フリーのシナリオライターとして活動しています
 私の幼馴染は天然だ。
 家が隣同士で母親達が仲が良かったので、私達は幼い頃から一緒にいた。
 一つ年下の男の子。
 可愛くて、ふわふわした感じがとても好き…だった。
 過去形の理由は、学校に入ってからだ。
 小学校に上がって中々一緒にいられなくなったせいか、アイツはしょっちゅう行方不明になった。
 そのたびに周りは大騒ぎ。
 だから私は出来るだけアイツと一緒にいることを、周りから言われた。
 仕方なく一緒にいて…私はもう高校一年、アイツは中学三年になっていた。
「ウチの高校に? 何で?」
「だってキミと一緒にいられるから」
 アイツがへらっと笑えば、周囲にお花が見えそう。
 …けれど十年の付き合いになる私には効果無い。
「アンタねぇ…。ウチの高校って結構レベル高いのよ? 今から頑張っても厳しいんだから、他のにしなさいよ」
 私の部屋で、二人っきり。
 会話はアイツの高校受験のこと。
 テーブルに高校の資料を広げて見せる。
「あっ、この高校、男子校だけどウチから近いじゃん。レベルもアンタなら平気みたいだし、ここに…」
「ヤダ」
「じっじゃあ、ここは? ちょっと離れてるけど、私立だし悪くないわよ?」
「ヤダ」

 ぶちっ★

「じゃあどこがいいのよ!」
「だからぁ、キミの通っている高校」
 そう言ってどこからかウチの学校のパンフを取り出した。
「ココにしか行きたくない。だから勉強教えて?」
 にっこり笑顔で無茶なことを…!
「だったら塾にでも行きなさいよ。そして家庭教師もつけてもらいなさい。そうすれば、一緒に通えるから」
「えっ? じゃあ合格したら、一緒に学校に通ってくれるの?」
 うっ…。しまった…。
「まっまあ合格したら、ね」
「うん! それじゃ頑張る!」
 頑張るって言っても…コイツの偏差値と、ウチの偏差値は3倍の差がある。
 まあムリだってことを実感すればいいんだ。
 ………そう思っていたのに。
「何でぇ!」
 春。アイツはウチの男子制服を着て、ニコニコとウチの玄関先に立っていた。
「えっ、だって合格したし?」
 しかも首席合格だって言うし!
 私はがっくり項垂れながらも、アイツと学校へ行くことにした。
「嬉しいなぁ。またキミと一緒に学校に通えるなんて」
「…中学時代も一緒だったじゃない」
「うん。でも一年ぶりだから、余計にかな」
 そう言って一年前と同じく手を繋いでくる。
「ちょっちょっと!」
「良いでしょ? そういう約束だもん」
 うぐぐっ…!
 振り解きたかったケド、一年ぶりのアイツの手が予想より大きくて、何となく離れたがった。
「…でも良く頑張ったわね。そこは褒めてあげる」
「ありがと。そりゃ努力したもの。キミとまた一緒にいる為に」
「……いい加減、幼馴染離れしたら? アンタ、もてるんだし、そろそろ彼女の一人でも…」
「えっ? ボク達、付き合ってるんじゃないの?」
 ………。
「はい?」
 突然何を言い出すんだ、このお坊ちゃんは。
「だっていっつも一緒だしぃ。一緒にいるとドキドキするし」
「…私は別の意味でドキドキするけどね」
 いろんな意味で心臓に悪いんだ、コイツ。
「じゃ、改めまして」
 ぐいっと手を引かれ、顔が間近に迫る。
 そしてそのまま、軽くキスされる。
「~~~っ!」
「―キミのことが好きだよ。未来永劫、ずっと一緒にいたい」
「なっなぁっ!」
 言うこととやることが逆だろっ!
 言いたくても頭に血が上って、うまく口が回らない。
「キミだってボクと一緒で、そう悪くは無いと思ってるデショ?」
 …そりゃイヤだったら、とっくに見捨ててるケド。
「それって愛情があるって証拠だよね?」
 そりゃキライではないケド。
「じゃあボクとずっと一緒にいても、良いよね?」
 ………人が黙っているのをいいことに、言いたい放題言いやがって。
 でも何一つ否定できない自分がいる。
 それってやっぱり…。
「…でも私、アンタの面倒見続ける人生なんてイヤよ」
 精一杯の強がりで言ってみた。
「うん、もちろん身の回りの世話はボクがするよ」
 うん? それって…。
「だからキミは外で好きなだけ働いて良いよ。ボクはずっと家でキミを待つから」
 専業主夫宣言!?
「アンタっ! 私に養ってもらう気なの?」
「だってキミの方が出世しそうだし、ボクは働く気無いし」
 ハッキリ言いやがったぁ!
「キミだってその方が良いでしょ? 家でボクが待っていると思えば、頑張って働けるよね」
 確かに…。
「キミって身の回りのことはズボラだし、ボクは家事のことが得意だし。相性ピッタリ♪」
「ケンカ売っているようにしか聞こえないわ!」
「え~心外だなぁ」
 天使のような笑顔で、悪魔の毒舌を言いやがって!
「でも、絶対にボクはキミを離さないから」
 握る手に力が込められた。
「ボクから離れようとしても、絶対に追いかける」
「…まるでストーカーね」
「愛の成せることだよ。勉強も、ね」
 反論できないのが、悲しい。
「だから、ね」
 急に早く歩き出したので、慌てて私も付いて行く。
「ボクとずっと一緒にいよう?」
 輝く笑顔。
 ああ、眩しい。
 現実的な私には出来ない笑み。
 この笑顔、今まで十年以上も見てきたんだ。
 これからも見ていたいと思える。
 私も手に力を込めた。
「じゃあちゃんと私に付いてきなさいよ!」
 …多少、苦労はしそうだけど、
「うん! 大好きだよ!」
 この笑顔が側にあるのなら、それで良い。


<終わり>

スポンサーサイト

【2011/11/09 08:55】 | <Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック