病のキス

2011.10.01(18:44)

「うう~。具合悪ぃ…」
 誰もいない保健室で一人、呟くオレは何てサミシイヤツなんだ。
 でもしょーがない。
 保健の先生は用事があるとかで、一時間は留守にするらしいし、他の生徒はいないし…。
 オレはと言うと、ちょっと病弱体質で、この保健室はすでに常連だ。
 今日も貧血で、一時間目からダウン…。
 高校も2年目なのに、オレ、将来大丈夫か?
 まあ今はこのままベッドで寝てしまおう…。
「オイッ! 大丈夫か!」
 …と思っていたのに。
 同じクラスで保健委員のアイツが、保健室に飛び込んできた。
「倒れたって聞いて…」
 倒れちゃいねーよ!
 …ちょっとふらついただけだ。
 にしても、コイツ今頃来たのか?
 今朝来ていなかったから、安心していたのに。
「も~俺、ビックリしてさ。慌てて来たんだけど…」
 こっちへ来る気配。
 面倒だから、寝たフリをしよう。
「それでさ、…アレ?」
 シャッとカーテンが開く音。
「…寝てんのか?」
 聞かなくても見りゃ分かるだろ!
「寝てんのか。しょうがないな」
 ズズッとイスを引きずってくる音。
 …居座る気かよ。
「も~ホント、ビックリしたんだぜ? 俺がいない時に倒れるなよ」
 無茶言うなよ! 
 こっちだってこんな体質、イヤになってんだから!
「ホント、心配で目が離せないって言うかさ。俺、いっつもお前のこと考えてるんだ」
 知るかっ!
 …と言っても、そうなった理由はオレにあるワケで…。
 思い起こすこと高校の入学式。
 入学式には耐えられた。
 けれど教室へ向かう途中で耐えられなくなって、倒れかけたところで、コイツに支えられた。
『大丈夫!?』
 …その後、よりにもよってお姫様ダッコで保健室まで運ばれた。
 回復した後、礼よりも先にゲンコツをくらわせたのは言うまでもないことだ。
 その後、縁があったのか。
 1年、2年と続いて同じクラス。
 そして委員を決める時、コイツは保健委員に立候補する。
 …まあ理由は分かるけど。
「…俺、どーしよ? お前のことを心配しすぎで、これからのこと考えらんねーよ」
 知るか!
 お前の成績が悪いのは、オレのせいじゃない!
 怒鳴りたい気持ちを押さえ、目を閉じ続ける。
「……そんでさ。こんなに心配になるなら、いっそのこと、ずっと一緒にいようかと思ってさ」
 ぎしっ…とベッドが軋んだ。
「ずっと…お前の側に」
 顔が近付く気配。
 思わず目を開けると…目を閉じたアイツの真剣な表情が写った。
 だからだ。
 …キスを許したのは。
 熱くて、震えている唇を心地良く感じてしまうのは、きっとオレの体調が悪いからに違いない。
 ……ずっとこのままでいたいなんて思ってしまうのも、きっと……。
 唇を離したアイツは目を開けて、固まった。
「あっアレ? いつ起きてた?」
「…ずっと、だ」
「えっ? …あっ、寝たフリ!?」
 途端にアイツの顔が真っ赤に染まる。
「ずっズルイ!」
「何がだよ。寝ている病人に、勝手にキスする方がずるくないのか?」
「ふぐぐぐぐっ…!」
 言いつまるアイツの首と頭に手を回して、引き寄せた。
「んんっ…」
 …ああ、やっぱり気持ち良い。
「…えっ? なん、で…?」
「責任、取ってやるよ」
「えっ!」
「一生、オレの側にいろよ」
 そう言って頬を撫でると、ボロボロ泣き出した。
「うん…、うんっ! 大好き!」
「オレも好きだ」
 そうして再びキスをする。
 心が浮き立つような、甘いキスを。



<終わり>
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/327-1f44b332