FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

Kissシリーズ・イジワルなキス2(1)

2017.10.07(00:35)

 生きていれば、もう二度と会いたくないと思う人間は必ず一人はいると思う。
「おっ、おチビじゃねーか! ひっさしぶりだなあ!」
 …それが特に、小学二年生の時に思いっきりイジメられた男だと余計に。
 桜が満開の高校入学式で、あたしはそのイジメっ子と再会した。
「どっどうしてここにっ…!」
 小学二年の時に同じクラスになったコイツは、何かとあたしをイジメてきた。
 けれどそれも三ヶ月も経たずに終わった。
 理由はコイツが転校して行ったから。
 あの時ほどほっとしたことはない。
 あたしはそのまま地元に残り、平穏で平和な小・中学生活を送ってきたのに…!
「いや、今度親父が海外転勤になっちまって。でもオレ、英語が苦手でさ。日本に一人で残ることにしたんだ」
 一緒に行けばよかったのにっ!
 思い出したくもない、忌々しい思い出が次々とよみがえってくる。
 あっ…倒れそう。
「また三年間、よろしくな!」
 なのにコイツときたら、平然と明るい笑顔を浮かべやがる…。
 まあ同じクラスになるとは限らないしな……と思っていたのに!
 同じクラスの上、苗字の席順でも前後と近い!
 …神様はあたしに何の恨みがあるんだろう?
 あたしはできるだけ近づきたくなかったのに、コイツは平然と話しかけてくる。
 やがて互いに友達ができたものの、何故か男女入りまじったグループになった。
 そうなれば当然、遊んだりつるんだりするのはグループ行動が多くなるわけで……そうなると、アイツとも接する機会が多くなる。
 …本当に嫌だ。
 小学二年の頃のアイツは、あたしにとって悪魔だった。
 まあ子供ながらのイタズラが多かったけれど、大分傷付いた。
 まず髪の毛をグシャグシャにされる、おもちゃの爬虫類で驚かしてくる、ノートや教科書に落書きをされる…などなど、数多くのイジワルをされたきたのだ。
 流石に周囲の友達や大人達も、時々は見兼ねて止めてくれた。
 けれどコイツは全く反省なんかせず、直らなかった!
 …あの頃、支えてくれる友達がいなかったら、不登校になっていただろうな…。
「何、遠い目してるんだよ? なあ、ちょっとノート見せてくれよ」
 前の席に座るコイツは、こうやっていっつも気軽に話かけてくる。
「絶対イヤ」
 だからあたしはノートを胸に抱え、拒否をした。
「何でだよ?」
「授業中に寝ているヤツが悪いから」
 ハッキリ言うと、近くにいた友達がクスクス笑う。
「なっ…! すっ少しだけ貸してくれよ」
「他に人に借りなさい」
 情けない顔をするけれど、あたしはそのままノートを机の中に入れる。
「ひっでぇ! ううっ…。昔はもっと優しかったのに…」
「違うわよ。昔は弱かったの!」
 コイツにイジワルされて、何も抵抗できないぐらいに弱かった。
 だからコイツが転校しても、あたしは強くなろうと思って、生きてきた。
 様々な武術を習ったり、勉強も頑張ったり、人付き合いも上手くできるようになった。
 …まあコイツは不思議なことに、明るくて分かりやすい性格をしているから、友達があたしよりも多いけど。
 それでも成績はあたしの方が上っ!
「ちゃー…」
 ブツブツ言うも、それでも予鈴の鐘が鳴ったので前を向く。
 …そう、決して許しちゃいけない。
 確かに小学生の頃のイジワルは苦々しい思い出だけど……それ以上に、コイツには最悪なことをされたのだ。
 その一点だけは、決して許すまじっ!
 例えコイツが忘れていても、あたしは絶対に忘れられない!
 そういう出来事があったからこそ、あたしはずっとコイツに冷たいままだった。
 友達にはイジワルされた過去を話すと苦笑して、あたしの味方をしてくれる。
 けれどアイツに対して評価が下がるわけじゃなく、こういうのを人徳って言うんだろうな。
「はあ…」
 早く来年にならないかな?
 クラス替えでコイツの顔を見なくなれば、平穏を取り戻せるのに…。

 ――そして一年後。
 念願かなって、あたしはアイツと別のクラスになった。
 しかもアイツは一番最初のクラスで、あたしは最後のクラス。
 校舎も別になり、晴れてあたしは平穏な日々を取り戻した!
 新しいクラスでは新しい友達もできて、一年の時のグループとも遊ぶ回数は減っていった。
 だけどまあみんな、新しい友達が増えて喜んでいたし、別に良い…と思っていたのに。
 何故かアイツだけは見るたびに元気をなくしていく。
 高校二年の秋にはげっそり痩せていて、流石に心配して、声をかけてみることにした。
 他の友達や先生、親が聞いても何も答えないと言うから、あたしが話しかけても同じかもしれないけど…。
 放課後、誰もいなくなった教室で、アイツに机の上で寝ていた。
「…ねっねえ、大丈夫?」
 今にも倒れそうな顔をしているから、声をかけつつ近付く。
 するとゆっくりと顔を上げて、あたしを見るなり、いきなり腰に抱き着いてきた!
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/1156-472f5790
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。