FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kissシリーズ・甘々のキス・10(1)

<Kiss>シリーズ
07 /18 2017
 昔っから、女の子っぽいことが苦手だった。
 女の子は早い段階から、オシャレに興味を持って、可愛く・綺麗になっていく。
 ボクはそういうのを、一歩引いたところから見ている方が楽だった。
 だから制服も女子用のを着るのにちょっと抵抗を感じて、私服の学校を選んだ。
 スカートを履かずに過ごすボクだったけど、私服だらけの学校だとそんなに目立たなかった。
 でも女の子にモテるのは正直ちょっと困ったけど…。
 普通の女の子のように生きるのに抵抗を感じていたボクだけど、何も女の子が恋愛対象だからと言うワケじゃない。
 ただ、苦手だったから。
 髪をショートカットにして、服装もどちらかと言えば男の子っぽかった。
 家族はすでに諦めていたし、ボクはこのまま生きていくことを決めていた。
 でも…こんなボクでも恋をして、受け入れてくれる人が現れた。
 その人が今のボクを良いと思ってくれているのか…本当は心配だ。
「ええっと、それじゃあオムライスとウーロン茶。キミは?」
「えっと…。じゃあサンドイッチと紅茶で」
 喫茶店で向かい合って、ウエイトレスにメニューを注文する。
 …けど何となく、ウエイトレスのボクを見る眼が熱く感じるのは気のせいだろうか?
「今日、良い天気で良かったな」
「はっはい…」
 ボクが敬語を使うのが、彼がボクの通う高校のセンパイだからだ。
 ちなみにボクが1年で、センパイが2年。
 ウチの学校は身に付けている物で学年が分かるということがない為、割と年齢差を気にせず親しく付き合う人が多い。
 ボクとセンパイもそのタイプだった。
 同じ学校の中では会うことも多くて、何度も会っているうちにボクは…センパイに恋をした。
 思いきって告白して、受け入れてもらったのは嬉しいんだけど…。
「まさにデート日和だよな」
「んなっ!?」
 ぼんやりと窓の外を見ながらセンパイは、何気なしに呟く。
 けれど注文した品を持ってきたウエイトレスの動きと表情が、音を立てて固まるのをボクは見てしまった。
 ウエイトレスはそそくさとテーブルに料理を置くと、すぐさま奥へと引っ込んだ。
 ああ……絶対に勘違いされている。
 センパイはボクのことを、ちゃんと恋人扱いしてくれる。
 それは…照れ臭いけれど、嬉しい。
 …でも周囲から見ればその…怪しい関係に見られてしまうことが多かった。
「美味しそうだね。食べようか」
「…はい」
 しかしそんなことは一切気にせず、センパイは料理を食べ始める。
 ボクは食欲が失せてしまったけれど、食べる。
 まあ、いつものことだし…。
 ボクはセンパイと付き合うようになってからも、男の子っぽい格好は止めなかった。
 センパイも特に何も言ってこないし、恋人としての関係に問題はない…とは言えないな。
 今みたいに、周囲に誤解を与えることが多いし…。
「はあ…」
 食べ終わった後、センパイとボクは映画館に向かって歩いていた。
 学校で一緒にいても、学生達はボクの本当の性別を知っているからまだ良い。
 …でも、こういう外だとな。
 ふととある洋服店から、可愛い二人組の女の子達が出てきた。
 そこの洋服店は、可愛い服を売っているので有名。
 女の子達は買ったばかりの服のことで、話が盛り上がっている。
 ボクは自分の格好を見て、ため息をつく。
「ん? どうかした?」
「あっ…と。…こういう服、可愛いなと思いまして」
 ボクはつい、洋服店のショーウインドウを指さした。
 マネキンは可愛い服を着ていて、センパイはそれを見て首を傾げる。
「確かに可愛いな。着てみたい?」
「えっ!? いや、どうせ似合わないんで、いいです。それより早く映画館に行きましょう!」
 ボクはセンパイの腕を掴んで、その場から離れた。
 けれど映画を見ている間にも、ボクの頭の中にはあの可愛い服のことが浮かんでいた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sakura

 現在はフリーシナリオライターとして活動しています。活動記録を掲載していきたいと思っています。「久遠桜」の名前でツイッターもしていますので、よければそちらもご覧ください。仕事の依頼に関しては、メールフォールでお尋ねください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。