フリーのシナリオライターとして活動しています
 笑顔のミナに、笑顔で返事をする。
「ふぅん。あっ、そう言えばさぁ、【携帯彼氏】って知ってる?」
「何、それ?」
 イヤ~な言葉に、思わず顔が歪む。
「何でも理想の彼氏がケータイで作れるんだって。ケー彼って言うんだよぉ」
「けっけぇかれ?」
 略すのも、限度があるだろう…。
「でも単に恋愛シュミレーションゲームみたいなモンでしょ?」
「それがメールしてきたり、電話をかけてきたりもするんだってぇ。あとぉ、フツーにテレビ電話みたいに話せるんだって」
 …私の頭の中に、あの男の笑い顔が浮かんだ。
「ふっふーん。でもミナはやってないわよね? 私達大学受験を控えてるんだし、そんなのやってるヒマ無いしね」
「やってないよぉ。でもおもしろそうだよね~」
「やっちゃダメっ!」
 私は思わずミナの肩を掴んだ。
「絶対にやっちゃダメ! 近付いてもダメっ! 近くに来たと思ったら、すぐに逃げなさい!」
「うっうん、分かった…」
 ミナは目をまん丸にしながらも、頷いた。
 私は深く息を吐き、制服のスカートのポケットに入れたケータイに触れた。
 …厄介なモノを押し付けられてしまったな。

 私はミナと別れた後、従兄のソウマの店に向かった。
 普通ではない雑貨屋を営むソウマの店は、いつ来ても客がいない。
 なので堂々と店内で話ができる。
「―コレはまた」
 私が開いて見せたケータイを見て、ソウマは呆気に取られた。
『…何、アンタ』
 男はむつくれた顔で、ソウマを睨んでいる。
「ああ…。でも何となく仕組みは分かりますね」
「分かるんだが、どうすれば良いのかが分からない」
 私はズキズキ痛む頭を抱えた。
「犯人はお昼休みの女の子で間違い無いんですか?」
「多分な。昼までケータイを見ていたが、そんなのは無かった」
「マカに譲った…と言うよりは、まさに押し付けたんでしょうね」
 そう言ってアイスハイビスカスティーを淹れてくれた。
 私はテーブルセットのイスに座り、一気に半分ほど飲み、息を吐く。
「ソウマ、悪いがコイツのこと、調べといてくれないか? ミナの耳に入るぐらいだ。かなりの話題になっているだろうからな」
「分かりました。しかし良いアイディアですねぇ。波長さえ合えば、簡単に真似できそうです」
「変なところで商売魂燃やすな! コピー商品なんてやらかすなよ!」
「分かっていますよ、冗談です」
 私はケータイを閉じ、テーブルに置いた。
「…何だか厄介なことになっている気がする。早急に頼むな」
「心得ていますよ。でもマカ、何なら押し付けてきた彼女に聞いてみたらどうですか?」
「明日、捕まえてみる。しかし…何だって私を選んだんだ? それともたまたまか?」
「一般の子なら偶然でしょうね。―裏が無ければ」
「チッ…」
 舌打ちせずにはいられない。
「まあとりあえず、彼のこと少しは構ってやったらどうです? ちょっとは気晴らしになるんじゃないですか?」
「…お前、コイツを見たろ? こんなチャラ男、見ているだけでストレスが溜まる」
 薄茶色の髪はアゴまで伸びていて、ピアスをいくつも付けていた。
 見た目20そこそこ。しかし笑顔を見ると、童顔に見える。
 軽い口調と、バカっぽいしゃべり方。
 チャラ男と称されるに相応しい男。
「ミナが『理想の彼氏』と言っていたが、あの女はこんなのが好みだったのか」
 趣味が悪すぎる、と顔に出してみせる。
「アハハ。最近の流行りみたいなものですかね」

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

【2017/07/13 19:32】 | ★マカシリーズ★
【タグ】 小説  マカシリーズ  オカルト  ホラー  携帯彼氏  映画  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック