軽いキス

2011.09.22(00:33)

「おっはよ~! 好きだっ!」
「うわっ! んんっ!」
 部室のドアを開けてすぐに襲われ、そのままキスされる。
 けれどすぐに右手に拳を作り、相手のみぞおちに食らわす。
「ぐほっ!」
「~朝から何をするっ!」
「あっ挨拶じゃん」
「日本人らしい挨拶をしろっ!」
 怒鳴ったのはオレ、演劇部の脚本専門の担当長。
 オレが殴ったのは、演劇部の役者専門の主演男優だ。
 演劇部で有名なウチの学校は、一言で演劇部と言ってもいろいろな専門がある。
 オレのような脚本、コイツのような役者、そして衣装や小物、舞台の大道具・小道具に至るまで細分化され、各々担当長の元で学ぶ。
 オレは脚本担当長で、主に脚本に関することで決定権が与えられている。
 重要な役目を負っているオレだが、失敗もある。
 失敗は…目の前にいる、男。
 役者専門で、今現在、ダントツの人気がある。
 しかし………何故だかオレを好きだと豪語してならない。
 それは周囲まで広がり、恐ろしいことに学校内にまでっ…!
 仮にも男女共学校なのに、何故か受け入れが早いところがイヤだ。マジで。
 でもコイツに好かれる理由は何となく分かる。
 オレがまだ担当長になったばかりの頃、コイツはまだ主役をしたことが無かった。
 けれど夏の演劇部の大会で、オレはコイツを主役にと推薦した。
 それまで部員として、同級生として最低限の会話しかしたこと無かったオレ達。
 けれどアイツの演劇をするところを見て、コイツは将来化ける!…と、思ってしまった。
 だから推薦して、何とかムリを通して、抜擢されて…。
 そこからは輝かしく主役人生だ。
 演劇部は大会や校内の行事の他にも、時には街に出て公演もする。
 すべてコイツが主役で、全てが成功を収めている。
 …だからだろうか。
 コイツがこんなんでも、周りは平気で受け入れるのは。
「相変わらず冷たいなぁ。この間の舞台、俺良かっただろ?」
「…それは良かったと認める。だからと言って、キスしていい理由になるか!」
 ぶ~ぶ~言いながら、イスに座った。
「ったく…」
 オレはカバンからノートを取り出し、アイツの顔に投げ付けた。
「ぶっ!」
「ほら、見とけ。いくつか書いてきたから」
 朝、コイツと部室で二人っきりでいるのは、次の公演の演劇を決める為だ。
 いくつか話を書いてきて、それをコイツに見せる。
「8本書いてきたから、最低でも3本選べ」
「わぁお。3本も書くの?」
「役者達が納得するまで書く。それが脚本担当としての役目だ」
 同じ演劇部でも、担当によってはバチバチ火花が散る。
 それでもトップならば、私情を隠して部に尽くす。
「う~ん…」
 ノートを真面目に見つめる時、真面目な表情になる。
 こういう顔や、役者の時の顔は割と好きだ。
 …言ったら調子に乗るが。
「取り合えず…コレとコレとコレ、かな?」
 赤ペンでタイトルに丸が付けられた。
「よし、それじゃあ内容を作ってくる」
 ノートを奪い取り、さっさと部室から出ようとした。
「ちょっ…マジでそれだけ?」
「他に何がある?」
「まっ待って待ってって!」
 いきなり後ろから抱き付かれた。
「なっ…!」
「あ~癒やされるぅ」
 そのまま頬ずりされて、鳥肌が全身に浮かんだ。
「やめろ! 他の部員が来たらどーすんだ!」
「え~? 今更じゃん?」
「何でだっ!」
 確かに演劇をするコイツはキライじゃない!
 でもこういう時のコイツはキライだっ!
「あっあのなぁ、考えてもみろよ。演劇担当のお前と脚本担当長のオレが仲良かったら、周りにイヤなふうに思われるだろ?」
「だから今更だって。それもオレがちゃんと演劇をすれば、間違いじゃなかったって思われる」
 うっ…。一理ある。
「それに…お前にだって、オレを選んで良かったって思ってもらえる」
「そっそれは…」
 もう…思ってる。
 けど何か違うっ!
「もうムリだってぇ。俺、お前がいなきゃもう演劇できないもん」
「なぁっ!」
 なっ何てことを言い出すんだ!
 しかしコイツはニコニコと笑う。
「だって最初に俺の才能に気付いてくれたのは、お前だし。今の俺がここにいるのもお前のおかげだし。もう離れらんないよ」
「離れろよ! つーか自意識過剰過ぎるぞ!」
「役者なんて、自意識過剰じゃなきゃできないって」
 …確かに。
「だから、とっとと俺のものになってよ」
 そう言ってまたキスをしてくる。
「んんっ…」
 …唇を合わせるようになって、大分経つ。
 それでもまだ、恥ずかしさがある。
 流石に常識が多少あるのか、人前では抱き着いたりはするけれど、キスはしてこない。
 二人っきりでいる時だけ―キスをする。
 分かっていながら、何でオレは…!
 …わざわざ二人っきりになることをしているんだ?
「…出来ればずっとずっと一緒にいたい。俺が役者でお前が脚本。それでずっとやっていきたい」
「それって…」
 夢というより、プロポーズだ。
 胸の辺りが熱くなる。
「―好きだよ。演劇とは比べられないケド」
「…そんなの当たり前だ」
 オレだって脚本とは比べられないから。
「でも俺には自信があるよ」
「自信?」
 間近で微笑む顔は、確かに自信に満ちている。
 ああ…この顔だ。
 この顔が見たくて、オレは必死にコイツを主役に推薦したんだ。
「そっ。ずっと俺に夢中でいさせる自信。俺しか見られなくさせる自信。演劇を続けていけば、離れられないだろ?」
「まあ…な」
「だからずっと側にいてよ。俺を輝かせてくれるのはお前しかいないんだから」
 こんなのっ…卑怯だ。
 演劇をしているコイツを見たければ、ずっと側にいろなんて…。
「まあもっとも、絶対に離さないけどね」
 再びぎゅっと抱き締められる。
「絶対に離さない。誰にも渡さない」
 耳元で囁かれる熱い言葉。
 ああ、本当にコイツは演じるのが上手い。
 恋愛に夢中になる役なんて、コイツしか演じれない。
 しかも相手がこのオレ。
 他に役者はいらない。
「…じゃあ、ずっと頑張れよ。オレも頑張るから」
「もちろん」
 柔らかく微笑んだアイツに、オレはキスをした。
 誓いのキスを―。



<終わり>
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/317-3d57c217