幼馴染のキス

 小さい頃、結婚式ゴッコをしては、アイツと唇を合わせていた。
 それも小学生になると次第に減っていき、高校生になってからは思い出すことさえなかった。
 …なのに。
「んっ…」
 ……軽く合わせた唇は、意外に熱かった。
 じゃくなくてっ!
「何するのよ! このどあほっ!」

バキッ!

 わたしの左ストレートは、見事にアイツのアゴにヒットした。
 普段は右利きのわたしだが、力を使う時は左手を使うことにしている。
 …と、冷静に考えている場合じゃないっ!
「いってぇ…」
 アイツのメガネが床に転がった。
 けれどわたしは肩で息をしながら、アイツを睨み付ける。
「いきなり何すんのよ!」
「何って…キスだけど?」
「だあああっ! 何でそんなに冷静なのよっ!」
「騒ぐと誰か来るよ」
 ぴたっ、と動きを止めた。
 今は放課後の教室。
 わたしとアイツしかいない空間。
 …フツーの女子生徒と男子生徒であれば、夕日の満ちる誰もいない教室というシチュエーションは、心ときめくかもしれない。
 けれど実際は、数学で赤点を取ってしまったわたしが幼馴染のコイツに勉強を教えてもらっていただけだ。
 一つの机をはさんで、向かい合わせでいた。
 確かに顔は近かった。
 けれどキスを事故でするほど近くはなかった!
「なんでっ…いきなり!」
 頭に血が上る。
 目の前がくらくらしてしまう。
「したくなった」
「…顔が近くにあったからって言ったら、もう一発ぶん殴るわよ?」
「それもあるけど…」
 そう言ってわたしの髪に触れてきた。
 その手の優しさに、思わず胸が高鳴る。
「お前が可愛いから」
「…意味分かんないんだケド」
 そうは言ってみたものの、眼をそらしてしまった。
 あんまりに優しい顔をするから…。
「可愛いよ。今、改めて気付いた」
「今までは気付かなかったの?」
「気付いてほしそうなのは、気付いてたけどね」
「ぐっ…」
 ヤなヤツだ。
 こんな嫌なヤツの為に、可愛くなったわたしはやっぱりバカだ。
 あんなに努力しても、今まで何も言ってこなかったクセに。
 でも何だかんだで一緒にいてくれたことが、とても嬉しい。
「これからもキスしたいって言ったら、怒る?」
「…別に。子供の頃に戻ったようなものでしょ?」
「そうだな」
 …そんなに嬉しそうに笑わないでよ。
 心臓が痛くなる。
「ああ、それに…」
「まだ何かあるの?」
「うん。やっぱりバカなコほど可愛い」
 最上級の笑顔で言ったアイツに、わたしは二度目のストレートを叩き込んだ。



<終わり>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
お手紙はこちらにお願いします
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
同人誌を委託販売しています
CREATE うさぎ屋総本舗 CREATE CREATEの作品一覧
Kissシリーズ
アルファポリスランキング
BL風味・ホラー/オカルト短編集 うそでも良いから欲しい言葉 Fascinated by the darkness 空に月が輝く時 Boys Summer Love! SUN sweet poison 狂恋 甘い鎖 ハデな彼に、躾けられた、地味な僕 アルファポリス・ブログ
クラウドワークス
クラウドワークス
クラウドソーシング
クラウドソーシング「ランサーズ」
プロフィール

sakura

Author:sakura
 現在はフリーシナリオライターとして活動しています。活動記録を掲載していきたいと思っています。「久遠桜」の名前でツイッターもしていますので、よければそちらもご覧ください。仕事の依頼に関しては、メールフォールでお尋ねください。

私の作家としての活動の場です
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ランキングに参加しています





にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング
ニコッとタウン
絵本のような仮想生活コミュニティサイトです☆
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR