フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はぁ~」
「どうしたの? ミナ」
「んっ…。中学時代の友達のお葬式って、行くの結構辛いなぁって思って」
 マカとミナは制服姿で、アキとユマの葬式の行列に並んでいた。
 二人は生前仲が良く、死んだ時期が近いことから、学校近くの葬祭会館で合同の葬式になった。
 今日も学校は休みで、葬式は自由参加だったが、来ている者は多かった。
「そうだね…。ミナはアキ達と仲良かったみたいだしね」
「中学時代はね。最近じゃ全然話してなかったしぃ」
 話しながら、自分達の番がきた。
 焼香ではなく、色とりどりの花を、二人の写真の前に置かれた台に置くというものだった。
 大きなパネルに入れられた二人の写真は、満面の笑顔だった。
 マカとミナは二本ずつ花を取り、一本ずつ置いていく。
 マカはアキの写真の前で立ち止まった。
 …アレから調べてみたのだが、アキのことで少々引っ掛かっていた。

 アキはあの儀式を行う数日前に、一人の少年と知り合っていたらしい。
 その人物はいつも黒い服装で、深くフードを被っている。
 そしてその口元にはいつも笑みが浮かんでいたそうだ。
 アキはその少年と仲が良かった。
 しかしそのことを知っている者達は、その少年が誰なのか、誰一人として知る者はいなかった。
 いつもアキとつるんでいて、他の者とは軽く一言交わすぐらいで、名前も顔も知らないと言う。

 そして今日。
 もしかしたら来ているかもしれないと思ったが、…どうやら来ていないらしい。
 おそらく、その人物が儀式のことを教えたのだろう。
 儀式によって起こされる恐怖を教えぬまま…。
 あの儀式はあのままいけば、フーカとミナは黒き手に殺されていた。
 そして気は暴走し、あの小屋だけでは押さえ切れないものになっていただろう。
 通常、弱くなった霊場や、神力の弱くなった場で行われるのが正しい方法。
 しかし今回のように、邪気が満ちる場であれば、それを行うものは自ら生贄となるも同然。
 邪気を活発化させる為の生贄だ。
 マカはぎりっと歯を噛んだ。
 アキを利用し儀式をやらせた人物は、恐らくアキがミナを誘うことを予想してやらせたのだろう。
 ミナの過去を知っていたマカだが、そのことをミナに言ったことはなかった。
 誰にでも触れられたくない事情がある。
 マカはそれを誰よりも分かっているからこそ、口を閉ざしていた。
 なのに…こんなミナの弱味に付け入るようなやり方は、まるでマカに対する挑戦だ。
 そんなことをする人物は、この世でただ一人っ…!
「…マカ?」
「えっ?」
「そろそろ行こうよ。後ろにまだ人がいるから」
「あっ、うん…」
 ミナに手を引かれ、マカはその場から立ち去った。
 二人は葬祭会館を出ると、外の眩しさに眼を細めた。
「良い天気だね!」
「そうだね。こんな快晴なら、二人も迷わずいけるだろうね」
 二人で空を見上げた。
「ねっ、マカ。ちょっと今日はあたしに付き合って」
「良いけど…どこへ?」
「んっ。あたしとアキとユマが行っていた中学。久し振りに行ってみたいと思って」
「でも学校、やってるんじゃない?」
「外から見るだけで良いの。それだけで…満足だから」
 辛さを隠して言うミナを見て、マカは苦笑した。
「…分かった。じゃ、一緒に行こうか」
「うん! 案内している間に聞いて欲しいんだ。あたしとアキ達のこと」
「オッケー。じゃ、今日はとことんミナに付き合うよ」
 二人は手を繋ぎ、歩き出した。
 途中フーカに出会うも、互いに軽く頭を下げるだけ。
 アキのことがなければ、ミナとフーカは出会うことはなかった。
 つまり、繋がりは無い。
 マカは少し痛む心を隠しながら、繋がる手を強く握り締めた。
 決して離さぬように―。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

【2017/06/13 22:22】 | ★マカシリーズ★
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。