【柘榴】・1

2017.06.13(22:32)

あらすじ
 殺された人間が、肉料理になるという事件が起きた。
 専門学生のヒミカはマカに依頼され、事件を解決しようとする。
 ヒミカは自分の恋人を疑っており、はたして真相は…。

 食べ物・飲み物の中には、人の味にたとえられるものもある。
 そうアタシの好みは人の味…。


ヒミカ
「本当にお前じゃないんだろうな? ヒミカ」
「だから違うって言ってるじゃない。マカ」
 アタシはうんざりしていた。
 ソウマの店に呼び出されて早一時間。
 ぬるくなったハーブティーを一口すすって、もう一度繰り返した。
「何度も言ってるケド、アタシじゃない。信じろとは言わないけど、いい加減にしてほしい」
「…いい度胸だな。じゃあ心当りはないのか?」
 マカはテーブルの上に置いていた新聞紙や雑誌を、指で叩いた。
 彼女もいい加減、イライラしている。
「まぁまぁ、二人とも。お代わりが何が良いですか?」
「冷たい緑茶」
「今度はコーヒー、ミルクだけ入れて」
「はい」
 差し出されたコップを二つ、ソウマは笑顔で受け取った。
 しかしマカは大皿を更に差し出す。
「あと茶菓子も追加で」
「はいはい」
 皿の上に山盛りになっていたチョコレートとクッキー、スコーンはすでに影も形も無い。
「それで?」
「何よ?」
「こ・こ・ろ・あ・た・り・だ」
 …区切りやがった。
「まあ無くはないけど…。もし当たっていたら、アタシにこの件、任せてくれる?」
「お前にか? …フム」
 偉そうな態度を取る年下の女の子。
 でも実際、ウチの血族の次期当主。
 権力は彼女の方が上だ。
 マカは緑茶のお代わりとお茶菓子を食べながら、眉を寄せた。
「…心当たり、あるんだな?」
「ええ、まあ…。ちょっと相手したくないヤツだけど」
「なら…」
「でも事の発端がアタシにあるなら、アタシが処理すべきことでしょう?」
 ごくっ、とマカのノドが鳴った。
 …スコーンを3つも口に入れるから。
「ヒミカが発端? 原因ではなく?」
「それは誓ってないわ。表の世にいられなくなること、何故わざわざ?」
「フム…」
「信じて、任せてみてはどうです? マカ」
 口を出してきたソウマを、マカは軽く睨み付けた。
「ヒミカは血族の中でも優秀な方ですよ。長が将来、あなたの片腕にとも進めている方でしょう?」
 げっ。人のいないところでそんな話が出てたのか。
「彼女なら、ちゃんと事件を終わらせてくれますよ」
「…まあヒミカの力は私も知っているからな」
 マカはこめかみを爪でかき、アタシを見た。
「…分かった、お前に任せてみよう。だがムリそうであれば、シヅキとラゴウに頼む」
「あの二人に?」
「事件解決としては二人が適任だ。本当は私が動ければ良いんだが…」
「マカは受験の準備で忙しいですしね。セツカも高校受験に入りますし…」
 …ああ。学生組の調整でテンテコマイか。
 次期当主は多忙を極めているみたいだ。
「分かった。じゃあこの件はアタシに任せて」
「ああ。何かあれば、ソウマを頼るといい」
 ソウマを見ると、ニッコリ微笑んだ。
 …客、来ないからな。この店。
「ありがと。じゃあ定時連絡は午前0時で良い?」
「ああ、構わん」
「それじゃ、後でね」
 アタシは紙ナプキンにお茶菓子を半分包んで、立ち上がった。
「…ちゃっかりしてるな」
「だってソウマの作るお菓子って美味しいんだもん。これから体力・知力使うんだから、栄養補給しておかなきゃ」
「ありがとうございます」
「ふん…。まっ、カロリー分は働けよ」
「あいよ」

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/1092-c1f22703