フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ウチの高校は女子校。
 まあそれはあたし自身が望んで選んだのだから、文句なんてあるはずがない。
 昼休み、中庭で昼食を食べながら、キャッキャとはしゃぐ生徒達をじっと見る。
「女の子って良いよねぇ。柔らかいし、良い匂いするし。甘やかしてくれるし、優しいし」
 ぼんやり呟くけれど、隣に座る女の子の目がピクッと動いた。
「…アンタ、そのスケベ発言、いい加減にしたら?」
「あたしは素直な性格だから。思ったことを口に出しているだけ。あなたは聞きたくないなら、離れたら?」
「なっ!? どっどこでお昼を食べようと、自由でしょうがっ!」
「まあ確かにね」
 もそもそとサンドイッチを食べながら、再び女の子達に視線を向ける。
「あっアンタってさぁ」
「ん?」
「その…女の子が、好きなの?」
「…ん~、そうだねぇ。女の子も、好きだよ」
 男の子も別に嫌いなワケじゃない。
 ただやっぱり、女の子の方が良いな~って思っちゃうだけ。
「れっ恋愛対象はどっちなのよ?」
「どっちも。別にこだわっていないもの」
「…むっつりスケベ」
「別に隠してないよ」
 そう言いつつ、イチゴミルクをズズーっとすする。
「あたしは甘えたい人には甘える主義だから。そこに男女の壁がないだけ」
「そういうの、見ていると節操ないって感じだけど?」
「かもね~」
 気に入る人は一人とは限らない。
 あたしは本当に甘える時に、甘える。
 体にぺったりくっついたり、手を握ったり、背中に抱き着いたり。
 過剰なスキンシップが好き。
 流石に中学生になると、男の子にするのは躊躇うようになった。
 けれど女の子同士なら、別に何も言われないし思われない。
 …少なくとも、隣の彼女以外には。
「…でもアンタ、アタシにはその…スキンシップ、してこないわよね」
 箸を持ちながらも、彼女は何も食べようとしない。
 じっとお弁当に視線を向けているだけ。
「別に深い意味はないよ? ただ、あなたがそういうの、嫌いみたいだからしないだけ」
「べっ別に嫌いとは言っていないじゃない!」
「でもあたしが他の女の子にべったりくっついていると、すっごくイヤ~そうな顔するじゃん」
「そそそそそっそれはっ…!」
 彼女は真っ赤な顔で、あたしの顔を睨んでくる。
「けどこうやって一緒にお昼、食べることもあるよね。ああ、一緒に帰ることも。何でだろうねぇ?」
 あたしはニヤッと笑って見せる。
「くっ…! アンタって絶対性格悪いわよ!」
「自覚している」
 平然と答えると、彼女は静かに俯き、呟いた。
「…でも、そんなアンタのことが好きなアタシは、趣味が悪いわね」
「…ヒドイ言い方だね。まあ趣味が悪いってことは、賛同するよ」
「あっアンタねぇ!」
 再び怒鳴る為にこっちを向いた彼女に、あたしはキスをした。
「…えっ? えええっ!?」
 彼女はお弁当を抱え、後退る。
「でもあたしも好きな人の趣味、悪いかも? やきもち焼きのツンデレ女の子が好きだなんて、流行に流されているかもね?」
「なっなっ…!?」
「でもまあ案外、相性は良いかもよ?」
 彼女はさっきも言った通り、やきもち焼きのツンデレ。
 あたしは少し無気力的な甘えん坊。
 プラスとマイナスが合うことなんて、小学生でも知っていることだ。
「…ほっ本気でアタシのことが好きなの?」
「うん、割と」
「そういう言い方されたら、信じられないって!」
「でもキスしたのはあなたがはじめて。あたし、スキンシップは激しい方だけど、キスはしないもの」
「うっ…」
「それに他のコとイチャつくと、あなたが面白い顔になるから、つい」
「そう言うところも性格が悪いって言うの! あっアタシのことが本気で好きなら、もう…他のコに必要以上のスキンシップはやめてよ」
 と、泣きそうな顔で言われると、ぐらっと来てしまう…。
 人肌に触るのは好きだし、触れるのも好きなんだけどなぁ。
「ああ、じゃあこうしようよ」
「なに?」
「これからはあなた専門でスキンシップをする。他のコにはしない分、あなたにいっぱい触るけど、それでも良い?」
「触るって…どれぐらい?」
「今まであなたが見てきたぐらい?」
「かなり疲れそうなんだけど…」
「じゃあ他のコに…」
「わああっ! 分かった! アタシに触れても良いからっ…ちゃんと約束は守ってよ?」
「分かった。それじゃあ、はい」
 あたしは笑顔で彼女に両腕を広げて見せる。
「えっ?」
「あたしの腕の中においで~」
「ええっ!?」
 彼女は真っ赤になるけれど、少しの間考えて、ため息をついた。
「…分かったわよ」
 そして渋々、あたしの腕の中に来た。
 あたしは後ろから彼女を抱きしめる。
 いわゆるラッコ抱っこ。
「…こうなると、アンタがゴハン、食べにくいんじゃないの?」
「あたしはもう食べ終えちゃった。ん~。やっぱり女の子は良いねぇ」
 髪の毛はサラサラで、良い匂いがする。
 体も柔らかくて、あったかい。
「ちょっと…。あんまり引っ付くと、ゴハン食べれないって」
 ちょっと困った顔で言われるけれど、本気では嫌がっていないことは分かる。
「ゴメン」
 そうしてあたしは腕の力を抜いた。
「んもう…。こんなんじゃ、先が思いやられるわ」
「好きな子には余計にくっついていたいタイプなのかも」
「よく言うわ。ただスケベなだけじゃないの?」
「好きな子相手には、誰だってそうならない?」
「ぐっ…! ふっ普通は黙っているもんなの!」
「じゃあ黙って、くっついてる」
 そう言って彼女に、ぎゅっとくっつく。
「そう言う…意味でもないんだけど。まあ、良いわ。もう」
 あたしの腕の中でご飯を食べる彼女を見て、何か幸せな気分になれる。 
 最初はただ、彼女の反応が面白かっただけ。
 でも今では…一人占めしたいと思うようになった。
 彼女にしか触れたいと思わなくなるのも、時間の問題かもしれない。
 けれど目線はついつい、他の女の子達に向かってしまう。
「あっ、あのコ。色白でちょっとぽっちゃりしているね。触ったら、気持ち良さ…」

 ドコッ!

 と腹に肘鉄が入れられ、続きは言えなかった。
「このどスケベ! アンタはアタシだけを見て、触っていれば良いのよ!」
 涙を浮かべながら振り返った彼女に、キスをされてしまった。
 …うん。やっぱり彼女に夢中になるのは、そう遠くはないな。



<終わり>
スポンサーサイト

【2011/10/24 20:18】 | <Girls Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。