演技のキス

2011.09.29(19:40)

 俺は彼と向かい合う。
 手を握り、俺は言った。
「―お慕い申し上げます」
「ええ、私も愛していますよ」
 そうして二人は熱い口付けを…。
「交わしてたまるか」
 ぐいっと彼の顔を押した。
「ふぐっ!」
「まっ、客席からはそう見えるようにすれば良いか」
「えっ、でもそれじゃリアリティーに欠けない?」
「欠けて結構。誰もそこまで望んでいない」
「…それは現役演劇部員の言ってはいけないことだよ」
 俺は彼の言うことを無視して、脚本に目を通した。
 今度の文化祭で俺達、演劇部は戦国時代の物語を公演する。
 俺が演じるのは、小国のお姫様。
 彼はお姫様の敵国の息子。
 二人は政略結婚で結ばれるも、二つの国は争いを始めてしまう。
 それでも二人は添い遂げようとして…。
「…このラスト、本当の戦国時代だったら無しだったな」
「そうかな? 表に出ないだけで、案外アリだったかもよ?」
 彼は笑いながら言った。
 …演劇部の中で、1番のイケメンだと言われている彼は、だが演技の方はイマイチだと…一部から言われている。
 まあヒガミとかネタミとか、人にはいろいろあるからな。
 男子校でも、目立つヤツはイロイロある。
 彼は何かと人目を集めやすいので、今みたいに2人きりで部室で練習と言うのも珍しくは無い。
「最後は二人、手に手をとって駆け落ちってラスト、ボクは好きだけどな」
「…そうだな。まっ、観客受けはするだろうな」
「ならさ」
 彼はいきなり俺の腕を掴んだ。
 脚本がバサッと床に落ちる。
「やっぱりキスシーンは必要だと思うけど?」
 間近に迫る爽やかイケメンフェイス。
 …しかし腹は黒い。
「―貴方だけを愛しています」
 そのまま顔が近付いてきて、
 唇が、
 重なった。
「………」
「アレ? 無反応?」
「~~~っ!」

 ドカッ!

「うごふっ!」
「…役者だからな。顔は止めて、腹にしといた」
「そっそれはっ、どうも…」
 彼は腹を抱え、うずくまった。
「…まっ、キスシーンは無しでな」
「はっはい…」
「二人きりの時…以外はな」
「はっ…って、えっ?」
 彼が顔を上げたので、俺は慌てて向こうを見た。
「それって…二人っきりなら、良いってこと?」
 後ろで近付く気配。でも動けない。
「ちゃんとボクの気持ち…分かってる?」
 そして後ろから抱き締められる。
「…ああ」
「じゃあ、あのセリフ。言って…?」
 俺は顔だけ振り返って、彼に言った。
「お慕い…申し上げます」
「ああっ…! 愛している! 貴方だけを!」
 息苦しいほどの抱擁。
 演技か真剣なのか…。
 出来るなら、ずっとこのままが続けば良いと思った。



<終わり>
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/325-ed346b64