「UNーGO」、面白いです♪

2011.10.28(01:22)

 凄く珍しく、ウチの地域でアニメが始まりました。
 その中の1本は「UNーGO」、ミステリーとホラー/オカルトが入りまじった作品です。
 私、こういう作品好きなんですよね♪ 主題歌もステキでしたし、今後の展開も楽しみです。
 この作品の原作って、坂口安吾さんという今は亡くなった小説家なんですよね。元のお話は戦後を舞台にしているらしいですけど、アニメでは現代に置き換えているとOPで説明文が出ていました。
 そういうアニメって珍しいですよね。特に昔の小説をアニメにするのは(苦笑)。
 でも私が目指す小説家の形でもあります。私は自分が死んでも、作品をこの世に残したいと思っているんですよ。
 私自身の血や名前が消え失せたとしても、作品と作者名だけはこの世界に残したいんですよね。だから小説家を目指しています。
 だから「UNーGO」のように、作品が出来て60年以上の時が経て、作者が亡くなっていても、何かのキッカケでこうやって多くの人の眼に触れる機会があれば良い―と思っているんですよね。
 あっ、もちろん、ちゃんと商業誌デビューして、私の作品を多くの人に楽しんで読んでもらいたいって思いもありますよ? 別に死後のことばかり思っているワケではありませんから(笑)。
 まっ、どちらにしても、デビューしなければ夢語りにしか聞こえませんからね。頑張らねばっ!
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/369-2f4b5abe