FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kissシリーズ・イジワルなキス2(2)

<Kiss>シリーズ
10 /07 2017
「んなっ! ちょっ…何すんのよっ!」
 引き剥がそうとしても、思わぬ力でビクともしない!
「…あっ、本物?」
「本物よっ! ちょっと、具合が悪いなら保健室に行くか病院に行きなさいよ!」
「……そんなんじゃ、治らない」
「じゃあどうやったら治るのよ? ご両親、わざわざ海外から連絡してくれたんでしょ? 恋しいなら、もうそっちに行ったら?」
「行っても治らない」
 両親が恋しいとかじゃない、か。
 慣れない一人暮らしでまいっているのではないか、というのが周囲の意見だった。
 でも違うとなると…。
「じゃあどうすれば元気になるの?」
 あたしが尋ねると、顔を上げて真っ直ぐに見つめてくる。
「…協力してくれる?」
「まああたしにできることなら…」
 幼い頃にさんざんイジワルされたけれど、でも元気のない姿を見て喜ぶあたしじゃない。
 すると急に束縛が解けたかと思うと、いきなり…キスされた。
「…へっ?」
「…ああ、やっぱり…。こうしていないとオレ、元気が出ないみたいだ」
 そう言って今度はぎゅっと抱き締められた。
 ハッ!と我に返ったあたしは、アイツの腕の中で暴れだす。
「ちょっと! いきなり何すんのよ!」
「そんな驚くことじゃないだろう? 二回目なんだし」
 …その言葉で、八年前の出来事を思い出す。
 そう、彼とキスをするのは二度目。
 一度目は彼が引っ越す前日、突然あたしの眼の前にコイツが現れた。
 珍しく真面目な表情で話があると言われて、家の近くにある公園に行ったのだ。
 そこで何もコイツは言わず…突然、キスをしてきた。
 当時のあたしはキスの意味が分からず、ただ首を傾げるだけ。
 でもコイツは満足したように微笑んで、そのまま帰って行った。
 ――翌朝、アイツが誰にも何も言わず、転校して行ったことを知った。
 そしてあたしは成長し、キスの意味が分かるようになる。
 アレがファーストキスだったことも…。
「…ずっと聞きたかったんだけど、何でキスしてきたのよ?」
「あっ、覚えてた? 何も言ってこないから、忘れられてたかと思ってた」
「そりゃ忘れたかったわよ!」
 けれど同じ学校に通って、顔を見ていたらイヤでも思い出す。
「…当時のオレってさ、本当にガキで、好きなコほどイジワルしちまってたんだ。でも遠くへ引っ越すって親に言われて、気付いた。おチビと離れるのが寂しいって。だからキスしたんだ」
「……当時のあたしからしてみれば、最悪のイジワルだったわよ」
「ゴメン…。本当は引っ越すことを言って、イジワルしてたことを謝ろうと思っていたんだけど…。いざおチビを前にしたら、何も言えなくなって…気付いたらキスしてた」
「自分勝手なヤツ」
「本当にゴメン…。でもオレ、おチビがいないとダメみたいだ」
 …それならもう、昔の変なあだ名で呼ばないでほしい。
 まだ八歳の頃のあたしは小さくて、確かにおチビってあだ名が似合うコだった。
 そして性格も消極的で…コイツがイジワルしてこなかったら、きっと誰とも関われなかった。
 コイツがいない日々に平和を感じていたのは確か。
 けれどちょっとだけ、寂しさを感じたのも確かだった。
「…それならもう『おチビ』って言わないで。あたしの名前、ちゃんと呼んでよ」
 顔を上げながら言うと、少し照れるコイツが可愛いと思ってしまう。
「ううっ…! 改めて名前で呼ぶのって、結構照れるな」
「じゃなきゃ、もう二度と声をかけないし、キスもさせない」
「うっ! …こういうところでイジワルするなよ」
「アンタがそれを言うか」
 八年前のことはちゃんと今でも恨んでいるのだ。
「はあ…。わーったよ。無視されるのも、キスできないのも、オレにとっちゃあ死活問題だからな」
「バカなヤツ」
「自覚してる」
 こんなにやつれるほどあたしを好きだなんて、本当にバカ。
 けれど今は真剣な表情で、真っ直ぐにあたしの名前を呼ぶようになったんだから、いっか。

<終わり>

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sakura

 現在はフリーシナリオライターとして活動しています。活動記録を掲載していきたいと思っています。「久遠桜」の名前でツイッターもしていますので、よければそちらもご覧ください。仕事の依頼に関しては、メールフォールでお尋ねください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。