Hosimure

フリーのシナリオライターとして活動しています

Entries

Kissシリーズ・甘々8(1)

コンコン

「失礼します、先生
「おう、入れ」
 了解を得たので、私は職員室の引き戸を開ける。
 引き戸の近くに、私のクラスの担任の席があった。
「はい、日直の日誌です」
「はい、ご苦労さん」
 用が済んだらとっとと退散するのが、この職員室での決まり。
 なので私もさっさと職員室を出て、いつもの所へ向かう。
 私は科学部で、高校三年になった今は部長を務めている。
 担任の先生は科学部の顧問で、いっつもお世話になっていた。
 私は科学準備室で白衣を着た後、本棚の片付けをはじめた。
 ウチの科学部はかなり有名で、一言で科学部と行ってもそこから部門がまた分かれていたりする。
 生物を扱った部門や、機械を扱った部門などがあり、その活動は有名で、科学部に入る為にウチの高校に入ってくる学生もいるぐらいだった。
 かく言う私も科学に興味があって、この高校へ入学してきた。
 勉強は厳しくて難しいけれど、やりがいは感じる。
 この高校の学生達は、高校在学中に将来の夢を決めることが多い。
 そしてそのほとんどを叶えているのだから、根性がある学生が育っている証拠だろう。
「私はどうしよっかな?」
「何がだ?」
 声と共に現れたのは、先程会った担任兼顧問の先生
 三十代後半で、メガネをかけている。
 素っ気無い喋り方と、上手な授業のおかげで、男女共々人気が高い先生だった。
「将来のことです。ちょっとまだ、不安な部分がありまして」
「お前は何になりたいんだ?」
「とりあえず研究をしたいので、大学で科学者をしたいですね」
 いろいろと難しいことも多いだろうけど、研究が好きなので、大学もそっち方面を選んでいる。
「ただ…もう一つ、叶えようかどうしようか迷っていることがありますから」
 私はわざとらしく肩を竦めて見せる。
 すると先生は引き戸の鍵を閉め、近付いてくる。
 そして本棚に向かっている私を、背後から抱き締めてきた。
「何だ、プロポーズは受けてくれないのか?」
 低く耳元で囁かれると、背筋がゾクッとする。
「教え子に手を出すなんて、いけない先生ですね」
「何を今更」
 まっ、それを言われると本当に今更だと思う。

 先生との出会いは、高校に入学してすぐのこと。
 部活を見て回っている時、科学室で科学部の説明会に参加した。
 そこではじめて先生を見て、淡い恋心を抱いた。
 けれどそんな女の子は私だけじゃないってことは分かりきっていたから、憧れだけにとどめておこうと思っていたのに。
 説明会が終わった後、先生に呼び止められて、科学部に入らないかと誘われた。
「…何で私にだけ、言うんですか?」
「お前さん、中学ん時も科学部で活躍してただろう? ウチの高校に入学したのを知ってから、眼つけてたんだ」
 確かに中学校でも科学部にいて、活動はしていたけど…。
「でも先生、その言い方っていやらしく聞こえるんで、他の子には言わない方が良いですよ」
「いっいやらしい? …そう言われてみれば、そうかもな」
 どうやら無自覚だったらしく、先生はショックを受ける。
 そんな先生の姿を見て、私は緊張がほぐれた。
「まあ私レベルの部員はたくさんいるでしょうが、せっかく顧問の先生から誘われたことですし、入部しますよ」
「おっ、そう言ってくれるとありがたい。でも言っておくが、あんなこと言ったの、お前さんがはじめてだからな」
 僅かに顔を赤く染めながら弁解する先生を見て、私はついふき出してしまう。
「ふふっ、分かっていますよ」
「ちなみに俺から部員を勧誘したのも、お前さんがはじめてだ」
「それは嬉しいです」
「ホントだぞ?」
 そんな軽口をたたきながら、私と先生は仲良くなっていった。
 部活は楽しくて、先生に会えるのも嬉しくて、毎日があっと言う間に過ぎていった。
 だけど二年の秋、次期部長に任命された時は流石に戸惑った。
 でも先生が支えてくれると言ってくれたので、引き受けることにした。
 けれど部長を引き継いでからというもの、やることなすことは思った以上に多くて、部室で居眠りしてしまうことが多くなっていった。
 あれは二年の秋に県で行われた、科学部の発表会の後、緊張の糸が途切れた私は、今いる科学準備室でイスに座った途端、眠ってしまった。
 そんな私の隙をついて、先生が…。

「…でも寝込みを襲って、私が拒絶したらどうしようとか思わなかったんですか?」
 背中に先生の重みを感じながらも、私は手に持った本を、棚に入れていく。
「ん~まあでも、お前さんに好かれていることは気付いていたからな」
 自惚れ屋だとは言えない。
 何せ本当に、私は先生が好きだし。
 あれから何だかんだと一年以上が過ぎた。
 進路の問題が出た時、二者面談を行なった。
 その時、先生から言われた。
「高校を卒業したら、結婚しないか?」
 ―と。
 流石に私は若すぎることは自覚していたので、返事は保留にしてもらった。
 先生と私の関係は誰も知らないことだから、誰にも相談できないのがちょっとした悩み。
「先生は結婚を急ぐ年齢ですよね」
「言ってくれるな。でもお前さんの年代だと、十代で結婚も珍しくないだろう?」

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

sakura

Author:sakura
 現在はフリーシナリオライターとして活動しています。活動記録を掲載していきたいと思っています。「久遠桜」の名前でツイッターもしていますので、よければそちらもご覧ください。仕事の依頼に関しては、メールフォールでお尋ねください。

訪問者数

最新記事

ニコッとタウン

絵本のような仮想生活コミュニティサイトです☆

ランキングに参加しています






にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング

お手紙はこちらにお願いします

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

Kissシリーズ

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

同人誌を委託販売しています

CREATE うさぎ屋総本舗 CREATE CREATEの作品一覧

アルファポリスランキング

BL風味・ホラー/オカルト短編集 うそでも良いから欲しい言葉 Fascinated by the darkness 空に月が輝く時 Boys Summer Love! SUN sweet poison 狂恋 甘い鎖 ハデな彼に、躾けられた、地味な僕 アルファポリス・ブログ