マカシリーズ・【携帯彼氏の災難!?】7

2017.07.14(19:43)

 そしてミナのケータイを返してきた。
 開けて確認すると、桜の写メの待ち受けに戻っていた。
「すまんな」
「でも何でわたしなの?」
「ヒミカには最近、婚約者が出来ただろ?」
「ああ…」
 私とルカはそろってヒミカを見た。
 すると複雑そうな顔をする。
「…好き好んで出来たワケじゃないわよ」
「でも嫉妬深いんだろ? ケータイを真っ二つにされるぞ?」
「うっ…」
 思い当たるフシがあるのか、青い顔でヒミカは黙った。
「でもよぉ、どーすんだよ、マカ。いくらウチの血縁者とは言え、本当に無事で済むか分からないだろ?」
 シヅキは資料に目を向けている。
 そこには携帯彼氏が関連しただろう、事件の報告書が書かれてある。
「まっ、一種の地縛霊だからな。物に憑くならまた別なんだが、コレはまた別件だからな」
「ややこしいな」
「ああ、だから厄介なんだ」
「それで? ボク等がすることは?」
 セツカは楽しそうに聞いてくる。
 状況を面白がってやがる。
「シヅキとセツカは独自で調査してほしい。ヒミカは婚約者のキシと一緒に」
「キシと? いいの? 巻き込んでも」
「今回はウチの血縁者は関わり無いからな。調査する内容は、コイツ等の仕組み。それさえ分かれば、解放される」
「分かったよ」
「良いケドよ。大丈夫なのか?」
 シヅキは私とルカのケータイを指でさす。
「心配せずとも私は平気だ」
「わたしだって大丈夫です! 地下鉄のバイトだってこなしたでしょ?」
「分かった分かった。んじゃ、分かったら呼ぶからな」
 シヅキとセツカは立ち上がり、二人は店を出て行った。
「んじゃ、こっちも動くか」
 ヒミカは早速ケータイを取り出し、キシと連絡を取った。
「―これから話しに行くから」
「ああ、頼むな」
 ヒミカは手をヒラヒラ振りながら、店を出た。
「さて、わたしはしばらく彼氏持ちか」
 ルカはケータイを開き、マミヤを見た。
「…アレ? 何となく、マカに似てない?」
「ミナがそう作ったんだ! …とは言え、資料を見ると、そういうふうになるよう先導されたのかもしれんが」
「なるほど。それじゃ、しばらくは恋人ゴッコを楽しみますか」
 続いてルカも店を出て行った。
「しかし…」
 四人がいなくなってから、ソウマが店の奥から顔を出した。
「彼等に頼むのは良いんですけど…。そう簡単には解決しないような気がしますね」
「解決しないなら、しないでいいさ。ただ解放されたいだけだからな」
「…ミナさんが絡んでいないと、冷酷ですね、マカ」
「同属が絡んでいないと、だ」
 余計な事件を抱え込むつもりはない。
 私はケータイを握り締め、立ち上がった。
「調査ご苦労。礼は後で支払う」
「終わり次第で構いませんよ。これからいろいろと忙しくなるでしょう?」
「スマンな」
 私はソウマに軽く手を上げ、店を出た。
 するとケータイが鳴った。
「はい?」
『あっあの、マカ』
 ハズミだった。
「何だ?」
『オレのこと…消すつもり?』
 ケータイは会議中、ずっと開きっぱなしだった。
 つまり、ハズミには会話を聞かれていた…と言うか、聞かせていた。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/1122-a585d823