フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もうすっかり秋だねぇ」
「あっああ」
「食べ物の美味しい季節よね。わたし、焼き芋とか焼き栗とか大好きなの! 毎年ついつい食べ過ぎちゃうのよ」
「へっへぇ~」
 わたしは今、彼氏と一緒に公園を散歩している。
 小高い山の上に作られた公園には、秋の植物がたくさんある。
 金木犀の花が咲き、紅葉も真っ赤だ。
 しかしそれにも増して、彼氏の顔色が真っ赤。
 理由は分かっている。
 わたしと、手をつないで歩いているからだ。
 でも彼氏は少し引き気味で、わたしに引っ張られているカタチになっている。
 何となくオクテの彼氏だけど、優しくてわたしは大好き!
 だから三ヶ月前、わたしの方から告白した。
 それ以来、遊びに行く約束はほぼわたしの方から。
 男友達より優先してくれるのは良いけど…何だか無理やりわたしに合わせてくれているようで、ちょっと申し訳ないかな。
 ふと目の前に紅葉が降って来た。
 手を伸ばして取って、振り返った。
「どっどうかした?」
 ビックリしている彼氏の目の前に、真っ赤に染まった紅葉を差し出す。
「ふふっ。同じ色。真っ赤っか」
「ええっ!?」
 彼氏は片手で自分の顔に触れる。
 熱いことに気付いたようだ。
「可愛いわよ」
「可愛いってねぇ…」
 彼氏はため息をついて、紅葉に手を伸ばしてきた…かと思ったら、わたしの手ごと掴んで…。
「んっ…!」
 いきなり…キスしてきた。
 熱い唇から、熱が一気にわたしに移る。
 一瞬にして、体が熱くなった。
「なっ…」
 すぐに唇は離れたけれど、熱は唇に宿ったまま…。
「…お前の顔も、真っ赤だ」
「あっ当たり前でしょ!? …熱が移ったんだから」
 そう言ってわたしは彼氏の胸に倒れ込んだ。
「おっおい! 大丈夫か?」
「も…死にそうよ」
 心臓がありえないぐらい、バクバク高鳴っている。
 キスをするのは何も今日がはじめてじゃない。
 でも…今日みたいに、彼氏の方からこんなキスははじめて…。
「ごっごめん。でもキスしたくなったからさ。あんまり可愛かったから…」
 …嬉しい。
 やっぱり彼氏の声で言われると、とても嬉しい!
「うん…! ありがと」
「えっ、何でお礼…」
「もちろん、嬉しかったからよ」
 わたしは顔を上げて、背伸びをして、彼氏にキスをした。
「…えっ、ええっ!」
 彼氏の顔が、紅葉以上に真っ赤になった。
「ふふっ。可愛い」
 わたしはそんな彼氏に微笑みかける。
「大好きよ」
「うっうん。僕も好きだよ」
「ううん。きっとわたしの方がもっと好き!」
「ええ~?」
 戸惑った彼氏に、わたしは抱きついた。
「ずっともっと大好きよ!」
「~~~っ! あ~もうっ! 僕だって大好きだってば!」
 強い力で抱き締め返され、熱がまた上がる。
 季節は秋だけど、わたし達の熱はまだまだ冷めそうにない。


<終わり>

スポンサーサイト

【2011/11/11 09:15】 | <Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。