フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 付き合って三ヶ月。
 その期間はきっと、恋人同士ならば一番楽しい時期。
 なのに…。
 ちらっと横を見る。
 あたしの方からの告白でOKしてくれた彼は、とても無口で無表情。
 全然ふざけなくて、真面目なところに惹かれた。
 OKしてくれた時はとても嬉しかったんだけど…。
 付き合って三ヶ月。
 …付き合う前と、ほぼ変わらない毎日。
 今日もデートの後、彼の家で一緒に過ごしているのに、お互いバラバラのことをしている。
 彼は買ってきた雑誌を読み、あたしは見てきた映画のパンプを見ている。
 …ある意味、同じか。
「はぁ…」
「疲れた?」
「うっううん! めっ眼が疲れただけ」
 そう言って慌ててパンプを閉じた。
 彼は何も無反応なワケじゃない。
 素っ気無いけど、必要最低限の言葉は交わしてくれる。
「今日もいろんなとこ回ったね~」
「ああ」
「どこが一番楽しかった?」
「本屋」
「…そっそう。欲しい本、売ってたもんね」
「うん」
 …てなカンジの会話が日常。
 でも別れたくない!
 好きだし…。
 …でも彼の場合、別れを切り出してもあっさり受け入れそうで怖い…。
 本気であたしのこと、好きなのかなぁ?
「ねっねぇ」
「なに?」
「あっあたしのこと、好き?」
 真っ赤な顔になって聞くと、彼はあたしを見た。
「好きだけど?」
 …返ってきたのは、予想以上にはっきりした答え。
 がくっと、力が抜けた。
 いや、予想は出来てたけどね。
「そっそう。あたしも好きよ」
「うん」
 そう言った彼の顔は少し赤くなっていた。
 …こういう彼の顔を知っているからこそ、余計に好きになる。
 でも毎日不安は募っていく。
 好きだけど…好きなのにこんなに不安になるなんて…。
 これじゃ片思いをしていた頃の方がマシだったような気が…。
 どんどん気分も体も沈んでいく。
 こういう人だって分かってて好きになったはずなのに…。
 贅沢になってしまったのかな?
「ふぅ…」
「…お茶、淹れてくる」
「えっ、あっうん」
 どんよりしているあたしを見かねたのか、彼が立ち上がった。
「紅茶で良い?」
「うん、紅茶好き」
 彼の淹れてくれる紅茶は美味しいので好きだった。
 少し顔を上げて、眼を閉じると―。

 ―唇にあたたかな感触。

「…えっ?」
 眼を開けると、真っ赤な彼の顔。
「…好きだから、お前のこと」
 熱っぽい声と眼に、あたしの心は強く揺すぶられた。
 そのまま彼は部屋を出て行ってしまう。
 けれど、あたしはぼ~としていた。
 ああ、だから…あたしは彼から離れられないんだ。
 あんな彼を知っているのが、あたしだけだから。
 きっと一生離れられない。

<終わり>

スポンサーサイト

【2011/11/01 08:39】 | <Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。