【花粉症の男性が出会った植物】・2

2011.08.27(20:50)

 あの男も日本語が上手かったが、肌の色は黒かった。
 それに顔の半分しか見ていないが、日本人としての顔立ちではない。
 さしずめ自国の植物を売りに、出稼ぎに来た外国人か。
 まあそんなヤツがいたって、不思議じゃないがな。
 それに植物は日本に輸入するとき、検査を受けているだろうし。
 多少妙なところがあっても、買った本人に影響がなければ良いんだ。
 オレは説明書に書いていた通り、水をコップ一杯用意した。
 そしてちょっとイヤだったが、針で指先を刺し、一滴の血をまぜ、植物に与えた。
 今はもう深夜だ。陽が当たっていなければ、良いだろう。
 オレはその日、そのまま眠った。
 植物の成長のことを思い浮かべながら…。
 自分がどんな恐ろしいことをしたのか、考えもしないで…。



 翌日、起きて見ると植物の異変に気付いた。
 昨夜、葉っぱは淡い色だったのが、今ではハッキリとした緑色になっていた。
「コレ…栄養のおかげ、か?」
 にしても、あまりに激変過ぎる気が…。
 でもまあ、悪いことじゃないよな?
 オレは気がかりになりながらも、会社に出勤した。
 そして帰り道、あの男へ会いに行こうと思い、裏道を歩いた。
 しかし、男はいなかった。
「今日は来なかったのかな?」
 路上だし、そういうこともあるだろう。
 オレは家に真っ直ぐに帰った。
 そして水をやろうとした。
 しかし予想以上に針を深く刺してしまい、血は3滴ほど水に入ってしまった。
「やばっ…。でも説明書には多くやるなって書いてないよな?」
 改めて、説明書に眼を通す。

【④お客様が与えられた血の量に応じて、植物の成長は変わります。お客様のご希望を受け、美しい姿を見せてくれます】

「…なら、平気か」
 オレは大して考えず、水をやった。
「この調子の成長なら、そろそろつぼみの一つか二つ、見ても大丈夫そうだな」
 買った時に咲いていた花は、すでにしぼんでいた。
 他のつぼみはまだ、葉っぱと同じ色をしていて、触ると固かった。
 けれど昨夜よりは格段にふくらんでいる。
「…どんなふうに咲き誇るのかな?」
 昨夜の一輪の花では、花粉症は起きなかった。
 けれどあの花はあまりに小さ過ぎる。
 この植物の形態であれば、小さな可愛らしい花がたくさん咲くのだろう。
 その時が楽しみだ―そう思っていた。
 この時までは。



 しかしまたもや翌朝、びっくりした。
 あれほど固かったつぼみは、今や色を変え、柔らかそうにふくらんでいた。
「そんなまさかっ!」
 おそるおそる触れてみると、確かに柔らかい感触。
 鼻を近付けると、甘い匂いがかすかに漂ってきた。
「…血が、栄養になっているのか」
 にわかには信じられなかった。
 しかし現実は目の前にある。
 オレは不思議な高揚感を感じた。
 この植物は、まるで血を分けた我が子のようだ。
 おかしな言い方かもしれないけれど、オレの血を栄養とし、ここまで成長するなんて、自分の子供とも言える。
 オレはしかし、心残りがありながらも、会社へ向かった。
 収入を得なければ、オレが生きていけないから…。
 けれど本心を言えば、この植物の側にずっといたかった。
 成長を一時も眼を離さず、見つめ続けていたかった。
 オレは仕事が終わると、走って家に帰った。
 植物は朝見た時よりも、少しつぼみがふくらんでいた。
 オレは買ってきたミネラルウォーターを開けた。
 今までは水道水だったけれど、植物用の水もあるのだ。
 途中、花屋で買ってきた。植物に良いと思って。
 コップいっぱい分そそぎこむと、今度はカッターで指を切った。

ボタボタ…

 透明な水が、赤い血がまじり、濁る。
 けれどそれを植物にそそぎこむ。
「これで元気になってくれよ♪ お前がどんな成長した姿を見せてくれるのか、楽しみだ!」



 翌朝、起きて見ると、予想が的中した!
 花が咲いていたのだ!
 淡いピンク色の、可愛らしい花々が咲いていた!
 そして柔らかくも甘い匂いが、部屋に満ちていた。
 けれど花粉症の症状は起きない。
 どうやらあの男が言った通り、本当に相性が良いみたいだ。
 オレとこの植物は。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/279-c7abdc7a