フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近、アタシには日課になっていることがある。
 朝、玄関を出てすぐに。
「おはようございます」
「ひぃっ!」
 …と、地面から3センチ飛び上がることだ。
 アタシはゆっくりと振り返り…。
「おっおはよう。早いのね」
 いつもより三十分は早く家を出たのに…。
「そりゃあもう! 一時間前から待っていましたから!」
 一時間…。よし、明日は頑張って一時間半前に家を出よう。
「じゃ、行きましょうか」
 そう言ってアタシのカバンを持って、歩き出す。
「ちょっちょっと!」
 一つ年下の彼は、何故だかアタシに夢中。
 日夜、ストーカーと化してしまった。
 ううっ…!
 いくら言ってもやめてくれないし、周りからはもう諦めろという声まで出ている。
 別にキライなタイプじゃない。
 けどストーカーは別っ!
 特に行きも帰りも待ち伏せされたり、電話やメールが頻繁なのは恐ろしいの一言に尽きる!
 …仮にも首席で入学してきたのに、大丈夫なんだろうか?
 いや、頭が良過ぎるとアレというパターンかもしれない。
「先輩、今日の帰り、どうします?」
「えっ?」
「買い物でも行きますか? そろそろ新しい服、欲しがっていたじゃないですか」
 そう言ってニッコリ微笑んでくる。
 背中にぞわわ~と鳥肌がたった。
 何で知っているの? 少なくても彼には話していないことなのにっ!
「先輩が気になっているお店に行きましょうか? 最近駅前に出来たあのお店に」
 何でそんなことまでっ!
 しかも昨日、友達と雑誌を見ながら教室で話していたことなのに!
 軽くパニックになっていると、彼は再び微笑んだ。
「俺、先輩のことなら何でも知っているんです」
 度があるだろうぉ~!



 ―放課後。
 アタシは周囲をキョロキョロしながら、教室から出た。
 一年生と二年生では、授業が終わる時間が違う。
 今日はいつもとは違って、二年生の方が早く終わる。
 だから逃れられるかもしれない!
 アタシは注意を払いながら、遠回りして下駄箱にたどり着いた。
 時間のせいか、誰もいない。
「良かった…」
 ほっとして自分の下駄箱に向かっていると。
「遅かったですね、先輩。遠回りしてたんですか?」
 ぴきっと、顔と体が固まった。
 後ろを恐る恐る振り返ると、彼がいた。
「どっどうして…!」
「今日は一緒に買い物に行く約束してたじゃないですか? 俺が先輩との約束、破るワケないですよ」
 サボりやがった!
「あっあのね!」
 アタシはカバンを握り締め、彼に向き直った。
「そっそういうところ、やめてよ! 怖いのよ!」
「そういうところって?」
「ストーカー的なこと! 恐ろしくて夜も眠れないのよ」
「先輩、それって恋ですよ」
「恐怖体験よっ!」
 ああ、もう! 
 …どうあっても、言うこと聞いてくれない。
「…アタシのこと好きなら、少しは言うこと聞いてくれない?」
「先輩が俺のこと好きになってくれて、付き合うことになったら良いですよ」
 悪循環だ…。
「それにね、先輩」
 顔を上げると、彼はすぐ間近に来ていた。
 そして下駄箱に両手を付き、アタシを逃げられなくした。
「えっ!?」
「俺、先輩の性格を熟知しているんです」
 間近でにーっこり微笑んでも、怖いだけ!
「頼まれたらイヤと言えないこととか、強く出られたら引いてしまうところとか」
 うっ…! それはアタシの短所だ。
「だから俺は先輩の弱いところをついているんです。何があっても、先輩のこと諦めたくないから」
「…その為にアタシが苦しんでも?」
「ええ、俺は自分勝手な性格なんで。先輩の控えめな性格とは相性が良いと思いますけど?」
 良い…んだろうか?
 思わず考え込むと、彼はクスクス笑った。
「ホラ、人の言うことを素直に信じる。そんなところも好きですけど…」
 そう言って、ずいっと顔を近付けてきた。
「俺以外の人にそんな無防備な姿、見せちゃダメですよ」
 今まで見たことの無い真剣な表情に、心臓が痛いくらいに高鳴る。
「だから、俺がずっと側にいて、先輩を守ってあげますよ」
「いっ一番の障害って、キミだと思うんだけど…」
「言いますねぇ。でも否定はしません」
 再び微笑む彼。
「でも先輩だって、俺がいたら安心でしょ? 悪いヤツには絶対に近付けさせませんから」
 あっ、くらくらする…。
 もういろんな意味で、考えられなくなる。
「だから先輩も、俺に夢中になって」
 そして逃げられないアタシに、キスする彼。
 いきなり唇を奪うなんてヒドイ…。
 けれど胸が熱い。
「愛してますよ、先輩。ずっと俺が守ってあげます」
 そして抱き締められる。
 息が出来ないくらいの苦しい抱擁。
 ああ…くらくらする。
 だからだ。
 この腕から逃れないのも、何も言い返さないのも。
 きっと胸が熱いせいだ。

<終わり>

スポンサーサイト

【2011/11/03 00:20】 | <Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。