フリーのシナリオライターとして活動しています
「結婚しないか?」
「…はい?」
 突然真面目な顔で言い出した彼に、思わず聞き返してしまった。
 そう、『彼』。
 中学時代からの付き合いで、高校で恋人になったあたしの『彼』。
 が、高校三年の夏、いきなり言ってきた。
「結婚って…良いケド、何でまた突然…」
「いっ良いのか?」
「良いわよ。もう六年の付き合いだけど、アンタがどういう人か、大体は理解出来たから」
 そう言うと、何故かムッツリされた。
「…そんなに簡単な人間じゃないぞ、オレは」
「じゃあアンタはあたしのこと、全然理解していないの?」
「そっそんなことはないっ!」
「なら、ちょーど良いぐらいで」
 ニッコリ笑うと、再びムッツリされた。
「結婚は良いんだけどさぁ、とりあえず、あたしの大学受験が上手くいってからね」
 今日も彼の部屋で勉強会。
 色気の無いったら…。
 でもこういう付き合い、キライじゃない。
「そっそうだな。とりあえず、お前が大学を合格してからの話にしよう」
 そう言って参考書に目を通す彼。
 学年で5番以内に必ず入る彼は、すでに推薦で入ることを決めた。
 けれどいつも真ん中の順位のあたしは、彼と同じ大学に進むにはこの夏を犠牲にしなければいけない。
「あ~あ。海行きたいなぁ、お祭り行きたいなぁ」
「そういうことは順位を上げてから言え」
 すっかり家庭教師モードに入っている彼。
 …今思い出しても、不思議。
 何でいきなりプロポーズ?
「…ねぇ」
「何だ? どこが分からない?」
「プロポーズされたこと」
 あっさり言うと、彼はキョトンとした。
「学生結婚なんてアンタらしくないじゃん? いつものアンタなら、絶対就職して安定してから言うもんだと思ってた」
「…お前、やっぱりオレのこと、理解してないな」
「えっ? そう?」
「ああ」
 彼はメガネを外し、いきなりあたしの腕を引っ張った。
「んんっ…」
 そしてキス。
 あたしも彼の背に腕を回して、体を密着させる。
 少しすると離れて、優しく頭を撫でられる。
 彼があたしを甘やかしてくれる仕種。大好き。
「オレはお前のこと好きなんだ」
「うん」
「愛してる」
「うん」
「だから離れたくないんだ」
 切なく言って、抱き締めてくる。
 …ってちょっと待って。コレってもしかして…。
「…アンタさぁ、あたしが大学落ちるって思ってる?」
 ぎくっ、と彼の体が固まった。
「……それで離れ離れになるって?」
「いっいや、それは…」
 気まずそうに顔を上げる彼。
 あたしはニッコリ笑顔を見せる。
「大丈夫よ」
「えっ?」
「だってあたしもアンタのこと、愛してるんだもん。一緒にいられる為なら、どんなことだって頑張ってやるわよ」
 そしてあたしの方からキスをした。
「結婚なら、なおさら、ね?」


<終わり>

スポンサーサイト

【2011/11/06 00:53】 | <Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック