ライバルとのキス

2011.11.10(15:37)

「貴女が好きです」
「………えっ?」
「好きなんですよ、貴女が」
 そんな睨み付けながら言わなくても…。
 目の前にいるのは同じクラスで、同じクラス委員で、男女の関係を飛び越えたライバル…だと思っていた男。
 …なのにいきなり飛び戻って来た。男女の関係に。
「あっあのね? いきなりどうしたの?」
「本当にどうしたんでしょうね。俺としたことが、何でよりにもよって、貴女に恋なんてしたんでしょう」
 …それはコッチが聞きたい。
 と言うか、コレは告白なの?
 全然甘くも無いし、トキメキも無いんだけど。
 整った顔立ちで睨まれると、逆に怖い…。
「でもまあ良く考えれば、貴女ほど可愛い女性はいませんし、優秀な人もいません。俺に匹敵するぐらい成績優秀なのは認めていますし。ああ、人望もありますね」
 …それって後半、自我自尊?
「なので俺は貴女が好きなんです」
「…とても正気とは思えない告白ね」
「ええ、恋は病ですから」
 あっさり言い返された…。
 でもまあ確かに。
 自分を褒めるワケじゃないけど、コイツほど優秀な人物は知らないし、私はそんなコイツとライバル関係にあった。
 お互いの優秀ぶりはイヤってほど知り尽くしているワケだけど…。
 それで何で愛の告白?
 やっぱりどこか、納得いかない。
「ねえ、告白したってことは、私と付き合いたいワケ? それで将来は結婚?」
「ええ、俺はそれを願っています」
 …マジ?
 しかしコイツの顔は真剣そのもの。
 と言うことは………私も真面目に答えなくてはいけない。
 今の私の状況、フリー。
 コイツと付き合うこと、…別に悪い気はしない。
 だけど…。
「付き合うのは良いんだけど…。まだアンタに恋愛感情持っていないわよ」
「別に構いませんよ。貴女を好きにさせる自信、ありますから」
 ハッキリ言って、自信ありげな笑顔を浮かべる。
「大体貴女につり合う男なんて、俺ぐらいなものですよ。貴女だって、他の男なんて物足りなく感じていますでしょう?」
「…まあ、そうだけど」
 過去に何人か告白された。
 でも…コイツと比べてしまい、断り続けてきた。
 …アレ? それってつまり…恋愛に関して、いつもコイツが私の中にいたってコト?
 ……それはつまり、とうに私はコイツのことを…。
「どうしました?」
 ジッと見ていたせいで、逆に見つめ返された。
「…気付きたくないことに気付いただけ」
 告白してきたコイツの顔を、今は私がしているだろう。
 シャクだ…。とってもシャク。コイツの気持ちが本当に分かる。
 だから…私はキスをした。
 私から、キス。
「んぅっ」
 唇を合わせるだけの、軽いキス。
 アイツの体に抱きついた。
「幸せにしてあげる」
「えっ?」
「私の全身全霊全力をもって、アンタを幸せにしてあげるって言ってんの。喜びなさいよ。一生をかけるんだから」
「それって俺のセリフ…」
「良いじゃない」
 私は顔を上げ、真っ赤になったアイツに極上の笑みを浮かべて見せる。
「私達、両思いなんだから!」


<終わり>

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/387-28fb0ab4