フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらすじ
 毎年ひどい花粉症で悩んでいるオレに、路上で植物を売っていた男が声をかけてきた。
 この植物とオレの『相性』が良いのだと言って…。

 植物が好きなオレは、成人してから花粉症になってしまった。
 それでも自然への思いを捨てきれずにいたオレの前に、一人の男が声をかけてきた。
 自分の売っている植物を買ってみないかと…。
 自分の血を一滴、水にまぜて与えるだけで、花粉には悩むことはなくなるのかと…。


『血を求める植物』
 この時期になると、オレは地獄を味わう。
 くしゃみは止まらなくなるし、鼻はつまる。そして眼がかゆくて仕方無い!
 つまり、花粉症というヤツだ。
 幼い頃は平気だったのに、20歳を越えた頃からひどくなってきた。
 おかげで好きだった山登りができなくなった。
 薬は一時の物。マスクやメガネもあまり効果がなかった。
 自然が好きだったのに、今では無機質な物が溢れる都会に引っ越してしまった。
 おかげで最低限の予防で、何とか暮らしていける。
 けれど時々、どうしようもなく自然に触れたい時があり、そういう場合は花屋で花粉の無い植物を買っている。
 植物園とか行って見たいけれど、危険が多そうなのでやめておいた。
 今はちょうど花粉症の季節。
 けれどどうしても植物が欲しくなって、仕事帰り、花屋に寄ろうと街中を歩いていた。
 だがその日、仕事が押していて、花屋の閉店時間になりそうだった。
 だからいつもは通らない、裏道を早足で通った。
 大通りを1本外れただけなのに、ここの空気はおかしい。
 どこか暗く、重い。ここにいる人達も、まとう空気が何か違う。
 怖くなって思わず俯いていると、ふと植物が眼に映った。
 足を止めて改めて見ると、路上で植木鉢が売られていた。
 まだ淡い新緑色の葉っぱは小さく、柔らかそうだ。
 けれど見たことのない形だな。
 自然には触れられないだけに、調べるのは熱心にした。
 だから自分では知らない植物なんかないだろうと自負していたんだが…。
「おや、お客様。興味がおありで?」
 植物をじっと見ていたオレに声をかけてきたのは、植物を売っていた男だった。
 漆黒のマントを頭からすっぽりとかぶり、見えるのは男のニヤけた口元だけだった。
「あっああ…。見たことない品種だが、新種なのか?」
「ほお…。植物にお詳しい方で?」
「趣味だけどね。でもひどい花粉症で、残念ながら花粉のある植物は買えないんだ」
「ふむ…。しかしお客さんなら、大丈夫かもしれませんね」
「花粉はそんなにないものなのか?」
「相性によりますがね」
 男は意味ありげに笑う。
「この植物は自分の持ち主を選ぶ。気に入った主人には、美しい姿を見せてくれるんですよ」
 そう言って一つの鉢を上げて見せる。
「だっだが花粉が…」
「なあに。お客さんと相性が合わなければ、花は自然に枯れます」
「そっそれじゃあ花がかわいそうじゃないか!」
「ふふっ。お客さんはお優しい。…おや?」
 男が不意に視線をそらしたので、思わずオレもそっちを見た。
 数ある植木鉢の中の一つが、小さな花を咲かせていたのだ。
 …さっきまで、つぼみもなかったハズなのに。
「このコ、お客さんを気に入ったみたいですね。このコならば、花粉に悩まされることもないと思いますが?」
「しかし…」
 やっぱり不安だった。
 こんなに躊躇するぐらい、ひどい花粉症なのだ。
「…ならこうしてくれないか? もし花粉がひどかったら、引き取ってくれ。その時返金はしなくてもいいから」
「ふむ…。いいでしょう。お客さんが気に入らなければ、返却してください。お金は売った方に咎がありますから、お返ししますよ」
「だが…」
「良いんですよ。こちらには自信がありますから。お客さんが必ず満足するという自信が、ね」
 あまりに男が自信ありげに言うので、渋々承諾した。
 植木鉢は小さいにも関わらず、良い値段がした。
 けれど男は取り扱い説明書を付けてくれた。
 それに返却するなら、全額返済ときた。
 疑わしいながらも、オレは好奇心が勝ってしまった。
 家に帰るなり、説明書を読んだ。

【①水は一日に一度、コップ一杯与えてください。
 ②やる時は陽の当たらない場所でお願いします。
 ③植物の成長を早める為には、お客様の血を一滴、水にまぜてください。栄養となり、植物の成長に良い影響が出ます】

「…血?」
 ここでさっきの男との会話を思い出した。
「花粉の心配ですが、植物にお客さんの体質を合わせれば良いのです」
「合わせる? どうやって?」
「それは説明書に書いてありますよ」
 …なるほど。こういうことか。
 血を水にまぜることによって、オレの花粉症体質を、花に合わせてもらうのか。
 それにしても、人の血が栄養になるなんて…絶対日本産ではないな。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

【2011/08/27 20:48】 | 【ホラー/オカルト短編集】
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。