フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ―ウチの担任は、ハッキリ言ってドSだ。
 何故かと言うと、笑顔でスッパリがモットーだからだ。
 にこにこ笑顔で、スッパリ人の心を切り裂く。
 …げに恐ろしい。魔王だ。
 しかも厄介なことに、魔王は外面ともに顔も良い。
 …おかげで俺達生徒は誰に訴えかけても、信じてもらえない。
 けれど魔王はアメもお使いになる。
 うま~くアメとムチを使い分けるので、まあ人気も高い。
 30近くでも、全然高校生とまともに向き合っているしな。
 行動的だし、勉強も分かりやすい。相談や悩みもまあ…スッパリ効果のせいか、評判が良いし。
 俺の方はといえば―まあまずどこにでもいるような無気力な男子高校生。
 飛び出るものがなければ、足りないところもない、フツーの一般生徒。
 だから魔王とは、ホントに担任と生徒という間柄しかなかった―ハズなのに。
 …何故いま現在、魔王と教育指導室にいるんだ?
 それはまあ帰ろうとしたところを呼び止められ、ここへ連れて来られたんだけど…何故だ?
 特に問題を起こしたワケでもないのに…。
 思い当たるフシが無さ過ぎて、頭が痛い。
「まあリラックスしてください。何も叱りに呼んだわけではありませんから」
 生徒にも敬語を使う魔王は、朗らかに言った。
 しかし…オーラが黒い。
「はあ…。では何で呼んだんですか? 呼ばれる理由が全然思い付かないんですけど」
 俺はハッキリ言った。
「呼んだ理由はですね。…フム」
 向かいにいる魔王は、少し考え込んだ。
「キミには付き合っている人はいますか?」
「…はい? いませんけど」
「それなら良かった」
 …何がだ?
「じゃあハッキリ言いますね」
「はい」
「わたしと付き合ってほしいんですよ」
「……………はい?」
 あっ、どこに、だろうか?
「言っておきますけど、場所じゃないですからね」
 …チッ、現実逃避したかったのに。
「頭でも打ったんですか?」
「いえ、至って真面目ですが?」
 疑問を疑問で返しやがった。
 しかし…やっぱりどこかを打ったのだろうか?
 一回り年下で、しかも教え子、そして男の俺に何を言い出すんだろう。
 あくまで冷静でいる俺も俺か。
「…ちなみに断ると、俺はどうなります?」
「別にどうもなりませんよ。ああ、でもキミに好意を抱く人はどうなるかは分かりませんよ?」
 一気に体温が下がった。
 …顔が笑っているのに、目が笑っていない。マジだ。
「……それって、脅迫では?」
「いいえ、警告ですよ」
 ぜってー脅迫だ。
「って言うか、何で俺なんですか? 特別な生徒ってワケでもないでしょう?」
「特別じゃないから良いんです。変わっている生徒なんて飽きましたから」
 これはもしかして…いや、もしかしなくても人生最大の大ピンチ?
 断りを入れれば、誰かが(あるいは自分が)被害を受ける。
 受け入れれば…取り合えずは俺だけに済む?
 …こんな消去法的な告白の受け入れ方あるだろうか?
「それで、どうします?」
 余裕でにこにこしながら返事を待っている。
「おっOKします…」
 とっとりあえずは受け入れよう。
 後のことは、後から考えれば良いんだ。
「嬉しいですね。大丈夫ですよ。後から後悔することなんてさせませんから」
 …もう今現在、後悔の真っ只中なんだけど。
 するといきなり立ち上がった。
 思わずビックリして身構えると、笑われた。
「ふふっ。そんなに怯えなくても、キミがイヤがることはしません」
 だからイヤなんだってば…。
 がっくり項垂れていると、手が伸ばされた。
「今日はとりあえず、告白だけですから。立てますか?」
「あっ、どうも」
 差し出された手を取り、立ち上がる。
 勢い余って、つい前のめりになってしまった。
「すっすいません」
 抱き着く形になってしまい、慌てて離れようとしたけれど…。
「…やっぱりムリそうです」
 低い声が上から振ってきた。
「えっ」
 顔を上げると、間近に顔があった。
 そのまま―キスされる。
「…っ!?」
 離れようとしても、強い力で抱き締められる。
 唇が離れても、そのまま捕らえられたまま。
「…いきなり前言撤回って、教師らしくないですよ」
「すみません、でもガマン出来なかったんです」
 まったく…。しょうがない大人だ。
「これからもガマンが出来ない時もあるかもしれません。それでも…良いんですか?」
 断ればとんでもないことをするクセに。
 …そのくらい、俺に夢中のクセに。
「俺だけに、ならいいですよ。他はダメですけど、俺なら良いです」
「フフッ…。なら、キミだけにします」
 俺の頬を両手で包んで、先生は微笑んだ。
「キミだけに夢中になります。他の事なんか元々何とも思っていませんし」
 怖い人だ。前から知っていたけれど、改めて思う。
「だからキミもわたしだけになってください。わたしのことだけ思って、わたしのことだけ見ていてください」
「…ワガママですね」
「恋愛なんて、そんなものですから」
 目も眩むような笑顔で、もう一度キスをする。
 ああ…これが魔王に愛される気分か。
 不思議と心地良い。
 魔王を夢中にさせている自分は、もうきっと、普通では無くなっただろう。



<終わり>
スポンサーサイト

【2011/09/20 19:24】 | <Boys Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。