フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あっあのあの、一目見た時から好きです! ぜひわたしと付き合ってください!」
 …ツッコミどころの多い告白だな。
 思わず冷静に思ってしまった。
 ……と言うかまず、ツッこむところが一つ。
「あの、アタシ、女なんだけど…」
「はいっ! 知っています! 先輩っ!」
 ………そうか。男には見られていなかったことに、ひとまずほっとした。
 まあ髪の長い男はあんまりいないからな~。
 などと考えている場合じゃないか。
 相手はアタシと同じ制服だけど、色が違う。
 この色は一学年下…。そういえば「先輩」って呼ばれたっけ?
 目の前にいる彼女は、入学当時から目立っていた。
 理由は可愛いから。
 そして………かなりのブリッ子だから。
 それを隠そうともしないのが、ある意味、潔い。
「ええっと、ゴメン。あなたと関わった記憶が無いんだけど…」
「えっ…。…そうなんですか」
 彼女は見て分かるほどに落ち込んだ。
「ゴメンね。でも言ってくれたら思い出すかも…」
「あっ、はい! 実はですね!」
 …立ち直りの早いコだ。
 そして彼女が言うには一ヶ月前、学校の帰り道でしつこくナンパされていたところを、アタシが助け出したという。
「…あ~。確か廊下で二年の男子に絡まれてた…」
「はいっ! あの時はちゃんとお礼もしないで、すみませんでした」
 頭を下げられ、慌てた。
「うっううん、良いのよ。結構アタシ、ケンカっ早いからさ」
 そのせいか……男よりも、女の子に人気がある。
 彼女みたいに告白する子も、一ヶ月に一人はいる。
 ちなみに男だと一年に一人いるかいないか…。
 無表情で、男10人相手してもへっちゃらなせいだろうな。
「先輩、困っている女の子を見て見ぬフリはできないんですよね。ステキです!」
 …まあそれもあるけど。
 血の気が多いのが原因だろう。
「そんな先輩の、特別な女の子になりたいんです!」
 うわ~、ハッキリ言うコだなぁ。
 でもまあ悪い気はしない。
 アタシ元々、恋愛対象で性別こだわらないしなぁ。
「でもアタシと付き合ってもおもしろくないと思うわよ? 格闘技が趣味だし、ガサツだし」
「全っ然構いません! 先輩はそのままで良いんです! ただわたしを好きになってくれれば!」
 こっ拳をつくって力説されてもなぁ。
 このコ、確かにブリッ子だけど憎めない可愛さがある。
 付き合ったら、アタシが人付き合いがヘタな分、フォローしてくれそうだな。
 …って、いけないいけない。
「でっでもね…」
「ダメですか?」
 うっ…。今度は大きな目に涙をうるうるさせて、見上げてきた。
 …そうか、こうされたら女でも弱いんだ。
「ダメってことはないけど…。あなた、可愛いし。明るくて楽しい子だから」
「じゃあ、OKですか!」
 どっどーしてそうなる?
「大丈夫です! 先輩を幸せにする自信あります! だから…」
 ふわっと彼女の良い匂いがした。
 …と思ったら。
「~~~っ!」
 キス、された。
 とっ唐突な子だ…。
「わたしだけのお姉様になってください!」
「おっお姉様?」
 なっ何か違う…。
「はい! わたしだけの愛しい人…」
 うっとりして、見上げる目から逃げられない。
「ぜぇ~ったいっ! わたしが幸せにします!」
 コレは………カクゴするしかないのか?
「よっよろしくお願いします」
「はい♪」
 ヤバイだろう…ヤバイけど、この子からは逃げられる気がしない。
 いや、もういろんな意味で。
 捕らえられたのは彼女ではなく、アタシの方…?



<終わり>
スポンサーサイト

【2011/10/18 01:22】 | <Girls Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。