フリーのシナリオライターとして活動しています
 いきなり、キスされた。
「んんっ!」
 両手を壁に押し付けて、アイツは激しく深く唇を合わせてくる。
「~~~っ!」
 抗おうにも、強い力と息苦しさでロクに抵抗出来ない。
 悔しさと苦しさに、目に涙が浮かぶ。
「ふっ…!」
 しかし唇は突然離れた。
 ヤツはけれど両手を放してくれない。
「はっなせよっ!」
「―宣言してやるよ」
「はあ!?」
「お前は絶対、俺を好きになる」
「ふざっけんな!」
 ありったけの力を込めて、ヤツの脇腹に蹴りを入れた。



 ―翌日。
 …サイアクだ。
 何でよりにもよって、アイツにキスされるんだ?
 教室の隅でどんよりしているオレとは逆に、アイツの周りは華やかだ。
 女子生徒に囲まれ、最上級の笑みと話術を披露している。
「相変わらずスゲーよな」
「ウチの女子生徒、全員手ぇ付けられたって話だぜ」
 遠巻きにいるクラスメイト達が、アイツを見ながらコソコソ話している。
 …毎日同じ内容で、飽きないのか?
 いろいろな意味で痛む頭を抱えながら、更に悩む。
 …そもそも何でアイツにキスされる?
 女ッタラシで有名なアイツにソッチの気があったなんて…未だに信じられん。
 でも…唇には昨日の感触が残っている。
 アイツの味も…。
 …ぐあっ! ダメだ! 感化されてる!
 もしかしたらイタズラだったのかもしれない!
 考えたくはないが、どっかの誰かと組んでふざけただけかもしれない!
 いや、きっとそうに違いない!
 そうと思いたいっ!
 オレは思い余って、立ち上がった。
「わりぃ、授業サボる」
 近くにいた友人にそう言って、オレは教室を出た。
 …このまま近くにいたら、ずっとオレがアイツを見ていることを知られそうだったから。
 気付かれたくは、ない。
 まるで昨日のアイツが言った通りになってしまったようで…。
 いっいやっ! 好きではない! そういう意味じゃなくて!
「はあ…」
 とりあえず、落ち着ける場所に行こう…。
 中庭は広くて、木も多いから落ち着くだろう。
 オレはそのまま中庭に出た。
 教室の窓からは見えない所まで移動して、草むらにねっころがった。
「ったく…」
 目を閉じ、気分を落ち着けさせようとしても、悶々としてしまう。
 アイツのふざけた笑い顔が、殴りたくてしょうがない。
「あれ? こんな所でサボり?」
 だから声が聞こえた途端、すぐに目を開け、殴り掛かった。
「うをっ!」

パンッ!

 …しかしオレの右ストレートは届かなかった。
 寸前で止められてしまった。
「チッ」
「スゴイ挨拶だなぁ。強烈過ぎ」
「テメーの場合は自業自得だ」
「…昨日のこと、考えてたんだ?」
 そう言って得意げに笑って見せる。
「ああ、考えたさ。凄まじくイヤな嫌がらせだとな」
「えっ! 嫌がらせじゃないよ? ちゃんと本気だってば」
「どの面下げて言いやがる!」
「ホントだって」
 そう言って屈み込んで、オレの顔を覗く。
「どう? オレのこと、好きになっただろう」
「誰がだ! 自意識過剰もいい加減にしろよ?」
「いや、だから本気なんだって。気持ちこめたし?」
 そう言ってまたキスをするフリをする。
「だから何の嫌がらせだっ!」
「…人の愛の告白を、そんなふうに言わなくても…」
 愛の?
 …告白?
 ……昨日のが?
「ふざけるなよ。あんなの挑戦状としか受け取れねぇよ」
 一息に言った。
「挑戦状…。ああ、確かにそうかも」
 オレの片手を掴んだまま、もう片方の手はオレのアゴを掴んだ。
「オレを惚れさせるって挑戦状。うん、この方がしっくりくる」
 そう言って甘いマスクで笑う。
 不覚にも、心臓が高鳴る。
「だれがっ、お前なんかっ…!」
「うん、今は夢中でいい。そのうち、好きだって自覚させるから」
 不意に真面目な顔になる。
 …卑怯だ。普段なら絶対に見せないような顔を、オレに見せるなんて。
「お前なんて…」
「うん」
 近付いてくる唇を、避けられない。
「…好き」
 になんかならない。
 ―言えなかった。
 アイツの熱い唇で、言葉を封じられてしまったから。
 そう、好きになんてならない。
 今はただ…コイツのことで頭がいっぱいなだけだ。



<終わり>
スポンサーサイト

【2011/09/24 01:30】 | <Boys Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック