フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 5階から7階までは、普通の教室になっている。
 5階がアタシの選択コースである、和食専用教室。
 6階はキシの洋食コースの教室。
 そして7階はデザートコースの教室。
 アタシとキシは、6階の洋食コースの教室に来ていた。
 6階のフロアを出ると、教室数が3つあり、キシな真ん中の教室に入った。
 さすがに知り合いが多いらしく、声をよくかけられる。
 キシは笑顔で答えながら、一人の青年の所へ向かった。
「おはようございます。カイト」
「んっ? ああ、おはようさん。キシ」
 爽やかなイケメンが、キシを見て笑顔になった。
 妖艶な雰囲気を持つキシとは、正反対のタイプだな。
「おっ、キミがウワサのヒミカさん?」
「えっええ、そうだけど…」
 彼はアタシを見ると、興味津々といった感じになった。
「キシからよく聞いているよ。とうとう落ちちゃったんだって?」
 …何かもう怒りを通り越して、力が抜けてきた。
「カイト、ヒミカは恥ずかしがり屋ですから」
「っ!?」
「ああ、そうだったな。でも本当に付き合い始めるとはなぁ。キシが言うのを聞いてると、コイツがただストーカーしてるだけかと思ってたんだけど」
 まさにそうです!
「違いますよ。ボクとヒミカは結ばれる運命なんですから」
 そう言って、肩を引き寄せてきたキシを、殴り飛ばしたい…!
「ははっ。見せつけるなよ」
 しかしカイトは爽やかな笑顔で返す…。
「ところでカイト、この前教えていただいた料理教室のことですけどね」
「ああ、オレの兄貴が教えているヤツ?」
「はい。ヒミカも興味を持ちましてね。もう一度説明をお願いしてもいいですか?」
「ああ、いいぜ」
 カイトはカバンから一枚のチラシを出して、アタシに差し出した。
「オレの兄貴、普段はホテルでイタリアンの料理長をしてるんだけど、ここの教室借りて、土・日に料理教室を開いてるんだ」
「ここの教室で?」
 そんなことまで、この学校はやってるのか。
「ああ、何せここの卒業生だし」
 …スゴク納得。
「昔から肉料理が得意でね。肉料理中心に教えてるんだ。ヒミカさん、肉料理が好きなんだって?」
 ぎゅむっ★
 キシの足を踏むも、ヘラヘラし続けている。
「土・日どっちでもOKだから。キシと一緒に参加してみてよ」
「あっ、どうも」
 チラシを受け取り、アタシとキシは教室を出た。
「…随分、彼には打ち解けているのね」
「妬かないでくださいよ。ボクにはアナタだけなんですから」
「違うっつーの」
 コイツは親友と恋人の境界線が無いのか。
「で、次で最後なんでしょ? どこに行くのよ?」
「屋上ですよ」
「屋上?」
 思わずテンションも声も低くなる。
「ええ、屋上には温室がありまして、野菜を育てているでしょう? そこの担当者が、最後の方です」
 その言葉で、アタシは誰だかすぐに分かった。
「サガミ…先生?」
「ええ。和食部門で野菜料理担当のサガミ先生です」
 知った名だった。…と言うか、身近な人だ。
 アタシのクラスの担任でもあり、野菜料理を教えてくれる先生。
「でもサガミ先生は野菜担当なんでしょう? よく肉料理の教室のこと、知ってたわね」
「それはまあ、後程。本人の口から聞きましょう」
 屋上へは階段を使って行った。
 重い扉を開けると、生暖かい風が頬を撫でた。
 目の前には透明な小屋がある。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

【2017/07/04 06:00】 | ★マカシリーズ★
【タグ】 小説  カニバリズム  マカシリーズ  オカルト  ホラー  肉料理  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。