フリーのシナリオライターとして活動しています
 ぎりっと歯噛みした。
「それにしても…」
 赤ペンを置き、キシは真面目な顔になった。
「ボク以外の人間が、あなたの料理を用意するなんて許せませんね!」
 …スルーすることにしよう。
「でも目的は? あたしの血族のことを知ってか、あるいは的外れか」
「う~ん。…でもヒミカの血族の方、そうそう派手には動きませんよね? 恨みをかうこともないのでは?」
「フツーなら、ね。ただウチの血族に敵対している一族も存在する。でもそいつ等とも考えにくいのよね」
 お互い、秘密な存在だ。
 そうそう目立った行動はしない。…というか、できないハズだ。


学校で

「う~ん。それにしても、随分と凝った料理を作っていますね、犯人は」
「うん?」
 キシは料理の作品を見ながら、顔をしかめた。
「いえね。ボクもヒミカの為にいろいろと肉料理を学びましたが…。この料理のどれも、ボクが作ろうと思っていたものばかりなので」
 アタシは横から写真を見た。
 確かに。立派な料理だ。
「そうねぇ…。でも作られた料理、国籍バラバラね」
 それこそイタリアンとか日本料理とかいろいろと。
「そうですね。それこそボクが考えていたメニューがそのまま出されているようなカンジです」
「…本当に犯人はアンタじゃないのよね?」
「だからボクでしたら、自分の手で作って、自分でアナタを招待して、食べてもらいますって」
 …納得。
「でもこれだけの料理の腕を持っている人なんて、それこそ限られますね」
「個人で作れなくもないんじゃないの?」
「食べてみないことには何とも言えませんが…。料理の材料やスパイスなどは、専門家しか手に入れられないものもありますからね」
 料理の写真をパラパラとめくりながら、キシは険しい顔をする。
「…どの料理もこだわろうと思うなら、それこそ専門家並みの知識と人脈、ネットワークがないと手に入れられないものばかりなのが気になりますね」
「……考えたくはないけど、ウチの学校関係者とか? 料理にこだわり過ぎて、猟奇殺人に?」
「ありえなくはないですね。と言うか、かなり良い線いっていると思いますよ?」
 キシはテーブルに資料を置いて、アタシに向き直った。珍しく、真剣な表情で。
「ボクが通った料理教室で学んだ料理が、この殺人事件にもよく出ています。ちなみにボクが通っている料理教室は、ウチの学校紹介です」
「えっ?」
「主に卒業生や学校関係者がつくった料理教室なんですよ」
「ああ、ナルホド」
 タテ関係、ヨコ関係が広い学校だ。
「う~ん…。にしても、犯人、なのかしら? 作ったの」
「恐らくは。殺した者が、材料として料理人に作らせるって仮説は立てられますが、どうもしっくりこないですからね。自分で殺して、そのまま料理をした―と考えて間違い無いでしょう」
「うう~ん。なら容疑者は…」
「ウチの学校関係者、と考えて間違い無いかと」
 ………マジかよ?
「じっじゃあ犯人を見つけようと思ったら…」
「学校関係者を調べれば、案外あっさり見つかるんではないでしょうか?」
「マジでぇ~?」
 アタシは思わず頭を抱えた。
「でっでも料理関係者なら、警察が調べてるんじゃないの?」
「ヒミカ、この街にどれだけ料理関係者が存在すると思うんですか? いくら警察でも、手の届かない部分が出てきますよ」
「それが…ウチの学校?」
「軽くは調べられたでしょう。ですが個人を深くは調査しないでしょうね。他にも容疑者となる人間はたくさんいるんですから」
「~~~! …じゃあ被害者は? 何か料理関係者と接点があったのかしら?」
「そうですねぇ…」

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

【2017/06/19 06:09】 | ★マカシリーズ★
【タグ】 肉料理  カニバリズム  マカシリーズ  小説  オカルト  ホラー  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック