フリーのシナリオライターとして活動しています
「何かキミって、エロいね」
「………はい?」
 何を言われたか、一瞬理解できなかった。
 と言うより、頭が真っ白になった。
 生まれて十七年。
 何事にも平凡で無難に生きてきた私に対し、目の前のオトコは一体何を言い出すのか。
 目の前のオトコは、学校で1番イケメンだと言われている。
 言わばカリスマ性のある、美青年だ。
 いつも誰かに囲まれていて(主に女の子)、何事にも率先してまとめ役をしている。
 流行を取り入れた格好をしているが、学生としての態度は真面目で優秀。
 だから彼は多くの人に好かれる。
 そんな人と私が二人っきりで一緒にいる理由は、たまたまだ。
 放課後、食堂近くの休憩場でバッタリ会った。
 そして紙パックのオレンジジュースを奢ってくれた。
 一口飲んで、一息ついた途端のセリフ。
 思わずノーリアクション。
「ジュースの飲み方もそうだけど、存在自体が何となく」
「………地味、ではなくて?」
「うん。エロい」
 …何かの聞き間違いかと思ったけれど、違ったみたいだ。
 彼はにっこりと微笑み、缶コーヒーを飲んだ。
「自覚なかった?」
「全然」
 と言うか、今まで誰にも言われたことなかった。
「俺はずっと思ってたけどな。伏し目がちの時とか、考えている口元に手をやる仕種とか。すっごい色気感じてた」
 今まであんまりしゃべったことがなかったが…人の性格って見た目じゃないと思った。
 軽い会話が得意なハズの彼から飛び出る言葉は、ありえないぐらいセクハラだ。
「あっそう」
 彼にどう思われようと、私にはどうでも良いことだ。
 そう思い、ストローに口を付けようとした時。
 ぐいっとアゴを捕まれ、そのまま―。
「…んっ?!」
 ―唇が重なった。
 唇はすぐに離れたが、頭の中が真っ白になった。
「…言ったろ? 色気を感じるって」
「だからって…なんでキス?」
「欲情したから」
「………」
 絶句。という行動を、私は生まれてはじめてした。
 いや、これはもしかしなくても…。
「………私のことが好きなの?」
「ようやく気付いたの?」
 間近で笑いながら言われても…。
「うん。多分コレが好きって感情なんだろうね。はじめて持った感情だったから、何だかよく分からなかったけど、キスして気付けた」
 私の顔を両手で大事そうに包み込み、彼はとろけそうなほど甘い笑みを浮かべる。
「はじめてキミを見た時から、気になっていたんだ。そしてそのうち、色気を感じてた。コレが恋愛感情なんだろうね」
 …告白の割には、甘くはないが…。
「そっ…」
「うん。だから俺と付き合って」
「………まっ、良いわ」
 彼の両手に触れ、顔を埋めるようにして言った。
 きっと気付かれている。
 私の顔が真っ赤になっていることを。
 『はじめて』の経験をいっぱいさせてくれる彼に、私は心奪われていた。
 ―そう、きっとコレが恋愛感情。



<終わり>
スポンサーサイト

【2011/10/28 00:36】 | <Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック