おねだりのキス

2011.10.08(01:08)

「ねぇ、キスして良い?」
「―はい?」
 その日、オレはアイツと勉強会をしていた。
 学校でも指折りの頭の良さを持つコイツの部屋で、二人っきりで勉強をしていた。
 …はず、だった。
 なのにいきなりの言葉に、頭の中が真っ白になってしまう。
 ああ…せっかく覚えた数式が消えていってしまう…。
「じゃなくてっ! 何いきなり言い出してんだよ?」
「だって、キスしたいもん」
「…高校3年生の男が、もんとか言うな。気色悪い」
「あっ、ヒドイ」
 黙っていればインテリ系の美青年に見えるコイツが、同性であり、また目立たないオレとキスしたがる理由が分からない。
「発情しているなら、女の子を相手にしろ。その方が良いだろう?」
「良くないよ。俺、お前とキスしたいし」
 …勉強のし過ぎで、頭のネジが飛んだのだろうか?
「お前はイヤ? 俺とキスするの?」
「いっイヤとかの問題じゃなくてなぁ。お前なら可愛い子や美人とすぐにキスとかできるだろう?」
 コイツは頭の良さもそうだが、女の子にモテることでも指折りだった。
「女の子に興味ないもん、俺」
 サラッと爆弾発言していないか? コイツ。
「おっお前ってその…」
「ん? ああ、真性ってワケじゃないよ。男とキスしたいと思ったのって、お前が始めてだし」
 そう言ってニヤッと笑われても…。
「ねぇ、ダメ?」
 メガネごしに上目遣いするなー!
 それにねだるように近寄っても来てほしくない!
「いや、あの、な」
 しどろもどろになり、後ろに下がろうとした。
 けれど一早く、両腕を掴まれ…キスされてしまった。
「んんっ」
 薄い唇が、オレの唇に触れている。
 そう思っただけで、心臓が耳障りなぐらい高鳴ってくる。
「んっ…。どう? イヤ?」
「イヤじゃ…ないけど」
 むしろ口の中が甘い―。
「そっか、良かった」
 嬉しそうに笑うと、もう一度キスしてくる。
「ちょっ…待てって…!」
「やぁだ。言っただろう? 好きだって」
「そりゃオレだってお前のこと、好きだけど…」
「それって、友達としての好き?」
「へっ…?」
「それとも特別としての好き?」
 間近で見るアイツの眼は、真剣そのものだった。
 いつもは柔らかな笑みしか浮かべないのに…。
「俺は特別としての好き、だよ。周囲の人間は俺の頭の良さとか見てくれだけで、接してくる。だけどお前は違った。特別だって、思ったんだ」
「だっだって逆にそんなこと考えながら接するの、面倒だろう?」
「…うん。そういう考えをするお前だからこそ、俺は好きになったんだと思う」
 スゴク嬉しそうな顔をして、今度はぎゅっと抱き締めてくる。
 コイツ…オレが逃げられないように、優しく縛ってきやがって…。
「だからお前にも、特別に好きになってほしいよ。でもキスがイヤじゃないんだったら、望みアリかな?」
「お前…確信犯だろう?」
「どうだろう?」
 頭の良いコイツのことだ。
 絶対、分かっていての行動だろう。
 オレがコイツを拒まず、キスを受け入れることを知っていて…やっているんだ。
「…根性悪」
「期待を持たせるようなことをする、お前の方が悪い」
「言いがかりだ!」
 オレは何も、コイツに期待を持たせようとか思って一緒にいたワケじゃない。
 ただ…男達からは遠巻きにされ、女の子達に囲まれても作り笑いしか浮かべないコイツを見て、ほっとけなかったんだ。
 一緒にいて、気付いたこともある。
 一見は好青年に見えるけれど、本当は甘えるタイプだったこと。
 頼ると言うよりも、甘えられることの方が多い。
 人のいる所では止めるように言っているからしてこないけど、今のような二人っきりの場合は、過剰なスキンシップをしてくる。
 後ろから抱っこされたり、頭や髪の毛に触れてきたり…。
 手を握ってきたり、頬を撫でてきたりと、まるで恋人に触れるかのような優しさで、オレに触ってきた。
 不思議とオレもイヤとは思わなかったんで、好きにさせていた。
 だってオレに触れている時のコイツの顔が、あまりにも幸せそうだから…。
「ねぇ。これからもいっぱいキスして、触りたいって言ったらイヤ?」
 オレの眼を覗き込むようにして、甘い声で聞いてくる。
 ―ああ、そうだ。
 一緒にいて、思ったことはもう一つ、あったんだ。
 それはオレもコイツのことが…。
「いっイヤじゃない…。だって…オレにとっても、お前は特別、だから…」
 消え入りそうな声で、それでも一生懸命に言葉に出した。
 すると今まで見たことのないぐらい、甘く優しく微笑んだ。
「あっ…」
「嬉しいよ。じゃあこれからは遠慮なく、キスしたり、触ったりするね」
「…キスはともかく、触るのはいつものことだろう?」
「ふふっ。今までみたいな触れ方だと思わない方が良いかもよ?」
「えっ…」
「覚悟してね?」
 悪魔の微笑みを浮かべ、再びキスをしてくる。
 何かもう…このキスの甘さで、良いかな?と思ってしまった。



<終わり>
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/337-4f3df704