フリーのシナリオライターとして活動しています
 オレはもう、仕事に行く気をなくしていた。
 それどころか眠るのがもったいなかった。
 この植物の変化を、この眼で見続けていたいと考えていた。
 けれど水を与えるのは、1日に1度だけ。
 与え過ぎることは決して良くない。
 だから夜までじっと待った。
 花は夜になっても咲いていた。
 そして水を与える時、オレは手のひらをカッターで切り裂いた。

ブシュッ!

 ダラダラと血がコップに流れる。
 水がピンクに染まるぐらいになって、ようやく植物に与えた。
 そして今夜はそのまま起きていた。
 するとその植物の変化を見ることができた。
 ピンクの花は、オレの血を吸ってか、鮮やかな赤い色に染まっていく。
「スゴイっ…!」
 オレはすっかりこの植物に魅入ってしまった。
 そして甘い匂いも強くなった。
 深呼吸すると、頭の中がじぃんとしびれる感じがたまらない。
「はあ…」
 久々だった。こんなに深く、花の香りを嗅ぐのは。
 花粉症になってからというもの、自然から遠ざかったのは心理的にきつかった。
 それまでオレを癒していたものが、いきなり牙をむいてきたのだから…。
 でも今はこの植物がいる。
 側にいて、オレを癒してくれている。
 良い値段はしたが、決して高くはない買い物だったな。
 そう思いながら、植物を置いている部屋で寝た。
 スゴク良く眠れて、寝起きも最高だった。
 夜通し起きていたせいか、起きた時はすでに夜だった。
 オレは包丁を持ち出し、血管をさけながら、手を切り刻んだ。
 水半分・血液半分を、植物に与える。
 すると今度は、枝が伸び始めた。
 小さな鉢ではきつそうだったので、中ぐらいの鉢に植え替えた。
 植物は嬉しそうに、あっと言う間に鉢に合うぐらいに成長をとげた。
 枝を伸ばし、葉を生やし、花を咲き乱れさせた。
 花は美しい濃い赤に染まった。
「キレイだ…」
 まるで赤ん坊から、大人の女性へと変貌したような…。
 オレの血が、ここまで美しくさせたんだ。
 それならば…。
 オレはフラッと立ち上がり、包丁を手に取った。
 そして…。



 数週間後。
 会社を無断欠勤し続けた男性のマンションの前に、会社の上司と警察、そして管理人が訪れていた。
 みな、心配そうな顔をしている。
 彼の部屋からは濃く甘い匂いが漂っていたが、全員その香りに顔をしかめていた。
 何せこの匂い、まるで熟れ過ぎた果実のような匂いをしているからだ。
 管理人が扉を開き、全員が部屋に入った。
 そしてリビングの扉を開けたところで、
「うっうわああああ!」
 異様な光景を眼にした。
 リビングの部屋の中は、植物の枝が広がり、黒き大輪の花がいたる所に咲き誇っていた。
 そしてその植物の根には、彼の体があった。
 全身の血を植物に吸われ、茶色に干乾びた体が、枝に絡まれ、根を下ろされていた。
 甘い香りは、この花から発せられていた。
 彼の手には、説明書が握られていた。
 そこの5番目の注意書きには、

【⑤お客様の与える血の量に対し、植物は成長いたします。しかし与え過ぎにはくれぐれもご注意ください。植物が暴走なさっても、お客様の責任となりますので…】



 路上で植物を売っている男は、風に乗って漂ってきた甘い匂いに、笑みを浮かべた。
「ああ、あのお客さん。よっぽど気に入ったんだねぇ。こんなに美しく咲かせてくれるなんて、植物冥利につくな。お前達」
 男の声に、植物達がかすかに動いた。
 そして植物を見て、足を止めた女子高校生が1人―。
「わあ、可愛い!」
 しゃがみ込み、植物を見る女子高校生に、男は笑顔を向けた。
「いらっしゃい、お客さん。美しい花は好きかい?」



【完】
スポンサーサイト

【2011/08/27 21:05】 | 【ホラー/オカルト短編集】
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック