フリーのシナリオライターとして活動しています
「笑い事じゃない! 私の好みでもないしな」
「マカの好み…。そう言えば聞いたことがありませんね」
 ぎくっ。…話の方向がイヤな方に向いてきた。
「次期当主ということで、お見合いの件も多いそうじゃないですか」
「まっまあな」
「選びたい放題みたいですけど、まだ決めていらっしゃらないとか…。もしかして本命がいたりします?」
 私は立ち上がった。
「…余計なことに口をはさんでいるヒマがあるなら、とっとと調査を始めろ」
 そう言ってケータイをカバンに入れ、歩き出した。
「分かっていると思うが、メールで知らせろ」
「はいはい。迅速に取り掛かりますよ」

災難のハジマリ /語り合うことの災難
 私の家はマンションの最上階のフロアを貸し切っている。
 元々実家が管理しているマンションで、学校から近いということで借りた。
 高校から一人暮らしをはじめているが、通いでメイド達が週に3日、3人来る。
 今日も来ているハズだ。
 部屋に帰ると、良い匂いが漂っていた。
「ただいま」
「お帰りなさい、マカ様」
「おっかえりぃ~。マーちゃん」
「お帰り、マカさん」
 家に来ているメイドは、26歳のカエデ。
 15歳になったばかりのモモ。
 そして17歳のレイラ。
 タイプは違えど、美人だ。
「ああ。…くたびれた」
 そのままリビングの長いソファーに倒れ込む。
「まあマカ様、お着替えもなさらないうちに」
「脱がしてくれ」
 カエデに両手を広げて見せると、ヤレヤレと言ったカンジで制服を脱がせてくれる。
「高校三年生にもなって、情けないですわね。来年は当主になろうというお方が」
「現当主のジジィだって、女達に着せ替えしてもらっているだろうが」
「…否定はしませんケドね」
 どこか遠い目をしながら、カエデはレイラが持ってきた浴衣を着せてくれる。
 私は普段から和服を愛用していた。
「今日はビーフシチューか」
「はい、良い材料が本家から届けられましたので」
 着替えた後、私は再びソファーにダイビング。
「マーちゃん、随分くたびれてるねぇ。どったの?」
 モモが心配そうに駆け寄ってきて、私の頭を撫でてくれる。
 私は黙ってカバンからケータイを取り出し、開けて見せる。
『わっ! 美人がいっぱい!』
 …フツーの男の反応だな、うん。
「…何です、コレ」
「わあ、動いてるぅ」
「生きて…いるの?」
 三人とも不気味そうに男を見ている。
 私は事情をかいつまんで説明した。
「あらまあ…」
「それはぁ…」
「厄介ね」
「ああ、だから疲れてるんだ」
『ヒドッ! そこまで言わなくても…』
 男が落ち込むと、何かゲージのようなものが下がって数値も下がった。
「…マカ様、何か下がっていますわよ?」
「ほっとけ。私は腹が減った」
「ただいま用意します」
 3人はバタバタと食事の用意を始める。
『ねっねぇ』
「何だ?」

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

【2017/07/13 19:41】 | ★マカシリーズ★
【タグ】 小説  マカシリーズ  オカルト  ホラー  映画  携帯彼氏  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック