見られやすいのに…。
「も、平気だから」
「そうか?」
 げっそりした顔で振り返る。
 彼は優しく微笑んでくれてる。
 だからアタシは…彼に寄り掛かる。
「おっおい、本当に大丈夫なのか? 保健室、行くか?」
「良いの。ココが1番、安心するんだから」
 ぎゅうっと抱き付いて、彼の顔をじっと見つめる。
 彼は心得たように、キスをしてくれる。
 アタシの求める、あたたかなキスを。
「うん、やっぱり良いわね」
「何がだよ?」
「このあたたかさが、よ。手放す気が、なくなるわ」
 そう言って頬にキスをすると、眩しい笑顔がアタシを照らした。


<終わり>

スポンサーサイト

【2011/11/15 19:32】 | <Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック