バレンタインのキス

2011.10.12(17:51)

 ボクは今悩んでいます。
 もうすぐバレンタインデー。
 女の子達は楽しそうに、そして男の子達も浮き足たって見えます。
 けれど今のボクは、きっと暗雲を背負って見えていることでしょう。
 原因は…あの人。
「ねぇねぇ」
 来た!
「チョコ、用意した?」
 いくら男子校だからと言って、昼休みにいきなり背後から抱き付かれれば、視線は集まります。
 なので。
「ちょっ…やめてくださいよ! 後で売店で買っておきますから!」
 と嫌がって見せますが、相手はくせ者。
「え~? そんなんじゃなくて、バレンタインの…」
「わーっ!」
 慌てて彼の口を塞ぎました。
「ちょっ、こっちへ!」
 彼の手を掴み、ボクは人気の少ない階段の踊り場に来ました。
 屋上は立ち入り禁止になっているので、屋上に近い踊り場は内緒話をするのにもってこいだからです。
「いきなり人前で何を言い出すんですか!」
「もうバレていると思うよ?」
 ガクッと肩を落としました。
 そう…彼は目立つ存在です。非常に。
 理由はこの高校の生徒会長だからです。
 そしてボクは生徒会書記。
 知らない人がいないほど、ボク達は有名なのです…。
「キミと付き合いはじめて、もう5年も経つんだしさ。いい加減、諦めたら?」
 …ボクは選択を間違えたんでしょうか?
 有名私立中・高学校として名高いこの学校に合格できた時は、スゴク嬉しかったです。
 中等部の入学式の前、運命的に…いや偶然にこの人と出会ったのが始まりでした。
 首席合格者として、新入生代表で挨拶をした姿が眼に焼きつきました。
 その後、同じクラスになって、一緒に過ごすようになって…。
 彼が1年生ながらも生徒会長に立候補したいと言い出した時には、さすがに驚きましたよ。
 でもその時、ボクも生徒会に入って欲しいと言われた時は…素直に嬉しかった。
 そして見事、ボク達は生徒会入りをしたら…いきなり彼から告白されて、浮かれていた気分もあったせいで、ボクは告白を受け入れてしまったんですよ、ハイ…。
 回想終了。
 …後悔倍増。
「今年のバレンタイン、海外で過ごそうっか?」
「…次の日学校ですから、お断りします」
「え~? じゃあ日本の別荘なんかはどう? ヘリを使えば、登校時間に間に合うよ?」
 そしてこの人はバカ坊(バカなお金持ちの坊ちゃんという意味です)でもありました…。
「朝からヘリ登校なんて、疲れるからイヤです」
「ぶー★ じゃあもうホテルで良いよ。最上階の…」
「だからそういう会話を学校でしないでくださいってば!」
 彼の口を両手で塞ぐと、ニヤッと笑いました。
 うっ…。この笑いは何かを企んでいる顔です。

ペロッ

「うっわぁっ!」
 手をっ…手を舐められたっ!?
「アハハッ。その反応、可愛い♪」
「~~~っ! あなたって人はぁ!」
「だって本気になってくれないんだもん。オレはいつだってキミに本気なのに」
「だったらそうは思えない行動をしないでくださいよ! いっつもふざけているようにしか見えません!」
「あらまっ」
 そういう態度がふざけていると言うのに!
 …全く通じていないのが、悲しいを通り越して、虚しくなりました。
「それにしても、甘いなぁ」
 ぺろっと唇を舐めた彼の眼に、危ない光が宿ったのを見て、ボクは一歩後ろに下がりました。
 こういう眼をしている時の彼に近付いてはいけません。
 ハッキリ言って、危険だからです!
 でもボクの運動神経は並み。
 人よりズバ抜けている彼の手に捕まるのは、あっという間のことでした。
「何で逃げるんだよ?」
「何かメチャクチャ身の危険を感じたからです」
 両手首を捕まれ、身動きできないボクの顔を、彼は楽しそうに覗きこみました。
「そんな顔しないでよ。オレはキミの恋人なんだよ?」
「知っていますよ!」
 そんなこと…言われるまでもないことです。
 彼の眼が怖くて顔を背けると、今度は首筋を…!
「なっ何で舐めるんですか!」
「だって甘くて美味しいんだもん」
 そう言って今度は頬を!
「ちょっチョコならちゃんとバレンタインデーに渡しますから!」
「あっ、もう用意してくれた?」
「しましたよ!」
 高級チョコを彼は食べているから、ボクは簡単な手作りのチョコを毎年渡していたんです。
 それでもボクの手作りということで、彼は喜んで食べてくれます。
 すでに材料は買ってあるので、後は作れば良いだけの話なのに…この人は!
「いい加減にしないと、チョコあげませんよ?」
「うっ…。それは…困る」
 彼が手を離してくれたので、ボクは距離を取ることができました。
 本気で困っている彼の顔を見ると、かっ可愛いとも思えなくもないですけど…。
 …やっぱり困った人です。
「ん~。でもホテルもダメ?」
 まだ言いますか!?
「街の中に良いホテル建てたんだよ。そこの最上階で、ね?」
 ボクの手を掴み、キスする姿はまるで王子様のように見えなくもないですけど…。
 付き合い、長いですからね…。
「…分かりました。でも! 学校には間に合うようにしてくださいよ?」
「分かってるって♪ 代わりにチョコ、ちゃんと用意してよ?」
「はいはい。…それで、いつまで手を握っているんですか?」
「できればずっと繋いでいたいなぁ。一瞬でも離れたくないって言うのは、本気の本音」
 そう言ってまたキスをしてきました。
「…ほとんど一緒にいるでしょう?」
「ううん。離れている方が多い。それに2人っきりの時間は短いよ」
「学校に通っているんだから、しょうがないですよ」
「あ~あ。学校なんてかったるい。…ねっ、結婚しようか?」
「はあっ!?」
 天才とバカは紙一重と言いますが、とうとうバカの方が大きくなったんでしょうか?
「来年、高校卒業するよね? そしたら外国行って、結婚しようよ」
「なっ何を…」
 バカなことを、とは続けられませんでした。
 …いきなりの言葉に、頭の中が真っ白になったからです。
「だって不安なんだ。オレの見てないところで、キミに何かあったらどうしようって思ってる」
「何も無いですよ」
「分かんないじゃん。いつ何時、何が起こるか分からないし」
 まあ一理ありますね。
「だから永遠を誓ってほしい。もちろん、神サマじゃなくて、オレにね」
 ニッと笑って、近付いてくる唇。
「んっ…」
 眼を閉じるのと同時に、キスされました。
 …この時だけは、キスだけは、彼の本気が伝わってきます。
 熱くて、甘くて、そしてとても切ない気持ちにさせられるから…。
「大好き。愛しているよ。世界中の誰よりも」
 耳元でささやかれる声も熱くて…溶けてしまいそうになります。
「…知ってますよ。ボクだって、あなたのことを愛してるんですから」
 恥ずかしくて、彼のようにいつも言えるワケではないですけど…ボクは彼を愛しています。
 …いや、言ったら調子に乗るから、言わないんでした。
「あっ、もうチョコの用意は済んでんだよね?」
「そうですよ? …何ですか? 食べたい物が変わりました?」
「うん、まあ、ね。でもキミが年に一度、作ってくれるものだしなぁ」
「別にチョコじゃなくても、簡単な料理なら作れますよ?」
 クッキーとか、サンドイッチぐらいならまあ…。
「ううん、そうじゃなくてさ」
 ぎゅっとボクに抱きつくと、彼はとんでもないことを言ってきました。
「…食べるのは、チョコじゃなくて、キミが良いなって」
「なぁっにを…!」
 やっぱりこの人、バカ坊です!



<終わり>
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/343-e5080ed9