フリーのシナリオライターとして活動しています
 アタシの好きな人は、女の子。
 同じ小学5年生とは思えないぐらい落ち着いていて、キレイな彼女が好き。
 でも…彼女は別世界のような人。
 上級生からも告白されるし、雑誌ではモデルをしているし…。
 勉強はいつもほとんど100点だし、スポーツだって…。
 あっ、自分が情けなくなってきた。
 彼女と同じクラスになれただけで、十分だ。
 今日も遠くから彼女を見つめる。
 見ているだけなら…良いよね?
 彼女を見ている人なんて、他にいくらでもいる。
 その他大勢の一人で良いの。
 誰にも言わないから、何も言わないから。
 好きでいさせて。



 あたしの通学路は、土手。
 広く底の浅い川の土手の土道をとことこ歩く。
 土手沿いには桜の木が植えられていて、春になるとここを通るのが毎朝楽しくなる。
 でもここはいつ通っても、気持ち良い。
 夏の緑の匂いと、川の涼しい音色がまたステキ。
 一人でとことこ。
 ぼんやり欠伸をしながら帰り道を歩く。
「ふぁ~あ」
 周りに誰もいないので、大きな欠伸を隠さずにする。
 昨日は夜更かししてしまった。
 理由は彼女の特集雑誌が出たから。
 秋物の洋服に身を包んだ彼女を見ていたら、思わず夜遅くなってしまった。
 昨日発売されたばかりの雑誌を持ったクラスメイト達が、今日彼女を囲んでいた。
 彼女は笑顔で相手してたけど…。
 雑誌が発売されるたびに、アレじゃあ疲れそう。
 ウワサではテレビ出演の話まで来ているみたい。
 そうなったら、あんまり学校には来ないようになるだろうな。
 …せめて、小学校を卒業するまでは………ううん。
 同じクラスでいられるうちは、出来れば彼女と一緒にいたい。
 でも、儚い願いだろうな。
 ウワサじゃ学校で一番人気の男子、生徒会長と付き合っているって言うしなぁ。
「はぁ…」
 アタシが男の子だったら…今と大して変わらないか。
「どうしたの? ため息なんてついて」
「えっ!」
 振り返ると、彼女がいた。
 笑顔で、一人で、彼女が、いた。
「えっ、えっ? どっどうしたの?」
「今日はこっちから帰りたかったの」
「そっそう」
 彼女の家、ここら辺だったっけ?
 首を傾げると、彼女はアタシの手を取り、歩き出す。
「一緒に帰りましょう」
「えっ? あっ、うん」
 彼女は笑顔。…逆らえない。
 しばらくは何も話せなかった。
 彼女は鼻歌を歌って、上機嫌。
 だけどアタシは何だか居心地が悪くて、話し出した。
「雑誌見たよ! 可愛い服を着てたよね」
「そう? ありがと、嬉しい」
 うっ…! モデルスマイルと分かっていても、彼女の笑顔はまぶしい。
「良いよね、ああいう服が似合うって。アタシなんていっつもボーイッシュ系ばっかり着てるから、うらやましくって」
「でも似合っているじゃない。可愛いわよ」
「あっありがとう」
 えへへ、と笑う。
 お世辞だと分かっていても、嬉しい。
「ねぇ、好きな人、いる?」
「えっ!」
 思わず声が裏返ってしまった。
「いっいることはいるけど…」
 目の前に。
 彼女はいきなり立ち止まり、振り返った。
「―誰?」
「えっ?」
「好きな人」
 なっ何か眼が怖い…。
 顔は笑顔なんだけど、眼が笑っていない。
「ええっと…。そっそういうキミは?」
「わたしの好きな人は目の前にいるわ」
「………えっ?」
「アナタのことよ」
 そう言って、アタシを指さしてきた。
「えっ、何で!」
「何でって、好きだから。他に理由はないわ」
 たっ確かにそうだろうけど…。
「それで、アナタの好きな人って誰?」
 ぎゅうっと手を強く握られる。
 いっ痛い。これって嫉妬!?
「あっアタシの好きな人は…」
「うん」
「めっ…目の前に」
 そしてアタシは彼女を指さした。
「えっ? わたし?」
「うっうん」
 首を縦に振る。
 すると彼女は輝く笑みを浮かべた。
「なぁ~んだ! 心配して損した!」
「わっ!」
 いっいきなり抱き付かれた!
「ずっと心配してたのよ。付き合っている人とかいるんじゃないのかなって」
「そっそれを言うならキミだって、生徒会長とのウワサがっ…!」
「ウワサはウワサよ。彼とは悪友なだけ」
 あっ悪友って…。
「ふふっ。でも嬉しいわ」
 間近で見られる彼女の笑顔に、頭に血が上る。
「これからよろしくね」
「えっ、よろしくって…」
「もちろん、こういうことよ」
 そう言って、彼女はアタシにキスをした。
 甘く、柔らかな唇。
「ん~!」
 すぐに離れて、彼女はわずかに赤くなった顔で、額と額をくっつける。
「わたし、嫉妬深いんだから」
「そっそれを言うならアタシだって!」
彼女のことが好きだから。近付く人にはみんな嫉妬している。
「うん、とっても嬉しい!」
彼女は再び歩き出した。
「これからわたしの家に行きましょう。いっぱい話したいことがあるの」
「うっうん!」
「家に帰ってからも、毎日電話とメールしてね? 休日はデートで、登下校も一緒よ!」
「うっうん…」
 ちょっちょっと、しんどそうだけど…。
「それから…」
「まっまだあるの?」
「もちろん!」
 眩しい太陽の光を浴びながら、彼女は輝く笑顔を見せた。
「毎日好きって言って、毎日キスしましょうね!」
 まっ毎日…。
 ちょっと考えたけれど、それも良いかもと思った。
 だって、繋いだ手の感触が、とても心地よかったから。



<終わり>
スポンサーサイト

【2011/10/19 00:10】 | <Girls Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック