フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 オレには好きな人がいる。
 でもその人は高校三年生で、オレは高校一年生。
 しかも部の先輩、後輩。
 …あげくの果てには、男同士。
 絶対、ムリっ!
 だって先輩、大学生になったら彼女欲しいとか言ってたし!
 ……オレのこと、いつも

「可愛い後輩」

 としか言わないし。
 絶望的だ…。
 でも…告白しない方向はナシで。
 先輩と会うたびに、気持ちが爆発しそうになる。
 だから終わりにするんだ…。
「何だいきなり呼び出して」
 放課後、部活が休みの時に、先輩を部室に呼び出した。
「あの…言いたいことがあって」
「うん? 何だ、相談か?」
 先輩は何も知らず、ニコニコしている。
 …ちょっと罪悪感を感じる。
「あの、先輩ってオレのこと、どう思います?」
「可愛い後輩だ」
 ……何だろう? 今、イラっときた。
「一年生の中でも、俺に一番に懐いているしな。顔も性格も可愛いしな」

 ブチッ★

「…も、良いです」
「そっか? そんで、何の話なんだ?」
 この人には言葉よりも、行動で伝えた方が良いみたいだ。
「ちょっと屈んでもらって良いですか?」
「こうか?」
 ムカツクことに、先輩の方がオレより頭一つ分身長が高い。
 なので顔の位置がちょうど良くなったところで、オレは先輩の頭をガシッと掴んだ。
 そして―キスをした。
 唇をただぶつけるようなキスを。
「っ!」
 そしてすぐに離れる。
「―オレの言いたいことは、コレだけです」
 そう言って部室から飛び出した。
「おっおいっ!」
 そのまま廊下を走り出す。
「待てって!」
 でも10メートルしか進んでいない所で、先輩に捕まってしまった。
 後ろから抱き締められ、先輩の匂いや体温を感じてしまって…オレは逃げられなかった。
「…すみません」
「何で…謝るんだ?」
「先輩、彼女欲しいって言ってたのに…キス、してしまったから…」
「そんなのダチとの会話の社交辞令みたいなモンだ。…本当に欲しいなんて、思っちゃいない」
 オレを抱き締める先輩の腕に、力がこもる。
「…それで、俺に言いたいことって?」
「えっ?」
「ハッキリ言ってくんなきゃ、分からないだろ? 特に俺は鈍いから…」
 鈍い…。
 確かに先輩は鈍い。
 だからはっきり言わなきゃ…。
「…きです。好きです、先輩」
 精一杯声を振り絞った。
「…こっち向け」
 言われて、オレは顔だけ振り向いた。
 先輩は真っ赤な顔で、キスしてきた。
「んっ…」
「やっぱり可愛いよ。お前は」
「…それって褒め言葉ですか?」
「もちろん。俺はお前しか可愛いと思わないから」
 …なるほど。
 それはつまり―愛の言葉か。



<終わり>
スポンサーサイト

【2011/09/26 00:15】 | <Boys Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。